スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームヘルプメイト:トゥリクシー

2009/06/07 Sun

この子の話は長くなるので、いつしようかと思いつつ、すでに一ヶ月がたってしまいました。
でも、この子の話は私にとっても、このブログにとっても、重要なパーツになるので、ついにここでしたいと思います。

だらだらとしたネタにならないようにがんばりますので、おつきあいください。


私は、介助犬訓練士の傍ら、1年半ほどまえから在宅介護士をしております。
足の不自由な女性と、その旦那さんの家に住み込みで、彼女ができない家の仕事や車いすからの移動、更衣などをお手伝いしています。

家には訓練犬たちを一匹ずつ持って帰るので、彼女も旦那さんも、学校のほとんどの犬を知っているし、介助犬とはどのような犬なのかを毎日見ていました。

私が彼女の家で働き始めたとほぼ同時に、彼女はうちの学校に介助犬ユーザーとなる申し込みをしました。


今年の3月の中頃、
トゥリクシーという、ゴールデンレトリーバーとラブララドールレトリーバーのミックスで、一才半の女の子を担当し始めました。


06,07,09-1

この子の訓練はほぼ完了していたので、私の仕事は適正判断と最後の仕上げトレーニングでした。

担当し始めてすぐに、彼女は「突然の訪問者に対して吠える」問題があることがわかりました。
しかし、介助犬としてのスキルは申し分なかったので、ホームヘルプメイトとして卒業させてはどうかということになりました。

ホームヘルプメイトと介助犬の違いは、公共の場に外出しない(アクセスライツがない)ことです。
介助犬としてのすべての仕事を家の中のみでし、ユーザーさんが外出する際には家でお留守番ということです。


一方、私がお手伝いしている方、リネイ(本人の了承を得て名前を出させていただいてます)とトゥリクシーが初めて会ったとき、私は二人の間に何かを感じました。

「運命の出会い」というありきたりな言葉で表現してしまいたくはないのですが、でも、それ以外にいい言葉が見つかりません。


リネイは生活の95%以上を家で過ごします。
彼女が外出するときは、必ずだれかが彼女に付き添っているので、彼女は介助犬を外で必要とすることはまずありません。

家では一人で過ごす時間が多いため、ずっと一緒にいてくれる相棒ができることをのぞんでいました。


トゥリクシーとリネイのもつすべての要素を考慮にいれ、学校内で検討した結果、二人が初めて会った日から数週間後、トゥリクシーはこの家の子になることが決定しました。

そして、4月の下旬に行われた、共同訓練に二人で参加し、二人の息と絆を合わせました。

06,07,09-2

2週間の共同訓練の最後に行われた卒業式には、卒業生代表としてリネイがスピーチをかき、うまくしゃべれないリネイの代わりに旦那さんが読みました。

06,07,09-3

私は、いつも、介助犬訓練士で「介助犬を育て、受け渡す」という側でみていました。
しかし、今回は、リネイと一緒に「介助犬をもらう」側の立場で見ていました。

同じものでも、別の方向から見ると、今までみえなかった部分が見え始めました。

知っていたようで知らなかった、介助犬をもらうまでの期待と不安。
知っていたようで知らなかった、共同訓練中の苦労。
知っていたようで知らなかった、卒業してからの調整。


みんなはよく、「リネイはあなたがいて本当に幸運だね」と言います。
しかし、私は「リネイと一緒にいれて、私は本当に幸運だ」と思います。
なぜなら、私は彼女といることで、介助犬訓練士としてかけがえのないことを勉強させてもらっているからです。

06,07,09-4

トゥリクシーがこの家に住み始めて、そろそろ1ヶ月半。

二人の絆は日々強くなっています。

06,07,09-5

私は、この二人を家族の一員として、静かに見守って行きたいとおもいます。
スポンサーサイト

コメント

Secret

はじめまして!

フィオハハさんに、教えてもらって以来
ずっとずっと見ています
そして、うらやましい!!!
私がもっともっと若ければ、このお仕事やりたかった~~~
アメリカで、勉強したかった~~~と思っています
この、トゥリクシーのお話、そして、オフィスへ移動、の記事
日本が、いかに遅れているか、を、考えさせられました、
って言うか、とっても良い考え方、訓練方法、おうちでお手伝いの介護、
素晴らしいですね!
ヘルパー免許を持っていて、障害者のお手伝いに、昔から、興味を持っている私ですが
何もきちんと出来ていない事を、心から恥じております
この、トゥリクシー、お友達ワンコの、ラブゴルミックス、とわちゃんに、よく似ています
4月末に、大切なパートナーのラブ、HANAを15歳半で亡くしました
まだまだ辛い毎日ですが
こちらを訪問して、とても心が和みます
これからも、お邪魔させていただきます
よろしくお願いいたします

>ハナの母さん

初めまして。ハナの母さん。HOKOと申します。いつも訪問していただいてありがとうございます。
私はアメリカにきてから、この夏で5年になり、この仕事をしだして4年目ですが、本当に毎日勉強の日々です。しかし、周りには私を支えてくださるたくさんの人々&犬たちがいて、毎日笑顔で過ごしています。アメリカと日本の文化や歴史にはたくさんの違いがあるけれど、それでも「人間と犬」という関係にかわりはないし、日本の人々にも犬たちの素晴らしさをもっと知ってもらえればと願っています。
私も何度も犬たちを天国に見送っていますが、なんどやってもつらさは一緒です。しかし、私たち人間は彼らの死により「別れ」を経験させてもらい、命の尊さを勉強させてもらっているのだと思います。
これからも、かわいい犬たちの写真をたくさん載せますので、いつでも和みにきてください。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。