スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親離れ&子離れ

2012/05/27 Sun

子犬たちは、生後8週になりました。

052712-4.jpg

子犬たちがパピーレイザーホームに行く前に、水曜日に一匹ずつ性格テストをしました。
その最中に、一匹の子犬が突然てんかん発作をおこして、さぁ大変!!

以前に犬の発作を見たことがあるので、始まった瞬間に発作だということはわかりました。
子犬をかかえ、車に飛び乗って獣医さんのところにいきました。

それからが私の長い一日のはじまり。。
獣医さんのところでいろいろテストをしましたがなぜ発作が始まったのか分からず、薬をもらって家に帰ってきたのですが、夜中まで発作が2時間に一度おきぐらいあり、結局夜中の2時に緊急病院へ。。。

そこの獣医さんがとってもいい人で、わざわざ家から飛んできてくれて、病院に泊まり込んで子犬の面倒をみてくれました。
それからは薬で発作がとまり、子犬は金曜日の夕方にかえってきました。
しばらくは、薬が必要だともいますが、徐々に量を減らしていけると思います。

このことで、この子はしばらくは協会に残ると思います。
つまり、私の子犬☆
名前は、アストロです。

052712-3.jpg

よろしくね。

とにかく、今週はアスロロに気を取られている間に終わってしまいました。

そして、今日、一匹目の子犬がパピーレイザーホームに旅だっていきました。

052712-2.jpg

そして、ママのライリーも母親業を終了しました。
ライリーは本当にいいママで、とても子犬たちの面倒をよくみてくれました。

052712-1.jpg

ご苦労様、ライリー。

これから子犬たちはバラバラになってしまいますが、それぞれのお家で元気に育ち、たくさん学び、また協会に戻ってきてくれることでしょう。

052712-5.jpg

第二のママとしては、子犬たちの旅立ちはいつもうれしさと寂しさが入り交じった気分です。
スポンサーサイト

ホノルル with ヨギ

2012/05/20 Sun

先週の水曜日のことですが、訓練のためホノルルにいってきました。

ホノルルのあるオワフ島にいくには、飛行機に乗らなくてはいけません。
でも、このフライト時間がとっても短い!たったの30分!!
上がったと思ったら、あっというまに降りる準備。
乗客たちの乗り降りも早いので、飛行機に乗るというよりも電車に乗る感覚です。

ディレクターと一緒に行き、彼女も一匹犬をつれてきたので、2人と2匹で飛行機に乗りました。
アメリカ本土と違いここは島なので、ほとんどの犬たちが卒業と同時に、そうでなくても一生に一度は飛行機に乗ってどこかにいかなくてはいけません。
なので、訓練中の犬は必ず飛行機に乗る練習をしなくてはいけません。

052012-1.jpg

今回の訓練にはヨギ(白いゴールデン)を連れて行きました。
隣は、ディレクターがつれてきたトゥルーパーです。

ヨギは今回が初めての飛行機でしたが、飛び立ってから着陸まで一度も立ち上がることなく、落ち着いて飛行機に乗ることができました。

日帰りのホノルル訓練なので、朝の9時半にホノルルについてから夜の9時に島に戻ってくるまで、予定がぎっしりでした。

まずは、ホノルルで新しく建てているオフィスの工事状況を確認するため、ダウンタウンへ。

一時間ほどそこに滞在した後、そこからダウンタウンを15分ほど歩いて、協会から卒業したコートハウスドッグとハンドラーさんがいる裁判所の庁舎へ。
コートハウスは英語で裁判所という意味。
アメリカでもあまり知られていませんが、裁判所に証人などとしてこられる方たちのストレスを緩和するために、裁判所なので働く犬たちのことです。
裁判所ときくと堅苦しいイメージですが、ビルに入ると同時にたくさんの人たちに歓迎され、ミーティングルームを解放して犬たちを遊ばせてくれました。

次は車に乗って、こちらも協会から卒業し、子供専用の病院で働くファシリティードッグとハンドラーさんの病院にいきました。
ファシリティードッグとは、セラピードッグがハンドラーと一緒に日ごとに違う施設に行くのと違い、1つの施設に常勤し、時にはスタッフの一員として治療の手助けもすることがあります。

052012-2.jpg

私の連れてきたヨギは、このファシリティードッグになる予定なので、そこで働いているハンドラーさんについてヨギも患者さんの訪問をしました。
初めての子供の患者さん訪問でしたが、とてもよく出来たと思います。

その後は飛行機の時間まで、ワイキキビーチとショッピング街をドライブし、ちょっと丘を上がりサーフィンをする人たちを眺め眺め、

052012-3.jpg

052012-4.jpg

今日一日がんばったヨギには、ビーチで他の犬との遊びの時間のプレゼント。
リードを外すと、一目散に海へ走り、あっという間に頭からしっぽの先までズブ濡れです。

052012-5.jpg

がんばって訓練してそのあとおもいっきり遊んだので、帰りの飛行機ではヨギは爆睡。
たぶん離陸したのも着陸したのも気づいてなかったと思います。

今回は経った一日のホノルルでしたが、今度は泊まりでゆっくりと観光をしたいです。

週末の過ごし方

2012/05/16 Wed

子犬がずいぶんと大きくなってきたので、ちょっとずつですがこの島での週末を満喫しようとしています。

まず、週末を楽しむには、山を下ることから始めます。

051612-8.jpg

前に書きましたが、私の住んでいるところは標高が高いので、町に行くには車で30分ほど山をおりなければいけません。
そして、その山を下りながらみる町並みと向こう側の山と真っ青の海が、とってもきれいなんです。

051612-6.jpg

先週の土曜日には、この島で毎年行われている、『まつり』がありました。
『まつり』といっても、日本のようにおみこしをかついだり、屋台が並んだりなどはないのですが、この町に住んでいる多くの日系人の人たちが主催になって、日本の文化をこの島の人たちに知ってもらおうというイベントです。

お弁当屋さんがきていたので、うなぎ弁当をいただきました。

051612-4.jpg

久しぶりのウナギ、なかなかおいしかったです。

いろりろなイベントが順番にあったのですが、いちばんすごかったのは、子供たちの太鼓の演奏。
これが、すごくうまい!

051612-5.jpg

小さい子は5−6歳で、年長の子は16−17歳ぐらいなんですが、子供が演奏していると思えないぐらいうまいんです。
特に、年長のグループがした太鼓演奏は、プロフェッショナルかと思うぐらいすごいパフォーマンスでした。

日曜日には、近所のポロ競技場にいって、人生で初めてポロをみました。
写真で見てもらうと分かると思いますが、ポロとは2チームに別れ、馬に乗りながら長い棒でボールをゴールに入れるゲームです。

051612-3.jpg

長年、アメリカにいながら、私は一度も乗馬をしたことがないので、このゲームをプレイするのがどれだけ難しいのか想像もできませんが、見ているだけで迫力満点の競技です。

しかも、ここで知り合いになった人たちに、ピクニックのように昼食を一緒に食べたりして、ゆったりとした日曜日をすごしたりもしています。

051612-2.jpg

でも、やっぱりハワイといったらビーチ!
ビーチを歩きながらカメラのシャッターをおすだけで、ポストカードのような絵がとれてしまいます。

051612-1.jpg

先週は、犬をつれていってきました。

この島で育った犬たちは、戸惑うことなく海にザブザブと入っていきます。
ビーチに寝転がったり、穴を掘ったりなど、ここが彼らの庭なんだなと思いました。

051612-9.jpg

これからも、週末に1つ1つこの島の遊びを覚えていこうと思っています。

子犬が大きくなりました。

2012/05/13 Sun

最後に子犬たちを記事にしたのはだいぶん前なので、みんな見違えるように大きくなったでしょ?
もう、みんなの体重を合わせたら、ママのライリーより重くなりました。

051312-1.jpg

生後6週になった子犬たちは、よく食べ、よく遊ぶようになりました。

051312-3.jpg

子犬部屋はボランティアの人たちが持ってきてくれたおもちゃがたくさんあるのですが、なかでもカバの音のなるおもちゃがみんなのお気に入りです。

他の子たちより小さかった子は、まだ小さめですが、元気にすくすくと大きくなっています。
みんなと見分けがつかなくなるのも、時間の問題です。

051312-4.jpg

一日一回のトレーニングも始めました。
トレーニングはたった数分ですが、8匹を一人でするとなるとなかなか大変です。

私のお気に入りは、鼻の頭に筋が入ったこの子。
名前はアビー(仮)ちゃんです。

051312-2.jpg

でも、みんな私の可愛い子犬たちです。

今まで、20胎以上の子犬たちの面倒をみてきましたが、こんなに朝起きてから寝る前まで(時々寝ている間にも)毎日、一緒に過ごしている子犬たちはこれが初めてで、かなりこの子たちにはまっております。

051312-6.jpg

でも、2週間後には徐々にパピーレイザーのお家に旅立っていく予定なので、8匹みんなと一緒に過ごせる時間をしっかりと楽しもうと思っています。

051312-5.jpg

またこれを最後に、しばらくは子犬の世話をする予定はないので。。。(笑)

スカウト&ヨギ

2012/05/06 Sun

なんだかあっという間に、最後の更新から2週間がたっていました!
こんなに更新できていなかったのは初めてではないでしょうか?
いつも来てくださっている方に申し訳ないです。

これといって更新できていなかった理由はないのですが、あえて言うと『犬と子犬』でしょうか。
基本的に、朝から夜まで一人で彼らの面倒を見ているので、毎日があっという間に過ぎていきます。
特に、子犬たちは、今が一番手のかかる時期なので、毎日、バタバタしております。

でも、今日はあえてその子犬たちではなく、犬たちの話題を。

こちらが、現在、訓練中の犬たちです。
実際にはあと数匹いるのですが、週日はこのメンバーたちが顔を揃え、週末は半分ぐらいがパピーホームのお家で過ごします。

050612-3.jpg

カリフォルニアにいたときに比べて、ずいぶんと犬の数は少なくなりましたが、一人で管理する分には十分すぎる数です。

数匹紹介します。

こちらはスカウト。

050612-1.jpg

ハンサムなブラックラブの男の子。
いつも元気でハッピー。
この子は、新しいことを覚えて、それをすると褒められることをよく知っているので、トレーニング大好きです。


こちらはヨギ。

050612-2.jpg

きれいなクリーム色のゴールデンの男の子。
まだ1歳になっていないけど、がっちりした体格。
性格はおっとりしていて、動きもゆっくり。
でも、遊びの時は、人が(犬が)変わったように、俊敏な動きになります。

他の犬たちの紹介は徐々にしていくので、お楽しみに。

さて、先週のあったファウンドレイジング(募金集め)のイベントのことを少し。

島の反対側にあるレストラン&バーのお店は、たくさんの種類のビールが売りなのですが、その日のビールの売り上げの半分を協会に寄付してくださるというもので、私たちの協会からもグループでレストランに行きました。

島は意外に狭く、島の反対側といっても車で1時間ほどでいくことができます。
では、どれくらいの大きさなのか調べてみると、日本で一番小さい県は香川県だそうで(これも調べて初めて知りました)、この島は香川県とほぼ同じ大きさだそうです。

でも、電車やバスなどの公共交通手段がないので、自分で車を運転していった私は、ビールのイベントなのですが、ちゃんとソーダをいただきました。
でも、ルートビアーというソーダで、日本人は苦手な人が多いのですが、私はそれが好きなので満足です。

050612-6

お供に、ヨギを連れて行ったのですが、とってもたくさんの人たちが行き来し、とてもうるさいレストランのなかで、2時間半、テーブルの下でとてもいい子でした。
お客さんが触りにきても、じっとしたままおとなしくなでられていました。

050612-5.jpg

時々顔を上げて、『まだ帰らないの?』と言いたげな目をするのが、かれの可愛いところです。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。