スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーのおうち

2009/06/06 Sat

春学期に担当していたジョー。
(子犬がたくさん生まれたこともあり、なかなか登場してませんでしたが。。。)

そのジョーくんが、先週、あるお宅の息子になりました。

ジョーくんは、オーストリアからきたゴールデンレトリーバー。
ヨーロッパのほうでは、白いゴールデンが人気のようで、この白いゴールデンをイングリッシュゴールデンレトリーバーと呼んでいます。

妹とアメリカにきたのは、2ヶ月のとき。

06,06,09-1

小さいときに、二人でこんなにいい写真をとりました。

06,06,09-2
(右がジョー)

私が担当し始めたのは1月から。
ジョーはまだ6ヶ月でした。

06,06,09-4

何をするにも、一度考えてからゆっくり行動する慎重派な子。

物音には敏感で、お店のレジの音とか、大きなドアが閉まる音とか、工事現場の音がすると、集中力が一瞬でなくなる。

それが弱みで、この子は介助犬になるより、誰かのおうちの子になる方が幸せだという結論になりました。

06,06,09-5

特定の物音や物体に対する恐怖心は、訓練によって改善されることはありますが、補助犬はどんな環境にもおいても、怖がらず自信をもって行動することを求められるので、ジョーのように不特定多数の音を恐がる犬は介助犬には向いていません。

でも、彼は、とってもすばらしい家族の一員になります。
家では、なんの申し分もないほど手のかからないいい子ですから!

以前にもちょっと恐がりなゴールデンレトリーバーを飼っていたという家族で、田舎のほうで大きな家を持つ4人家族の一員になることになりました。

06,06,09-8

「ジョー、

学校一ハンサムできれいな君がいなくなってちょっとさみしいけど、いいお家が見つかって、ママは本当にうれしいよ。

新しい家族のいうことをしっかり聞いて、元気でね。」
スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: ジョーのおうち

介護犬候補の犬達に適正が見いだされない時、こういう犬達を受け入れてくれる家族を探すのは大変なのでしょうか?介護犬にはなれなかったとしても、きちんとトレーニングされた犬なので、受け入れる家庭もラクなはず。ジョーに良い家庭が見つかって良かったですね。

ジョーの顔を見て気がついたのですが、パピーの頃の面影って大人になっても残るものなんですね~。ジョーの口元! 大人になっておパピーの頃と一緒だわ。ブリティッシュゴールデンの特徴ですね♪

>midasjennyさん

介助犬になれなかった犬たちをペットとしてもらっていただける人たちはたくさんいます。だからといってどの家族でもいいわけではなくて、もちろん、その子にあった家族を捜してあげます。介助犬になる子も、ペットになる子も、みんな一緒です。

どんな子でも、子犬のときの面影はしっかり残るもんですよ。おもしろいぐらいに。。。(笑)

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。