スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬は飼い主を選ぶ?

2008/07/13 Sun

土曜日出勤は私だけです。
なので、朝7時から一人で犬にえさやったり、掃除したり、洗濯したり、その他もろもろ雑用をします。
昨日も、来週から始まる共同訓練のためにレクチャールームとトレーニングルームの掃除をしておりました。

そこに、マネージャから電話がかかってきて、
「スパイス帰ってくるの。11時ごろに着くらしいのでよろしく」

私、「何で?!」

マネージャー、「わからない、でも、教えてくれるでしょうから聞いておいて」

CIMG0068.jpg


スパイスは以前私がトレーニングした子で、ちっこくって、おとなしくって、かわいくって、自分がプリンセスだとおもっている女の子。
人に尽くすより、人に尽くしてもらいたいタイプの子なので、介助犬にはなれないと判断された(というか私が判断した)。
でも、私はこの子はアニマルセラピー系の仕事に向いてるのではないかと思っていたのだが、あまりにもママ一筋で、他の人にはそれほど興味がないのと、ママとの間に入る犬が気に食わないので、その犬に対してうなる「ちょっと、あなたどきなさいよ、それは私のママなんだから!」と・・・。

そういうわけで、2日前にある女性がスパイスをもらいにきた。

彼女は約4時間ほどかかる町からきて、豪邸にだんなと娘3人でくらしており、数ヶ月前に飼い犬を亡くし、新しい犬を飼うのは少し早いかと思ったが、メールで送られてきたスパイスに一目惚れしたのだという。

CIMG0685.jpg


マネージャはその日、犬の緊急の治療で手が忙しかったので、私が対応した。

彼女はスパイスを見た瞬間、泣き出した。

もう、何度も犬を人に紹介しているが、いきなり泣き出した人は初めてだった。

その後、トレーニングルームでスパイスがなぜ介助犬に慣れなかったか、性格、健康面、訓練情報などを話した。
女性も、彼女の生活環境、仕事、出入りする人&動物などについて話してくれた。

何の問題もなさそうだった。

何よりも、彼女がスパイスを愛し、大切に育ててくれるであろうことは目に見えていた。

これが最後の別れだと思い、いつものように言い聞かせ、彼女らを見送った。
スパイスが帰ってくるなんて思っても見なかった。

CIMG0356.jpg


でも、たった2日。

なぜ???!??!!!




車から、スパイスと降りてきた女性の一声は泣き声で「ごめんなさい」だった。

私は、「いったい何があったのですか?」と聞いた。

とにかく、理由が聞きたかった。
あんなに、人目でとりこになったのに、返しにくるとはただごとではない。

高価な家具でも噛み砕いたか?
夜中中、近所の物音に泣き喚いたか?
それとも、飼ってる猫に噛み付いたか?

答えは、そのどれでもなかった。


「だんなと娘にうなったり、吠えてかかって、彼らが近づくこともできないんです。」

??????


人に吠え掛かった?

そんなの、スパイスらしくない。
そんなことスパイスがしたことがない。

私は、彼女はセラピー系にも向いているのではないこと思ったぐらいなのに・・・?!


たしかに、新しい環境で不安になるのはわかる。

会って、1時間足らずの人がリードをひいて、長い間ドライブをして、ついた先がスパイスが見たこともないような豪邸。
彼女が知っていることは、私と新しい飼い主が楽しく学校で話をしていたこと。
つまり、新しい飼い主はいい人。
でも、他の人は知らない。
どこだかもわからない。
知っていることは、この人は安全で、この人が私の命綱。

そう思い新しい飼いと彼女との間に近づく人たちを追い払ったのかもしれない。


でも、そうだとしても、スパイスが・・・???
納得いかない。

「長時間ドライブでお疲れでしょうから、休憩されていかれますか?」と聞いたが。

「いえ、途中でどこかによりますので、結構です」といわれた。

彼女が車に近づいたとき、スパイスは彼女の後を追った。
彼女はもう一度スパイスにさよならを言い、また「ごめんね」と言った。

彼女がスパイスの見ているところで去れないのがわかったので、私は、もう一度お礼を言い、「Spice, Let's go」といい、校舎に向かった。
私の後を、スパイスはついてきた。

彼女は私たちの姿が校舎に消えるまで見送っていた。
でも、私はもう振り向かなかった。



その後、マネージャーに電話して、彼女が話してくれたことを話した。

マネジャーが言った、
「犬も飼い主を選ぶのよ。そこはスパイスの行く場所じゃなかっただけ。以前にもこういう例あったでしょ?」

確かにあった。

ある家に行って、犬は今までにしたことのないような問題行動を起こし、学校に帰ってくる。
そして、別の家に行ったら、何の問題もなく、家族にも気に入られ、そこで幸せに暮らす。

そんな例をいくつか知っている。


私たちは、犬を送り出すとき、彼女の性格にあった家を探す努力をする。
そうした家には、ほとんどといっていいほどその犬は気に入られる。

でも、犬が気に入るとは限らない?

それは、どんなに私たちが努力しても、どうしようもないことなのだろうか?
もしくは、やり方しだいで、なんとかして変えられるものなのだろうか?



こんな人も犬も悲しくなるようなこと、もう繰り返したくはないのに。




介助犬訓練をみなさんに身近に感じていただきたい。
そんな思いで、今日も応援クリックお願いしますダウン
banner2.gif

スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: 犬は飼い主を選ぶ?

そうなんだね~。
やっぱり犬も飼い主を選ぶんじゃないでしょうか?
スパイスはきっと柴犬タイプ?ゴールデンには珍しいタイプなんじゃない?個性が。。。

ADIにいたときはいろんな人と関わることが当たり前と思っていたけど、
いざオーナーが決まったら(そこも認識していて)個性が前面に出てきたとか。。。
アニマルコミュニケーターに聞いてもらいたいね、スパイスの言い分を。。。i-230

犬も飼い主も

>Hollyさん
いやぁ、私はスパイスもだけど、新しい飼い主になろうとした女性のほうがかわいそうで・・・。
どんなにその人がその犬を好きで愛していても、その犬との関係が必ずしもうまくいくとは限らないということに、ちょっとショックを感じたの。やっぱりうちらは、人がその犬を愛せば愛するだけ、犬はその人を愛するということを信じているから。
人と犬とをマッチングするのに正確な答えなんてないのはわかってるんだけど・・・。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。