スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリーランド

2013/07/12 Fri

ワシントン州をさり、14時間かけて車でカリフォルニアに戻り、荷物を整理して、また荷造りをして、次の目的地へ。

071013-1.jpg
(日の出とサンフランシスコ空港)

到着したのは、東海岸のメリーランド。

286px-Map_of_USA_MD.jpg

カリフォルニアの協会で働いていたときの私の上司で、私に犬の健康管理のノウハウを教えてくれた人が、カリフォルニアの協会から離れ、この地で新しく協会を立ち上げました。
最後に彼女に会ったのは、2年以上も前。
ずっと、遊びにおいでと言われていたのですが、なかなかその機会が作れませんでした。

彼女の協会は、街から少し離れた大きな土地にあり、緑に囲まれ、敷地内に川が流れ、夜には蛍があちこちに飛びまわり、犬たちにとっては最高の場所にあります。

071013-3.jpg

そして、もちろんパピー!

071013-2.jpg

この子犬たちは未来の介助犬で、生後一ヶ月のラブラドール。
この年齢の子犬が一番可愛い時期で、しかも長い間このサイズの子犬から離れていたので、私の子犬大好きの血が騒ぎます。

071013-4.jpg

そして、犬たち。
ここの協会の訓練犬のほとんどは、パピーレイザーのお家に預けられていますが、みんなが集まったときは、敷地内の川で水遊び。

071013-5.jpg

とても、日本の夏に似た蒸し暑く突然の雨が多い気候ですが、久しぶりに再会した友人たちと子犬に囲まれ、ゆったりとした日々を過ごしています。

071013-6.jpg
スポンサーサイト

ワシントン州での最後のお仕事

2013/07/05 Fri

刑務所でのお仕事が終了した後、ワシントン州での最後のお仕事はハワイのプログラムの派遣。

1つ目は、パピーシッティング(子犬の子守り)
以前にも少し書きましたが、ハワイのプログラムの犬の半数ほどはワシントン州の家庭で一才頃まで育てられます。
数ヶ月前に、私がノースカロライナから飛行機で連れて帰ってきた一匹、シャーロットも現在ワシントン州のご家庭に預けられていて、家族の方が留守の数日間、子守りをすることに。

070513-4.jpg

左が生後4ヶ月になったシャーロットで、右が新しいプログラムに入ったばかりのダービー(生後2ヶ月、パピーレイザー募集中)です。

年齢はたった2ヶ月しか違いませんが、体の大きさは倍以上違います。
しかし、ダービーはシャーロットと遊ぶのが大好きで、シャーロットもダービーと手加減して遊んでいるので、こちらとしては一石二鳥。

070513-1.jpg

次に会うときは、2匹とも見違えるほど大きくなっていることでしょう。

そして、もう一つの派遣のお仕事は、ファシリティードッグのプレイスメント。
私がハワイのときに訓練していたオージー(Aussie−Astroの兄弟)が、ワシントン州の障害を持つ子供たちと家族をサポートするプログラムのファシリティードッグとして、ハワイからやってきました。

070513-3.jpg

私のお仕事は、ハワイの仕事が忙しくてワシントン州に来れなかったディレクターにかわり、施設で五日間の最終訓練をすることです。
オージーはハンドラーさんとともに、この施設に来る子供たちと毎日ふれあい、施設の仕事が終わればハンドラーさんと一緒にお家に帰り、普通の犬と同様の暮らしをします。
オフィスもハンドラーさんと兼用です。

070513-2.jpg

夏の間はサマーチャンプが開催され、毎週代わる代わる、様々な障害をもつ子供たちが施設にやってきます。
初めて親と離れて夜を過ごす子供さんもいますが、オージーがそんな不安な気持ちも忘れさせてくれます。

070513-5.jpg

オージーのお仕事はまだはじまったばかりですが、ハンドラーさんと一緒に、この施設でのすばらしい活躍を期待しています。

刑務所でのお仕事、終了

2013/07/01 Mon

最後の更新は、共同訓練終了のことを書きましたが、その共同訓練の終了とともに、私の刑務所でのお仕事も終了しました。
ここでのお仕事をさせていただいて約5ヶ月。
期待していた通り、いままで経験してきた介助犬訓練とはとても異なる経験ができました。

刑務所内のルールの中で働くということ
受刑者との関わり方
シェルターの犬の適正テストと、問題行動の発見と対処

初めは少し戸惑いもありましたが、スタッフ、ボランティア、そして受刑者の方たちも喜んで私を受け入れてくださり、さらに様々なクラスを担当させていただき、多くの受刑者の方達との関わりを通して、彼らがどのような気持ちでこのドッグプログラムに参加し、そしてどのようにして変わっていくのかを見ることができました。

最後の卒業式では、サプライズの贈り物もいただきました。

みなさんから、もっと長くいてほしいという声もたくさんいただき、本当にありがたく、感謝の気持ちでいっぱいです。

私からプログラムには、プログラムの犬たちの写真で作ったボードをプレゼントしました。

DSCF3866.jpg
DSCF3865.jpg

今後も、プログラムの繁栄、捨てられた犬たちのより良い生活、そして受刑者さんたちの釈放後のよき社会参加を願います。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。