スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアレンとアップルパイと誕生日

2011/01/25 Tue

みなさん、私が数ヶ月前に担当していた子犬のデアレン君って覚えてます?

そのデアレンがほんの少し(約2ヶ月)ほど見ない間に、こんなに大きくなりました。

012511-1.jpg

写真ではうまく大きさが伝わなないので、どれだけ大きくなっているかは分かりづらいと思いますが、だれもが「デアレン、なんでこんなに大きいの?!」と言うぐらいおおきいです。

実際に、他の兄弟に比べると一回り大ききく、どうして同じ兄弟で同じ物を同じだけ食べているのにこうも違うのだと思うほどです。


でも性格は子犬の時のまんまで、なんでもやりたがりのやんちゃ坊主ですが、このかわいい顔で大きな笑顔を見せられると、どうにもまいってしまいます。

012511-2.jpg

デアレンのパピーホームのお宅がちょっと旅行に出かけている間だけのお預かりですが、私は久しぶりに帰ってきた息子の成長を見られて、うれしく思わずにはいられない母の気持ちです。



さて話は変わりますが、以前に私の第2の趣味は『パイ作り』だと言ったことがありましたが、そのすばらしいパイを祝う日、『National Pie Day(国民のパイの日)』が1月23日でした。

そのパイの日をお祝いするために、そして、その次の日(1月24日)の私の誕生日を祝うためにアップルクランブルパイを作りました。


私が歳をとって、あちこちを飛び回るのに疲れたら、このパイをはじめとするメニューでベーカリーを開き、そこでドックカフェなんてできれば、、、なんていうちょっとした夢があります。

でも、アメリカサイズの大きなパイは日本人には受けいられづらいとおもうので、ミニパイに挑戦しています。

こちらは、本物の3分の1の大きさ(3-4人用)のパイ。

012511-3.jpg

そして、こちらは本物の6分の1の大きさ(1-2用)のパイです。

012511-5.jpg

パイ生地も中身も本物と全く同じですが、小さな容器にいれて焼くだけで、かわいいミニパイができあがります。

こんなかわいいサイズのアメリカのパイを、おいしいコーヒーと一緒にいただき、さらに愛犬も楽しい時間が過ごせるお店があったら、みなさん来ていただけますか?
もちろん、犬用ミニパイもご用意させていただきます☆

012511-4.jpg

オープン予定と場所は、、、未定ですが。。。。(笑)



その自分が作ったパイで、自分の誕生日をお祝いしました。
更生施設の私の生徒たちには、パイをごちそうするかわりにハッピーバースデイの歌を歌ってもらいました。

私のパイは、大好評でした☆


そして、世界中にいる友達からたくさんハッピーバースデイのメールをいただき、母からはこの写真と一緒におめでとうメールがきました。

012511-6.jpg

うちの母は、毎年、私の誕生日におひな様をだし、3月3日の夜中までに片付けます。
私も妹も実家を出ているのですが、まだ毎年出し続けていて、『自分が出せなくなるまで出す』と言っていました。
たぶん、私も娘ができたら、同じようにするんだろうと思います。


何年か前に、どこかの国では、誕生日は他の人がその人の誕生日を祝うのではなく、その人が自分を産んでくれた両親や育ててくれた家族に感謝する日であるということを聞き、「確かにそうだ!」と思い、誕生日には両親に感謝の気持ちを伝えようと思いました。

みなさんも、次の自分の誕生日にはたった一言「ありがとう」だけでもいいので、両親に感謝の気持ちを伝えてはどうでしょう?
スポンサーサイト

コメント

Secret

階段の昇り降り

大好きなレトリバーがたくさんのBlog いつも楽しみにしてます

ちょっとお聞きしていいですか?

6歳半♂黄ラブ バディの飼い主です

最近階段の昇りを 躊躇するようになりました
少し幅が狭く 数段の曲がり角がある 家の中の階段だけです
外階段、同じ階段の降りるのは平気です
というのも Buddyはうさぎ跳びのように 両足をそろえて昇り降りするのです
なので最初の数段はリズム?がとれないと勢いがつかない・・・といいますか・・・

前足を交互に出す普通の昇り方に直せますでしょうか?

そうね
私もどこかでそう聞いて,自分のお誕生日に母に「ありがと!」っていっていました。

誰の言葉だったのかなぁ~


HOKO'S CAFE 楽しみにしてるね



>Buddy'smamさん

いつも、訪問してくださっているようでありがとうございます。

さて、ご質問に関してですが、『躊躇するようになった』あるので、以前はその上り下りの仕方でも普通に上り下りしていたが、それができなくなったということでしょうか?
一番始めに考えられるのは、肘や膝などの関節に痛みや不快感があり、そのため躊躇するようになったということです。6歳半というのは関節に異常が見られるには若すぎる年齢であるりますが、ラブラドールという犬種には関節異常はよくある疾患の1つです。現在のBuddy君(?)の体重や、その他の日常生活の状態などは分かりませんが、今までちょっとかわった方法で階段を上り下りしていて、それによって負担がかかっていったとも考えられます。もし、思い当たるふしがあれば、行動をなおすより先に、獣医師さんにみてもらうというのも必要かもしれませんね。

>アルままさん

私は、どこかの国の習慣だったような気がするのですが。。。タイだったかな?

HOKO's Cafe、そのままだけど、シンプルでいいかも☆
でも、オープンは20年後ぐらいかもしれませんけど。。。(笑)

今までも・・・

Buddy27kgは生後6ヶ月で両股関節OPを受けています
そのため運動は制限してきました(日々の生活は大丈夫です)
我が家は典型的な狭小3階建て(玄関が2階)階段昇降は避けられません
ずっとうさぎ跳びです
外の傾斜が緩やかで幅広の段差だとふつうに昇り降りします
小さい頃からの習慣ですが、年齢とともに負担が増すのは目に見えていたので、何とか直そうと試行錯誤しましたがダメでした
手術のことやアトピーもありますので、かかりつけの獣医さんに健康診断もしてもらっています
その先生によると足の状態は変わらないそうです
見ていると、狭く高さもある階段を昇るのにリズムが必要でそれがちょっと足がひっかかることがあると怖くなるのかなぁ・・・と考えます
下りは全く問題なく降りますし、昇りも 今は復活しました

アトピーが落ち着いているので、関節用のサプリも検討してみます

どうもありがとうございました

デアレン セクシーポーズですな!!

HOKO's Cafeのドッグメニューがんがん作れるで♪笑
てか、ドッグカフェ経験は私の方が知ってるはずッ!!

>ひろさん

メニューというより、私はパイ専門店にしたいんですけど。。。
もちろん、犬用パイもつくるよ☆

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。