スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザ

2009/05/13 Wed

昨日、無事に日本に帰ってきました。
というのも、もちろん新型インフルエンザの問題です。

アメリカにいるときから、友達や家族から「大丈夫?」と聞かれていましたが、アメリカではまったくと言っていいほど影響がありませんでした。
もちろん、サンフランシスコ空港に言っても、誰一人としてマスクをつけていません。

でも、飛行に乗った瞬間にアメリカと日本の違いに気づきました。
乗務員全員、マスク
皆さん、きれいなお顔を完璧に大きなマスクで覆われていました。

そして、飛び立つ前に、一枚の紙を渡されました。
「健康診断書」みたいなもので、自分の健康状態だけでなく、周りの人に健康状態が思わしくない人がいたかどうかも記入させられました。


約11時間後。。。日本到着。

シートベルトのサインが消えると、みんな一斉に立ち上がり、狭苦しい機内から1秒でも早く出ようとするのですが、アナウンスが流れ、「検疫官が参りますので、お席にお戻りください」とのこと。。。

しばらくして、マスク姿で青色のガウンに身を包んだ5ー6名の検疫官入ってきて、サーモグラフィーカメラで全員をスキャン。

05,12,09-1

そして、記入した健康診断書を検疫官にわたし、代わりに黄色紙の「検疫を終了した書」を渡されました。

機内のすべての乗員数と、診断書の数が合うまで、誰も機内の中から出られません。

ここで面白いことが。。。
機内で全員にマスクをわたされ、「必ずつけてください」といわれました。

もし、誰かが感染していたとして、11時間、あの狭い空間に一緒いれば周りの人に感染するのは確実。
マスクを渡すならば、機内に入る前のはず?!
でも、機内から出るときに渡される。

つまり、私たちは病気になってもいいけど、日本には持ち込むな!ってことですか!?

アメリカ人は、「これどうやってつけるの」とマスクの付け方を乗務員にきいていて、やっぱり、つけたことないんですね。。。と思いました。

05,12,09-2

ファンの回っていない機内の中で約40分ほど待たされ、やっとみんなマスクをつけ出れたと思ったら、カメラをもった記者が。

05,12,09-3

毎日、テレビで映さなくちゃいけないですもんね。



また、ここで面白いことが。

空港内に入ると、飛行機にこれから乗る人も、おりてきた人もごちゃまぜ。

だから、ある人はマスク姿、ある人はマスクをしていない。
もちろん、他の国からきた人はすぐにマスクをとるし。。。

マスクを渡した意味まったくないし、とっても国の税金の無駄使いですよね。

確かに、今回の新型インフルエンザでの、空港での対応はあまり効果的ではないですが、私は、これは日本の将来にとって、いい練習だと思っています。

近い将来、必ず、人類を大量に殺すウイルスが発生すると思っています。

その時は、本当に大変なことになる。

そのときのため、このよう経験は役にたつでしょう。


今回の新型インフルエンザで、また、日本と他の国との違いを感じました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。