スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告知

2012/03/28 Wed

今日は、この場をかりて、このブログを読んでくださっている方々に告知があります。

今週をもって、6年近くいたこの学校での仕事を終え、来週、カリフォルニアを去ることになりました。 

このことは約2ヶ月ほど前から決まっていたのですが、学校のスタッフ以外、誰にも言っていませんでした。
しかし、最後の週ということで、さすがに言わないといけないと思い、ついにみんなに告知をしました。

まずは、私の親友と週末に食事に出かけ、彼女に報告。
また好都合にホコが学校にいたので、彼女との最後のお出かけもかねて。。。

032812-2.jpg

知り合ってから5年以上、『お互いにいろいろあったね』なんていいながらご飯を食べ、近況報告などをし、今後のお互いの目標などを語り合いながら、学校から去ること伝えました。

私の名前がついたホコとも最後の夜を過ごし、『私の名前がついたんだから、がんばってくれよ!』と伝えておきました。

そして、月曜日、
犬のトレーニングの授業が終わった後、学校の生徒たちにも告知をしました。

さらに、今日(水曜日)、
午前中に、私の最後の授業がありました。

032812-3.jpg

最後の授業は、時間が足りないと思い、最初からどんどん飛ばしてしまい、結局時間が10分余ってしまうという結果でしたが、これを最後にこのやって学生に教えることもないのかと思うと、ちょっと寂しい気がします。


そして、昼休みは、みんなでご飯を持ち寄って(ポットラックといいます)、私のお別れパーティーをしてくれました。

032812-4.jpg

人の数と同じぐらいいる犬たちと一緒に、生徒も先生もスタッフもごちゃ混ぜで、みんなでわいわいとご飯を食べるのは、この学校ぐらいかと思います。

032812-6.jpg

この騒々しさがこの学校の日常で、この生活に慣れてしまった私は、どこに行っても物足りなさを感じてしまうのかな?
だって、普通にイスに座って、何かをしながらではなく、ただ『ご飯を食べるという』作業を、この数ヶ月で初めてした気が。。。(笑)

そして、みんなから 『We will me you, Sae(寂しくなるよ)』でも、新たな旅たちに『Congratulation (おめでとう)』と言ってもらいました。

032812-5.jpg

さらに、私の担当している更生施設のプログラムのスタッフの方々と生徒たちにも告知をし、そして、うちの学校の犬たちを預かってもらっているパピーホームの人たちにも、メールで今週が最後になるということを伝えました。

この更生施設のプログラムと、パピーホームのプログラムは私が長い間担当し、育ててきたプログラム。
時間をかけて構想を練り、少しずつ改良し、人々との絆を深め、いいかんじに仕上がっている、この学校で私が胸を張って誇れるプログラムです。
その2つを、手放すことになるのはとて寂しいですが、これも育てた犬が育っていくのだと思い、次に担当する人たちがきちんと引き継いで、さらにいいプログラムにしてくれることを願っています。

でも、最も寂しいのは私が子犬の頃から育ててきた犬たちが卒業していくのを見ることができないこと。

032812-1.jpg
(生後4週になったアイバートソン)

やっとまともに歩くことができるようになったI(アイ)たちが大きくなっていくことが見れないので、旅立つ日までに私のことをなんとか覚えさせておこうとがんばっております(笑)


旅立ちは来週の火曜日。
行き先はあえて内緒にしておきます。
来週のお楽しみということで。。。
スポンサーサイト

One step closer

2012/03/23 Fri

まだ、一週間が終わってしまいました。
そして気づけば、3月も残り一週間。
なんてこった!!

さて、I(アイ)たちですが、みんな元気に生後3週になりました。

032212-1.jpg

お目目もぱっちりで、ママに一番似ているのは誰かな?


生後3週(21日)の恒例行事、初めてのご飯!!

032212-4.jpg

『これはおいしい~!』と頭をボールの中に突っ込む子たちと、ちょっとなめて『何これ?!』と不思議がる子たちといろいろですが、これから一生続く『ご飯をたべる』という習慣の始まりです。

032212-5.jpg

そして、7匹の子犬それぞれに、これから彼らを訓練する生徒が割り振られ、その担当する生徒が子犬たちの名前を決めました。

032212-3.jpg

以下、首輪の色と名前

ブラック(オス):アイバートソン
モカ(オス)  :イバラ
パープル(オス):イアン
シルバー(メス):アイリー
イエロー(メス):インガ
ゴールド(メス):アイルランド
オレンジ(メス):エルサ

以上、

アルファベットのI(アイ)から始める名前は、アメリカでは珍しく、なかなか難しい名前になりましたが、生徒たちは初めて名付ける名前に満足しているようでした。

ご飯も食べ始め、名前もつき、そして初めてのトレーナーも決まり、このちびっ子のI(アイ)たちも、介助犬に一歩ずつ近づいています。

来週から本格的な訓練が始まるので、生徒たちもパピーたちにも、がんばっていただきます!
私も、どんどん生徒を指導しますよ!!


そして、大きな犬たちは、毎日大きな原っぱで走り回り、長い舌を出して、満足そうな笑顔。

032212-2.jpg

うちの犬たちは幸せものです。

I(アイ)パピー生後15日&シンディー

2012/03/16 Fri

031512-6.jpg

かわいいでしょ?

こないだ生まれたI(アイ)たちが、生後2週間になりました。
この写真は生後15日目で撮った写真なのですが、もう目も開いて、足もしっかりしてきました。
今回の子犬たちは、本当に成長が速いです。

ちょっとずつですが、一匹ずつの違いも出てきました。

このパープルとオレンジの子は、とってもよく泣き、いつもお産箱の中をウロウロしています。
この2匹は、おてんばになること間違い無しです。

031512-4.jpg

生後2週目になり、一般のボランティアの人たちが、パピーペッティング(子犬と戯れること)にやってきてくれています。
Hたちからずいぶん長い間、子犬がいなかったので、ボランティアの人たちも、新しい子犬の誕生を心待ちにしておられ、毎日たくさんの人たちがやってきてくれています。

031512-7.jpg

子犬たちが毎日大きくなるにつれ、ママロビンのお仕事は大変そうです。

031512-5.jpg

しかし、来週からは生徒たちによるトレーニングも始まり、離乳食も食べ始め、さらにもしお産箱からの脱走者(犬)が現れれば、早くもお産箱からも卒業という可能性もあります。

初めて、子犬たちの凄まじい速さの成長をまじかで見ながら、生徒たちは毎日驚いています。


あと、今週は犬が一匹、学校から旅立っていきました。

シンディーが、ペットとして一般家庭にもらわれていきました。

031512-2.jpg
(右がシンディー、左は兄弟のキャンディー)

介助犬候補として生まれ、育ち、訓練をうけても、その仕事に向かない犬たちは必ずいます。
しかし、うちで生まれた以上、全ての犬に幸せなお仕事や居場所を与えるのが私たちの仕事です。

シンディーには、『この子は一般家庭でペットとして暮らすことが一番幸せだろう』という決断を出し、彼女にあったお家を見つけてあげることができました。

031512-1.jpg

介助犬になれなかった犬たちは、ダメな犬じゃない。
ただその仕事に向いてないだけで、その子に向いていることは必ずある。

その何かを見つけてあげ、犬たちが幸せな一生を送れるように最大限の努力をすること。
それが、私たちのように、犬をこの世に生み出している人としての使命です。

冬は何処へ?

2012/03/10 Sat

今週は比較的バタバタしなかった週だったはずなのですが、なぜかまた最後のブログの更新から日があいてしまっています。

今週を振返ってみて思うことは、『とってもいいお天気だった』ということです。
最近、毎回のことに言っていますが、本当に毎日とても暖かく、今週も気温が20度を超える日がほとんどでした。
今年はこのまま冬がこないまま終わってしまうのだろうかと、みんな不思議がっています。
私は寒いのが得意ではなく、雨が降ると犬が外で遊べなくなってしまうので、私はそれでもいいのですが、雨期に雨が全くと言っていいほど降っていないので、今年の夏は水不足になってしまうのではないかと心配している人たちもたくさんいます。

そんな犬たちですが、ゲートの前でみんなで『待て』をしています。

031012-1.jpg

何を待っているのかというと、それはもちろん大きなドッグヤードでの遊びの時間。

私が、OKをだすと、みんな一斉に飛び出していきます。

031012-2.jpg

新しい校舎にきて改めて感じたのですが、コンクリートのヤードと芝生のヤードとでの犬の走るスピードは比べ物にならないほど違います。
なんというか、滞空時間というか、一幅のリーチが長くなり、しかも足の回転が早いんです。
敷地の大きさが10倍ぐらいになったので、もちろんそれも関係していると思いますが。。。

031012-4.jpg

そのため、犬たちがヤードで遊んでいる写真を撮るのに一苦労しています。
犬の動きをフレームの中におさめられないうえに、敷地が大きいのでズームをコントロールしているうちに犬が遠くに行ったり、近くに来たりと、なかなか難しいです。

031012-3.jpg

でも、芝生になっていいことは、犬たちが一気にものすごいスーピードで走り回ってくれるので、短時間で犬たちが疲れてしまい、運動時間が短くてすむということです。
犬の運動は、どれだけの時間したかではなく、どんな運動をしたかなのでしょうか?


さて、生後10日になったI(アイ)パピーたちです。
見たからにまるまる太っているでしょ?

031012-6.jpg

なんだかこの子犬たちは異常なスピードで育っていて、体重もみんな1.5キロほどになりました。

ママのロビンは、最近ママ業を怠け始めたので、ちゃんと見ていないといけません。

031012-7.jpg

うちの犬たちは介助犬になる犬だから、なんでもしっかりしているのだと思われがちですが、どっちかというと怠け者やわがままな子たちが多く、そんな子たちをやる気にさせるのが私たちのお仕事です。


最後に、今日、レスキューグループでトレーニングした、とってもかわいいテリアの女の子。
ちょっと恐がりですが、とってもおとなしくいい子です。

031012-5.jpg

私は、ちっちゃい犬の訓練の経験はあまりないので、これからは少しずつやっていこうと思っています。

カレーと子犬

2012/03/04 Sun

2月の最後の週も終わりスケジュール帳を見てみたら、今月は週末も含め毎日予定がありました。
このページの最後の日、3月3日以外は。。。

030412-11.jpg

今週は子犬の出産があり、いつも以上に忙しかったので、朝はゴロゴロしながら『今日は何をしよう。。。』と考えていました。
部屋には2日前に去勢手術をしたキャンディーと、きのうからお腹の調子がよくないホコがいました。
キャンディーは連れ出せないので、ホコの散歩もかねて買い物にいきました。

そして、食用品店でおいしそうなお肉を安くで発見。
そこで思いついたのが、『カレーをつくろう!!』
前日に見ていた日本のテレビ番組にカレーの話が出てきたので、頭の中にはカレーがただよっていました。

030412-1.jpg
(買い出し終了!ホコのためのカッテージチーズも買いましたよ)

家に帰って早速料理開始。

030412-2.jpg

前に言ったかもしれませんが、2ヶ月ほど前から学校の寮に住んでいるので、大量のカレーをつくっても一緒に食べてくれる生徒たちがいるので、作りがいがあります。

030412-3.jpg

寮の小さなキッチンに、犬が二匹。

030412-4.jpg
ちょっと邪魔でしたが、二匹ともおとなしくカレーがコトコトなるまで待っておりました。

カレーを最後に食べたのはいつか分からないぐらい前なので、久しぶりの日本の味はやっぱいいいものです。
そして、寮のみんなにもとても好評でした。


030412-5.jpg

カレーを嫌いな人っているのかな?

さて、7匹の子犬たちは、ビックリする早さで、毎日どんどん体重が増えていきます。

030412-6.jpg

ママのロビンのミルクはいったい何で出来ているのでしょう?

030412-10.jpg

でも、食いしん坊はママ譲りでしょうけど。。(笑)

030412-7.jpg

ロビンもママ業に慣れてきたようで、子犬たちの扱いもとても上手です。

030412-8.jpg

ママと遊べるようになるまで、元気に育ってくれればと願っています。

I(アイ)パピー誕生

2012/03/02 Fri

本当は2日前にこのネタを書いて、2月のブログを終えたかったのですが、睡魔に負けてしまいました。

2月29日(閏日)
無事、7匹の『I(アルファベットのアイ)』パピーが生まれました。

030112-1.jpg

私、ここ3回、子犬が生まれる日にちを当て続けていて、今回も『今年は閏年だから、29日に子犬が生まれると思うよ』なんて生徒たちに冗談まじりに話していたら、本当にそうなってしまいました。

というのも、本当の予定日は金曜日でした。
でも、何となく『早まるだろうな。。。』という予感がしていました。

そして、月曜日の夜からママのロビンを私が連れてかえり、火曜日の午後にちょっとロビンの体温が下がったので、『まあ、今日はなくても明日の夜ぐらいかな。。。』なんてのんきに考え、でも念のためにお産キット(犬のお産に必要なも一式のが入った箱)をもって家に帰りました。
このとき、このキットを持ってなかったら、大変なことになっていました。
私の『念のため』すごい!

そして、日付が28日から29日に変わった頃、ロビンの様子が急に変わりはじめ、午前三時に一番目の子犬がうまれました。

030112-2.jpg
(一番最初に生まれたシルバー(首輪の色)ちゃん)

それから、今晩にお産があるとは全く想像していなかった生徒たちを電話で起こし、集合させ、交代でお産のお手伝いをさせるのが私の役目。
夜中に授業をするなんて、この学校ぐらいでしょうね(笑)

お産は、とても順調に進みました。
レントゲンでは6匹しか確認していなかったのですが、一匹どこかに隠れていたようで、最終カウントはオス3匹、メス4匹の、計7匹の元気な子犬が生まれました。

030112-3.jpg

今回のお産は徹夜でした。
最後の子犬が生まれたのが午前8時頃。
それから午前中は子犬とママの世話をしつつ、部屋の掃除と大量の洗濯物をし、午後は別のスタッフに子犬番を変わってもらって、私は通常業務と通常の授業をし、また夕方から朝にかけてお産箱の隣で夜を過ごしました。

つまり、2夜連続で、まともな睡眠が出来なかったので、ブログの更新ができませんでした。

でも、昨晩から生徒たちが交代で夜の子犬番をしているので、私は時々ちゃんと生徒が仕事をしているかチャックするだけです。
今年は学生の数が多いので、週末もバッチリシフトをくませたので、今週末はのんきに過ごせそうです。

030112-4.jpg

とにかく、初めての妊娠&出産でしたが、ママのロビンはとてもよくがんばりました。
子犬たちは生後2日ですが、まるまると太り、体重は600グラムを超えています。

最初の数週間はみんな元気に育つよう、気をつけてみていないといけませんが、久しぶりの子犬たちなので、しっかり楽しませていただきます。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。