スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬のバスの運転手

2012/02/25 Sat

また一週間がおわり、2月もそろそろ終わりに近づいていることに驚いています。

今年のカリフォルニアの冬は全く冬らしくなく、雨が降らず、いいお天気の日々が続いています。
特に今週はとても暖かく、木曜日は気温が25度ほどまで上がりました。
普通にTシャツで仕事ができるほどでした。

生徒たちは、教室の中にいるのはもったいないと思ったのか、青空教室を開いておりました。

022512-7.jpg

校舎の全面にやっとフェンスが出来上がったので、犬たちを外の原っぱで遊ばしてあげることができるようになりました。

022512-9.jpg

旧校舎のドッグヤードはアスファルトだったので、新しい校舎の原っぱヤードに犬たちは大喜びです。
だた、1つ困った点は、犬のう○ちをよく見失ってしまうことです。


毎日1つ1つですが、設備が機能していく新校舎ですが、まだ犬たちが新校舎にお泊まりできないので、犬たちは毎晩旧校舎に帰って夜を過ごし、朝に新校舎に登校しています。

もちろん、彼らだけで登校することはできないので、私が犬たちの送り迎えをしています。
いわゆる、犬の通学バスの運転手です。

だいたい5匹から10匹の犬たちを乗せて通学しなければならないのですが、後ろに大きなスペースがあるにもかかわらず、なぜかみんな前に来たがり、おしくらまんじゅう状態になってします。

022512-1.jpg

なので、前のシートがある部分と、後ろの何もない部分にしきりをして、前に来れないようにしました。

022512-2.jpg

これで、みんな場所の取り合いをすることなく、安全な通学ができるようになりました。

022512-3.jpg

最初は、大変だったバスの運転手ですが、私も犬たちも慣れてきて、スムーズに当校下校できるようになりました。
犬たちが学校にお泊まりできるようになるまで、安全運転でがんばります。


さて、先週の終わりから今週にかけて、8ヶ月になったHたちが学校に一匹、また一匹とお泊まりをしにやってきて、一時、5匹のHたちが顔を揃えました。

022512-5.jpg

私も、2匹(ハンセンとヘーゼル)をつれて帰ってきて、久しぶりのHたちの再会を楽しみました。

022512-6.jpg

こないだまで、ちびっ子だった子たちが、こんなに大きく、犬らしくなりました。


そして、今週。
待ちに待った、あたらしい子犬たちが誕生する予定です。

今度は、I(アルファベット)

お楽しみに。
スポンサーサイト

犬とコング

2012/02/19 Sun

最近ネットの調子がよくなく、よくランダムにダウンしてしまいます。
なので、ここ2~3日ほど更新しようと思ってもできずにいました。

今日は最後までもってくれるといいのですが。。。


さて、私の新しい仕事を紹介。

コングです。

021812-1.jpg

日本の皆さんもこのコングは見たことがあると思います。

このコングは普通の犬のおもちゃとして放り投げたりして遊んでも楽しいのですが、別にもう一つの使い方があります。
それは、犬が長時間楽しめる、かじるためのおもちゃとして使えます。

コングは強力なゴム製で、犬がかじってもなかなか壊れることはありません。
そのコングのなかに、お湯でふやかしたドライドッグフードをつめて、ホイルかラップで包んで冷凍します。

021812-11.jpg

それを犬たちに与えると、中にあるフードを食べようとするのですが、凍っているので舌でゆっくりと解凍させ、最終的にはコングを転がしたりしながら中のフードを出して食べなくてはいけません。

021812-6.jpg

このため長時間犬たちが楽しめるおもちゃが出来上がるということです。

このコングは、犬をクレートに数時間入れて家を出なくては行けない時も、犬がクレートの中で自分だけの時間を楽しめるための道具としても使えます。

021812-7.jpg

多数の犬が同じ部屋にいて、コングを与える時は、こうやって一度にいくつもとってしまう犬がいるので、必ず犬の数より多くのコングを用意しておくとけんかなどが起こることが避けられると思います。

021812-10.jpg

このフードを詰めたコングを作り出したのも、学校の引っ越し後のことです。
学校の新しい犬部屋はカーペットで、壁なども犬がかじろうと思えば、あっという間に破壊されてしまう素材で出来ています。
そのため、かじられては嫌なものから犬たちの気をそらすために、作り始めました。

初めは、どうしていいものか分からない犬もいましたが、今ではみんなコングを見ると目の色が変わります。

021812-9.jpg

フードを使うので、毎日与えたら犬たちを太らせているのではないかと思い、コング1つ(大)に入るフードの量を数えたところ、たくさん入っているように見えても、水をたくさん吸っているので、実際には4分の一カップの量のフードしか入っていません。

それでも、増量が心配な方は、その分のフードを通常のご飯から引けばいいだけのことです。

犬を長時間家やクレートににおいておかないと行けない方。
どんなおもちゃでもすぐに壊してしまう犬をお持ちの方。
かじっては行けないものをかじるクセのある犬をお持ちの方。

そんな方はぜひ一度試してみてはどうでしょう。

苺大福

2012/02/14 Tue

さて、突然ですが、これはいったいなんでしょう?

021412-4.jpg



実はこれ、餅米なんです。

先月のブログのどこかで、『普通の米だと思って買ったら餅米だった、どうしよう』というようなことを書きました。

そして、先週末に近くに住んでいる日本人の友達から連絡があり、お好み焼きパーティーに招待していただきました。
日本料理のパーティーに日本人が手ぶらでいくのもなんだし、せっかくある餅米を活用し苺大福に挑戦しようと思いました。
しかしながら、餅つき機がないのでどうしたものかと思いネットで調べてみると、なんとミキサーと電子レンジで餅米から大福が作れることが判明!

上の写真は、餅米を水と一緒にミキサーにかけたものです。
それを、電子レンジで加熱&かき回しを繰り返すと、なんとお餅がとっても簡単に出来上がりました。

021412-6.jpg

私はアメリカにくるまで、様々なバイトを経験しているのですが、その1つにお正月前のお餅屋さんで働いていたことがあります。
お正月前になると、お餅屋さんはとっても忙しくなり、朝早くから夜遅くまで、ひたすら鏡餅を作るというバイトでした。

021412-7.jpg

だからあつあつのお餅を触っていると、昔の記憶と感覚を手が覚えていて、苺大福を作ったのは初めてですが、意外にうまく出来上がりました。

021412-5.jpg

パーティーには20人以上の人が来ていたのですが、大福を知っていたのは日本人を含む3人で、残りは人たちはお餅というものも何か知らないので、まずは苺大福とはどんな食べ物なのかを説明しなければなりませんでした。

021412-9.jpg

でも、見た目のきれいさも助け、全員が食べてくれて、そして意外にもとても好評でした。

あと、メインのお好み焼きは、このパーティーに招待してくれた友達がいろいろ材料を用意してくれて、みんなでわいわいと好きな具を入れながら、初めてのお好み焼きを一生懸命焼いていました。

021412-8.jpg

お好み焼きのように、『みんなで焼きながら食べる』というスタイルはアメリカにはないので、食べ物だけでなく、食べ物を作るところから楽しみが始まるというところも日本流のパーティーだったと思います。


さて、週末は久々に犬無しの時間を過ごしたわけですが、先週もいろいろ盛りだくさんでした。

まずは、パピークラスがショッピングモールであり、恒例のエスカレーターの練習をしました。
平日のショッピングモールは人道りもまばらで、大人数の訓練でも比較的簡単に行えます。

021412-1.jpg

犬たちの方も、ほぼ全員が問題なくエスカレーターの乗り降りをすることができました。

こないだまでちびっ子だった子たちが、見るたびに大きくなっていくのを見ると、犬の成長は恐ろしく速いと、改めて感じます。


こちらは、生徒と犬たち。
右がナイキで、左がニム。

021412-2.jpg

どっちも、私が担当していた子ですが、この子たちの卒業も、そろそろ見えるところまでやってきました。

犬たちも、生徒たちも、パピーホームの人たちも、みんなで1つのことをやり遂げるために、毎日がんばっております。

Bit by Bit

2012/02/09 Thu

新しいキャンパスに引っ越しを初めて一ヶ月。
毎日、少しずつ『構想を練りつつ、箱を開けて、場所を探して、必要なものを持ってきて、もしくはいらないものを移動して、整理する』を繰り返し、とりあえず、学校の8割ほどは機能できるような状態にまでなりました。

私の担当した犬の部屋はこうなりました。

020912-1.jpg

このアングルからは部屋のなかに小さな部屋が2つしか見えませんが、実際には4つあり、真ん中にクレートが並んでいます。

そして見えていな2つの部屋はドアから外に出れるようになっていて、フェンスで周りを囲みました。

020912-3.jpg

トレーニングルームはきれいに整頓して、広々と犬の訓練ができるようになりました。

020912-4.jpg

図書室もボランティアの人たちががんばって整理してくれたおかげで、生徒たちが静かに勉強できる部屋ができました。

020912-5.jpg

その他にも、生徒の教室、スタッフのオフィス、カフェテリアなども、できあがりました。

子犬部屋は一時的につくったものなので、どうなるかはまだ検討中ですが、近々、本格的に子犬のお産室&子犬部屋、そして大きな子犬専用のトレーニンングルームが出来上がる予定です。

020912-7.jpg

というのも、今月末に新しい子犬が生まれる予定なのです。
ママは、ロビンちゃん。

020912-8.jpg

今回、初めてのお産ですが、元気な子犬を生んでくれることを願っています。

年月

2012/02/05 Sun

今週も、なんだかあっという間に過ぎていって、振り返ってみたら何があったのかよく覚えてないぐらい忙しかったような気がします。

私は予定を携帯やパソコンに入れて管理できなく、いまだに『手帳』というもの使っている二十代の女です。
しかも、この習慣は私が12歳のときから始めたので、かれこれ15年以上は続けています。

この習慣は、予定を忘れないためだけではなく、私の日記のようなもので、日々の写真と合わせると、たいていの思い出は思い出せるようになっています。
なので、今週の予定を振返ってみると。。。

月曜日、学校の通常授業開始。
准学士生のみんなは、前学期から4ヶ月間ほど担当していた犬とお別れをし、新しい担当の犬が発表されました。
犬との別れに(といっても別の生徒が担当するので、毎日目にすることはできるのですが、、、)涙する生徒続出でしたが、でも、みんな新しい犬との出会いに喜んでいました。

火曜日、Dog Meeting
みんなに新しい担当犬が発表されたばかりですが、いくつか問題があり、ミーティング。
うちの学校のミーティングはだれかさんがとてもよく脱線して話を始めてしまうので、気をつけないと始まりとは全く別の内容を延々に話し合うことになってしまいます。
それを、がんばってもどすのが私の役目です。
ここらへん、日本人です。

水曜日、イーソン&エルドリッジ
エルドリッジが元兵士のプログラムに参加することになり、この日担当の訓練士がエルドリッジをもらいにやってきました。
この子は、子犬の頃から学校で過ごしてきた時間が兄弟の中で一番長いので、学校のスタッフも生徒も寂しがっていましたが、私はこの子にとってこのプログラムはとてもいい経験になるとおもっています。

020512-7

このプログラムに先に参加しているイーソンも、久しぶりに学校にやってきました。
子供の頃は、とってもかわいい子でしたが、、、、

020512-6.jpg

いまではとっても男らしくたくましくなりました。

020512-1.jpg

イーソンもエルドリッジもがんばってね。

木曜日、この日は初めて学校の生徒をつれて、少年院のドッグトレーニングプログラムに行きました。
来週から毎日、グループにわかれて、私と一緒に生徒の指導をすることになります。
でも、初めの数週間は、私が彼らに指導の指導をしなければならないのですが。。。

金曜日~週末
日本でもインフルエンザがはやっているようですが、うちの学校のいぬたちのなかでも胃腸風邪がはやっているようで、毎日一匹ずつ、嘔吐&下痢&食欲がない犬たちが出てきています。
でも、24時間ぐらいで、何事もなかったように元気になるのですが、、、

020512-5.jpg
(部屋に3匹持ち帰って、様子を見ながら就寝。。。)

それでも、下痢は数日続くので、白米を与えています。
一匹一匹の調子を見ながら、週末は犬たちの世話に明け暮れておりました。

それでも、レスキューグループのドッグトレーニングにしっかりと行き、今週ははじめてグレートデンをトレーニングしました。
まだ、若いので成長段階ですが、肩の高さが私の腰ぐらいあります。

020512-2.jpg

おやつで『伏せ』を教えようとしたのですが、足が非常に長いため、普通の犬の5倍ぐらい時間がかかります。
小さい馬に『伏せ』を教えているようなものです。

020512-3.jpg

レスキューグループの犬は入れ替わりが早いので、毎週末どんな犬がいるのか、楽しみにしながら、トレーニングに出かけています。


おっと、もう一つ大事なことが!

私事ですが、おばさんになりました。
弟とお嫁さんに息子が生まれたようです。
予定日より1ヶ月ほど早かったようですが、母子ともに元気なようです。

本当に、月日がたつのは早いですね。
でも、一日一日、一生懸命がんばりましょう!

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。