スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護犬&訓練

2013/02/22 Fri

また、長々とお待たせしました。
さて、前回に新しい仕事場は刑務所内での介助犬訓練だということをお話ししましたが、もう一つこのプログラムが今までのものと大きく違うところがあります。
それは、保護施設などから犬をレスキューし、その犬たちを訓練し介助犬にするということです。

基本的にはサイズや性格などからレトリーバーが多いのですが、その他にもシェバード、コリー、プードル、そしてもちろんそのミックス(雑種)なども訓練犬の中にはいます。

022113-4.jpg
(現在訓練中のジィジィとグラント)

保護犬から訓練犬に選ばれるには、様々な選考をクリアしなければならず、その選考をパスしても訓練過程において普通のペットととしてもらわれていく犬たちも、もちろん少なくありません。

先日、ある保護グループから若いラブラドールの犬が2匹いると連絡を受け、評価テストをしに行きました。

一匹目は一才半のオス。

022113-1.jpg

部屋に入ってくるなり、棚においてあったおもちゃに釘付け。
何としてでもそのおもちゃが欲しいらしく、イスによじのぼってゲット。
そして、そのおもちゃをとられるのがいやで、呼んでもおやつで誘っても近づいてこない。
最終的には別のおもちゃでつって、捕まえることができましたが、こんなに自分の欲求が強い犬は評価テストをする以前の問題でした。
最終的には、この犬は普通のペットとしてでは大変だろうから、災害救助犬などをトレーニングするグループにコンタクトをとってみてはどうかということになりました。


2匹目は1才になったばかりの女の子。

022113-2.jpg

この子は、男の子よりおもちゃや食べ物に対しての執着心は少なかったのですが、人に対しての関心が少なく、遊んでもらえれば近寄ってくるけど、そうじゃなければ自分勝手に遊ぶ性格で、結局、この子は大きな子供さんがいる家族にもらわれた方が幸せだろうという結論になりました。

悲しいことにたくさんの犬たちが新しい家族を保護施設で待っていて、その中で、私たちが受け入れられる犬の数はごくわずかです。
しかし、受け入れたからには責任を持って訓練して、幸せな新しい人生(犬生)を与えてあげなければならない。
そのためにも、きちんとその犬の気質や性格を判断できる能力を身につける必要があります。

ドッグサーチ(保護施設から候補犬を探し出す仕事)、がんばります!!
スポンサーサイト

コメント

Secret

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。