スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籾すり

2013/09/22 Sun

今回は『籾すり』をご紹介。

お米は、このようにからのような籾(もみ)に包まれています。
その籾をとるためには、水分をある程度とりはがれやすくなってからおこないます。

091513-8.jpg

下の写真の右の大きな機械で乾燥させた後、左の上のでっかいろうとのようなところに米をうつし、徐々に下の機械に流しながらもみをとります。

091513-9.jpg

その機械を通すと、籾がとれて中からお米がでてきます。

091513-10.jpg

この状態のお米は玄米(ブラウンライス)で、白米にするには精米機を通さなくてはいけません。
しかし、いい状態でお米を一年間保存しておくためには、白米にするより、玄米のまましたほうがいいので、このまま米袋につめ、食べる前に、一袋ずつ白米にします。

091513-11.jpg

上の機械で30キロちょうどに袋詰めし、倉に運びます。

091513-12.jpg

今年は豊作で、この30キロのお米が、240袋できました。
つまり7トン以上のお米の収穫をしました。

そして、最後に残ったのは大量の籾。

091513-13.jpg

この籾は、畑の土を耕すときに一緒に混ぜると肥料になるので、家の畑だけでなく、近所の畑にも配り、再利用!

これで、春から始まった米作りが終了しました。

みなさん、毎日食べているお米が、どのような過程で出来上がるのが、すこし理解していただけましたでしょうか?
スポンサーサイト

稲刈り

2013/09/16 Mon

日本に帰り、実家に戻ってきました。
私の実家は滋賀県の田舎。

ちょうどいい時期にかえってきた!とばかりに、家族の年度行事の稲刈りにかり出されました。

多くの人はご存知かと思いますが、稲が実ると、このように頭が垂れてきます。
色も、きれいな金色になると刈りごろです。

091513-1.jpg

稲を刈るための機械(コンバイン)で稲を刈るのですが、四隅は機械が回転するために、カマを使って手で刈らなければいけません。

091513-2.jpg

そして角ができると、コンバインを田んぼに乗り入れ、どんどん刈っていきます。
この作業がかなり大変。
でも、昔は全てをこのようにして刈っていたので、昔の人はすごいです!

091513-3.jpg

刈った稲は、機械のなかで脱穀(米を茎から外す)され、機械の中にたまっていきます。
それを、今度はトラックにのせた専用の入れ物に移します。

091513-4.jpg

この作業をどんどんしていきます。

091513-5.jpg

そして、トラックがお米でいっぱいになると、今度はそのお米を大きな乾燥機の中に移します。

091513-6.jpg

この機械の中で、お米は数時間から一晩をかけてある程度まで乾燥させられます。

ここまでが稲刈りの作業。

次はこのお米の籾(もみ)をとる作業です。

アメリカ最後の介助犬訓練士のお仕事

2013/09/05 Thu

ハワイの滞在日数は15日の間でしたが、久しぶりの介助犬訓練士の仕事で大忙しでした。

訓練所の犬の数は7匹程度。
ほとんどが、名前が'A'からはじまる兄弟たち。
以前によくブログにも登場していたアストロ(Astro)くんの兄弟たちです。

090613-1.jpg

子犬も4ヶ月と5ヶ月のラブとゴールデンがいて、久しぶりの子犬タイムも楽しませてもらいました。

090613-3.jpg

今回の一番の目的はアストロくんの最終訓練と共同訓練。
約7ヶ月ぶりにあったアストロは、また一段と大きくなり、鼻も少しピンク色に変わっていました。
でも、相変わらずのマイペースぶり。。。

090613-2.jpg

アストロ君の卒業後のお仕事は、コートハウスドッグ。
コートハウスとは裁判所のこと。
裁判事件の関係者や被害者になってしまった子供や青少年またはその家族が、裁判のための証人尋問などを受けるときのストレスを軽減するために働く、ファシリティードッグです。

090613-4.jpg

アストロ君は人、特に子供に寄り添うのが大好きで、とってもおっとりとし穏やかな性格なので、この仕事にむいていると判断されました。
ハンドラーになるのは、心理学を専門としたカウンセラーなど。
ハンドラーさんは6日間の訓練をするために、ハワイに来てくださり、私を中心に基礎課程を勉強、練習しました。
残り5日間は、アストロと一緒に自宅に帰り、実際の仕事場での専門訓練が行われます。

090613-6.jpg

アストロの新しいお家はハンドラーさんのおうちがある、ワシントン州。
つまり、生まれ育ったハワイともこれでお別れです。

090613-5.jpg

アストロ君は私が子犬の頃から担当していた子犬なので、とても思い入れも深いですが、そのアストロ君が、これからはつらく苦しい経験をしている人々の心の支えになるよう、ハンドラーさんと一緒にたくさんの人々の心の支えになってくれると思うと、うれしく、そして誇らしい気持ちになります。
『アストロ、活躍を祈ってるよ。がんばってね。』


そして、この仕事を最後に、日本に帰国することになりました。
日本に帰国後のことは、まだ全く決まっていない状態ですが、何らかの形でこの仕事に携わっていければと思っています。
ブログの方も、続けていければと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。