スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人である「責任」

2008/08/07 Thu

ベコフ氏との4日間、耐久レースが終了しました。

この4日間。

いろいろなことを勉強したけど、一番印象に残っていることは


人である「責任」


人は、他の動物よりはるかに高い知力を持っている、すばらしい生き物である。
そして、その知力から得た力により、私たちは自分たちの生活を豊かにするため、望むこと全てを成し遂げてきた。


暗くなっても生活できるよう、電気をつくり、
食料を保存するために、冷蔵庫をつくり、
食料がなくなれば、他の国から輸入し、
海や山を越えるため、飛行機をつくり、
離れたところにいる人と会話をするために、電話をつくり、

人間以外の動物はこのようなことをしない。

暗くなったら寝る。
食料は食べる分だけ得る。
食料がなくなれば、弱いものを殺すか、子供を生まない。
海や山を越えられなければ、その場で暮らせるよう対応する。
コミュニケーションは、何も通さず、一対一。

08,07,08-4


人の生活は豊かになったが、また、それと同時に複雑にもなった。

そして、その複雑さと、全てが叶うという優越感は、人が鳥や魚や犬と同じ動物であり、そして彼らがいなければ、自分たちは生きられないということを、忘れさせようとしている。

鳥は鳥、
魚は魚、
犬は犬、
そして、人は人

どうして、そう切り離して考えてしまうのか?

08,07,08-3

鳥も魚も犬も人も、心臓がある、
鳥も魚も犬も人も、気持ち(感情)がある、
鳥も魚も犬も人も、考える力がある、
鳥も魚も犬も人も、魂がある、

みんな、一緒ではないか。

ただ、私たちの持っている能力に、「差、程度」があるだけ。

Different of Degree, not Kind

08,07,08-5


人は、この世の中の頂点に立つ生き物ではない。
人は、この世の全ての生き物の中の一部でしかない。
しかしながら、この世の全ての生き物に影響を与えられるほどの、がある。

だからこそ、私たちには、知力という力に匹敵する「責任」を持ち合わせなくてはいけない。


The power we potentially wield to do anything we want to do to animals and to nature as a whole is inextricably tied with responsibilities to be ethical human beings. by Marc Bekoff


もし、この責任を持たなければ、人はおそらく、急速な速度で破滅に向かうだろう。


08,07,08-1

そんな世界にさせないために、私たちはこのことを一人でも多くの人に伝えて行かなくていかなくてはいけない。




一人でも多くの人に動物たちを尊重する気持ちをもってもらいたい。
今日も応援クリックお願いします、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

Secret

私も受けたい

私たちの持っている能力に、「差、程度」があるだけ

この言葉最高!! 私のmixi日記のコメントもこの先生のLecture受けてた最中だったんだよね。 今の世界って野生動物でさえ人間が保護したり管理しないと絶滅してしまう環境を作ってしまってる。 アフリカのサイは密猟者から守るため、わざと角を切り落としたり、15年前は象を保護していたのに、増えすぎたと言って観光客がハンティングツアーとして象を射殺したり。 

先月 日本ではG8サミットが北海道でありました。 日本やヨーロッパが工業開発より環境対策に重点を置こうと訴えても、アメリカ、そして途上国から経済急成長をとげているインド・中国は大反対!!

でもさ、SaeもMr.ベコフも言っている様に、人間はただの地球の一部。 自分達の欲ばかり追求したって、生物が消滅し地球が滅びれば何もなくなるのにね。

>makimikan

うん、すごくいい授業だったよ。

論理や道徳の勉強だから、新しいことを学ぶというより、「自分で考え、答えをだす」という4日間だったよ。

でも、こうゆうことを考えると、人間はなんて幼く、弱く、無知な存在なんだということを気づかされるよ。自分たちの欲をみたし、破滅においこんでいるのに、それを止める術をもたない。いや、それ以前にまったくそのことに気づいていない・・・。

今から50年後の世界を想像したくないよ。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。