スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナーと子犬

2012/01/31 Tue

先週の金曜日から3日間、今月の上旬に学校に講義に来てくださったDr.ダンバー(と呼ぶと怒られるので、イアンと呼ばせていただきます)のセミナーに行ってきました。

開催されたのは、バークレーというサンフランシスコのベイエリア内の町で、車で約1時間半ぐらいで行くことができます。
しかし、3日間、毎朝1時間半運転して、8時間のセミナーの後、また1時間半運転して帰るのは大変なので、学校の生徒の実家にお泊まりさせていただきました。

その生徒と家族はインドネシア人なので、一緒に本格中華を食べにいき、アジアントークに花が咲き、久しぶりにアジア人としての週末を満喫しました。


さて、セミナーの方は、うちの学校で行われた一日の講義を3日間に延ばしたようなかんじで、イアンはパワーポイントも使わず、ひたすらしゃべりっ放し。
一日8時間、計24時間。
よくスライドを使わず、頭の中にあるものだけでしゃべれるものだと、ノートを取りながら感心するばかりです。

013112-4.jpg

セミナーの内容はイアンが30年間教え続けてきたペットドッグトレーニングの理論と方法。

2日目の夜には、その30年を祝うパーティーもありました。
巨大なティラミスケーキのデコレーションはイアンの好きな葉巻?(笑)

013112-6

学校での講義のときも感じましたが、彼のドッグトレーニングは私が信じるドッグトレーニングに似ているだけではなく、いかにシンプルかつ簡単にみんなが実践できるかを重視したものです。
しかしながら、ドッグトレーナーとしてそれがどのような理論で、どのような根拠を持って実践されなければならないのかを、分かりやすく教えてくださいました。

013112-2.jpg

さらにイアンは、お金儲けや地位のために講義をしたり本を出版するのではなく、本当に心からたくさんのひとにドッグトレーニングの素晴らしさ、必要性を知ってもらうために、日々世界中を飛び回っておられるのだと感じました。

日本にも毎年行かれているので、ぜひチェックしてみてください。
K9ゲーム/トレーニング

013112-5.jpg
(一緒に3日間講義をきいた、ゼイン)


さて、この引っ越しや新学期で忙しいときに、マネージャーが子犬を連れてきてしまいました。
大きい方:ゴールデン、オス、11週、オーソ
小さい方:ゴールデン、オス、9週、オーランド

013112-1.jpg

もう明日から2月。
引っ越しを初めて3週間。
そろそろ落ち着いて仕事がしたいのですが。。。
スポンサーサイト

誕生日

2012/01/24 Tue

タイトルそのまんまですが、24日の今日は私の誕生日でした。
といっても、日本ではすでに25日なので、昨日が本当の誕生日ですが。。。

私はこれといって特別なことは何もしなかったのですが、フェイスブックの友達からたくさんHappy Birthdayメールが届いたのと、学校ではお昼にみんなにHappy Birthdayの歌を歌ってもらい、ケーキとパイが用意されていました。
でも、学校のお祝いは、誕生日が2日違いの校長と合同なのですが。

あえて特別なことといえば、週末に自分へのプレゼントとして新しい靴とブーツ(?)を買ったのと(といっても、ビックリするぐらい安い靴なのですが)、自分で自分の好きなパイを焼いて、みんなで食べたことぐらいでしょうか?

012412-2.jpg

まぁ、あえて暴露してしまうと、私も『アラサー』といわれる年齢になってしまったわけで、そろそろちゃんと自分の居場所を探さなければとと思っています。
もうアメリカ生活も8年目で、たいていの人は(親も含め)、私はこれからもずっとアメリカにいるもんだと思っているらしいのですが、実は私は日本に帰る気まんまんなのです。

『日本に帰って、自分のやりたいことをやりたいように日本でやる』
それが、私の次の目標であり、私の居場所になるであろうと思っています。

もちろん、アメリカは好きだし、はっきり言ってやりやすいし、学校のスタッフをはじめ、たくさんの人が私にずっとここにいてほしいと思っているのもわかるけど、でも、ここは私の居場所じゃないんです。


私は、目標は掲げるけどその期限は決めないので、いつのことになるかはわかりませんが、日本に帰った時は、日本の皆さん、よろしくお願いします。
そして、その時は、みなさんに私の授業を聞いてもらえたらと思っています。

012412-3.jpg

がんばって日本語で授業しますんで。。。(笑)


そして、この場をかりて、、、

私がまた1つ誕生日を迎えられたのも、日々助けてくださる周りの方々のおかげだと、感謝しております。
そして、2?年前の今日、私を無事に(未熟児だったのであまり無事ではありませんでしたが)生んでくれて、元気に育ててくれた両親のおかげだと感謝しています。

012412-1.jpg

ありがとうございます

雨上がり

2012/01/21 Sat

今週は長かった~。

月曜日から新学期がスタートしたのですが、新しい学校への引っ越しが完全に終わってないので、朝の犬舎係を請け負い、人と犬の送迎をしつつ引っ越し作業をし、しかも、パピーホームから犬が7匹帰ってきて、生徒たちに新しい犬の振り当てを考えて、さらに、校舎のアレンジプランを変えるか変えないかでもめながら、プラス、ちょっと別の仕事を請け負ってしまい、無駄にウロウロし、どっと疲れた一週間でした。

それに、数日ほど今まで降ってなかった分を取り戻すかのように大雨がふり、気分もダウン。。。

私はストレスがたまったり、疲れると、風邪を引く体質なのですが、一人のスタッフが風邪気味だったこともあり、私も昨日の夜から微妙に風邪気味。
そんな時は、ドッグトレーニング!!ということで、今日は雨があがったのを見計らって、犬たちに会いにいってきました。

012112-2.jpg
(雨上がりの空はきれいです)

風邪気味の時は家でおとなしくというのが普通なのでしょうが、うちの家では『風邪の時は動いて治せ』という方針で育ってきました。

それに、毎日、犬と一緒に仕事をしてて、生徒に犬の訓練を教えることはあっても、自分で訓練をする機会はずいぶんと減ったため、週末の犬の保護施設での犬の訓練は私の『癒し(セラピー)』になっています。
週に一度は行っているのですが、来週末は用事が入っているので行けないため、今日は、ちょっと長めの滞在でした。

今日、訓練したのは、見た目がゴールデンレトリーバーが小さくなったような、とってもかわいいジェリーちゃん。

012112-1.jpg

ちょっと気は強いですが、人懐っこく、常にしっぽをフリフリしている、まさにジェリー(ゼリー)。


こちらは、テリアのミックスで、ジャスティンくん。

012112-4.jpg

普通のケージに入れておくと、柵をよじ上ってゲートをジャンプして人に会いにくるという、天才的なエスケイプアーティスト(脱走の名人)
でも、リードをつけると完璧に人の横について歩けるという高い訓練の能力。
面白い子です。


そして、こちらは昨日ここに連れてこられたという、チョコレートラブのミックスの子犬。
たぶん、生後8週ぐらい。

012112-5.jpg

ちょうど子犬が恋しくなっていたので、この子としばらくケージのなかで戯れていました。


さらに今日は、犬を貰いたいとやってきた若いカップルと一緒に、候補の犬のトレーニングとその犬の性格を見せるための散歩にでかけ、里親さんへの対応のお手伝いもしました。
彼らが帰られた後でスタッフが、『たぶん彼らはその子の里親になってくれるだろう』と言っていたので、あの子(下の写真の真ん中のラブのミックス)はそんなに長くこの施設にはいないと思います。

012112-3.jpg

スタッフの方達もボランティアの方達も、この犬たちがここに来るまで、どんな人生(犬生)を送ってきたのかはわからないけど、ここに来た以上、一匹一匹が安心して幸せに暮らせるお家をみつけてあげられるよう、がんばっています。
私もそのお手伝いをさせていただきながら、たくさんのことをこの子たちから学んでいます。


さて、学校の方ですが、もうなんだか一週間いろいろあり過ぎてパンク状態ですが、金曜日の夕方にやっと校長がGO!サインを出したので、私も月曜日から本格的に作業に取りかかれます。

012112-6.jpg
(パピーホームから帰ってきたエンバー(Ember))

はやく、学校が完全に機能できるようにがんばります。

ホコ、ついに旅立ち

2012/01/15 Sun

生後6ヶ月になったホコ。
ついに、明日、パピーホームのお宅に旅立つことになりました。

他の兄弟たちは2ヶ月前に旅立っていきましたが、彼女の性格と、パピーホームのお宅の事情により少し出遅れてしまいました。
しかし、そのおかげで、私も私の名前が名付けられた子犬と、しばらくの時間を過ごすことができました。

今日は、旅立つ前日なので、きれいに洗ってもらい、一緒に買い物にいき、そして、今夜は私のお部屋でお泊まりです。

011512-1.jpg

生まれた時から、一番小さくて、生後4週間ぐらいから他の兄弟たちとはちょっとちがう顔つきになってきて、そして性格も、誰に似たのかちょっと変わりもので、、、

011512-4.jpg
(生後4週)


でも、訓練は大好きでどんどん覚えるのですが、ときどき頑固なところもあり、もう本当に誰に似たのやら。。。(笑)

011512-5.jpg
(生後8週)

ブリーダーに連れて行ってブリーディングをし、妊娠確認をし、出産も一匹残らず立ち会い、そして、世話をして、生徒たちと訓練をして、パピーホームを見つけて送り出す。
このHたちは、私がその全てを初めて任せてもらったレターだから、この子たち全てがパピーホームに旅立っていくことは、私にとって、大きな仕事の達成を意味します。

011512-3.jpg

生後6ヶ月のHたちにとって、介助犬になるためには、これからまだまだ長い道のりが待っていますが、今は、それぞれがそれぞれのパピーホームで大事に育てられ、たくさんの経験をして、1才になる頃に元気で学校に戻ってきてくれることを願っています。


さて、ついに、明日から新学期が始まります。
4週間もあった冬休みですが、課題に、クリスマスに、仕事に、お正月に、引っ越しにと、とってもバタバタして過ごしたので、あっというまでした。

新しい年。
新しい学期。
新しい学校。
新しいグループの犬たち。

これに、新しい子犬が加われば、言うことなしです。
(そろそろ子犬が恋しくなってきました☆)

引っ越しは続く。。。

2012/01/12 Thu

先週は、新しい学校の構想を練ったり、荷造りをしたりしながらおわり、月曜日にやっと新しい学校の鍵がもらえて、火曜日の朝9時に、荷物を積んだトラックが新しい校舎に入りました。

その日の朝に、私も初めて新しい学校の校舎内に入りました。

感想は、、、これはまた大変なことになるな。。。と思いました。
いい意味でも悪い意味でも。。。

いい意味では、格段に学校の校舎が広くなり、これからの生徒さんたちは、いままでよりもさらにのびのびと勉強し、いろいろな経験を積めることになるでしょう。

こちらが、トレーニングルームになるのですが、ルームというよりは体育館です。

011212-1.jpg

でも、床がカーペットなのはなぜ?!

そして、こちらが私が2週間の構想の末、校長のOKがでたドッグルームで、

011212-4.jpg

こちらが、獣医室になる予定の部屋です。

011212-3.jpg

さらに、この部屋が子犬専用のへやになる予定。

011212-2.jpg

この『予定』というのが、私の今の悩みの種。
ここからはちょっと愚痴に入りますが、年末から2週間かけて考えて、何十回と書き直し、やっと校長のOKがでた案が、なんと排水溝の問題で、いまのところストップがかかってしまいました。

011212-6
(ついにOKがでた案)

何十頭もの犬を管理する者にとって、犬の排泄の掃除という者は一番の課題です。
もっとも簡単な掃除の方法は、コンクリートの上にさせ、それを消毒&洗浄することです。
新しい学校にはコンクリートの部分もあり、真ん中にある排水溝にむけて緩やかに斜面になっていて、その部分を工夫すれば犬や子犬の遊び場&排泄場になるだろうと思い、全ての計画を立てていました。
しかしながら、学校の外にある全て排水溝は全て直接川や池につながっているタイプのもので、そこに消毒液を流すことは禁止されています。

011212-5

つまり、今のところ、犬が安全に遊べて、排泄しても洗浄できる場所が学校にありません。
しかも、その排水溝の問題を2日前までだれも私に知らせてくれてなかったんです!!

もう、昨日はそのショックで、久しぶりにすねて、引っ越し作業を半分ボイコットしておりました。
でも、今日はそんなこと言っても仕方ないと、昨日の分も取り返すように引っ越しをがんばりました。


犬と子犬の場所は課題が山積みですが、その他の場所(スタッフのオフィス、教室、トレーニングルーム、会議室、カフェテリアなど)は毎日どんどん完成していき、来週の月曜日にはじまる新学期にはなんとかみんなが授業を受けられそうです。

新しい校舎をみて驚く、みんなの顔が楽しみです。

HOKOビーチデビュー

2012/01/08 Sun

カリフォルニアは、12月上旬ぐらいから2月の終わり頃までは本格的な雨期に入り、『寒くて雨』という気候が普通なのですが、今季は全くといいほど雨が降っておりません。

さらに、寒くもなく、毎日春並みのぼかぼか陽気で、毎日20度近くまで気温が上がります。
今が冬だと忘れてしまうほどです。

週間予報をみてみたのですが、まだ2週間ほどはこんな天気が続くそうで、学校の引っ越しが本格的にはじまる私たちにとってはありがたいのですが、逆に季節外れの大雨が来るのではないか心配しています。

さて、そんないいお天気を思いっきり満喫しようと、久しぶりにビーチに行ってきました。
もちろん、ビーチも快晴!!

010812-8.jpg

風もほとんどなく、最高のお天気!

今回のお供は、ホコ。
ビーチデビューです☆

010812-2.jpg

そして、今回の仲間は、先週から2週間のマスタープログラムに参加している生徒さんたちとその犬たち。

010812-5.jpg

マスターの人たちは、自分たちの犬を学校につれてきているので、うちの学校では見ないような犬たちも含まれています。

ホコはビーチに着き、初めて見るたくさんの犬と人に少しオタオタしていましたが、みんなが走っているのをみて、なんだか分からないけど、とりあえずみんなの後を追って走っておりました。

010812-1.jpg

そのうち、みんなはボールを追いかけているのだということに気づき、海の中にも少しずつ入っていきました。

010812-6.jpg

そして、中盤あたりから、自分でボールを拾えるようになりました。

010812-3.jpg

でも拾ってくるけど、持って帰ってこないというのがほとんどでしたが。。。

今日の波はすこしいつもより高めでしたが、波を怖がることもなく、足の着くとこまでは水の中に入って、子供のようにばしゃばしゃと遊べるようにもなりました。

010812-4.jpg

まぁ、泳げるようになるにはもうちょっと練習が必要でしょうが、警戒心のつよいホコにとってはよく出来たと思います。

ボール遊びのあとは、ビーチを2人でお散歩。
往復5キロほどを、たくさんの人や犬たちと出会いながら、リード無しで、私についてお散歩できました。

010812-7.jpg

オフリードウォークは犬との信頼関係も強くなるし、見知らぬ人や犬も素通りする練習にもなるし、最高の訓練&犬の社会化です。
世界中の至る所に、こうやってオフリードウォークが出来るところがあれば、犬たちの問題行動も軽減し、人も犬ももっと幸せに暮らせることができると思います。

010812-9.jpg

ホコも、今日のビーチで、たくさんのことを学び、とても成長できたと思います。

010812-10.jpg

なによりも、私もホコも楽しい時間を過ごすことができました。


さて、明日から本格的引っ越しです。
がんばります!!

Dr.イアン・ダンバー

2012/01/06 Fri

新年初めの授業にふさわしい教授が、学校に講義に来てくださいました。
イアン・ダンバー教授です。

010512-4.jpg

イアン教授は、獣医であり、動物行動学者であり、ドッグトレーナーであり、そして、世界に何千人ものメンバーがいるThe Association of Pet Dog Trainer (APDT)の創設者でもあります。
さらに、一年中、アメリカ全土だけではなく世界中に、講義やセミナーに飛び回っておられます。

日本にも一年に一度はセミナーに行っておられるそうなので、イアン教授は日本のことに詳しく、おそらく日本でもたくさんの方が知っておられると思います。

私は教授のことは以前から知っていたのですが、初めてあったのは、10月にサンディエゴで行われたカンフェレンスの時でした。
その時は、2千人ぐらいの観客を前に、一時間程度の短い講義でしたが、今回は20人ほどの教室で8時間、とても興味深い講義をしてくださいました。

010512-1.jpg

、彼の講義には人を引きつけるエンターテンメント性があり、さらに、彼の信じるドッグトレーニングはとても私の信じるドッグトレーニングに似ており、何時間聞いても飽きない要素がにじみ出ています。

そんな彼の講義にほれてしまったので、今月末にある3日間の彼の講義に登録してしまいました☆
また、その時は詳しくお伝えしたいと思います。


さて、3日から、更生施設のクラスも2週間ぶりに再開しました。

010512-3.jpg

私にとってはあっという間の2週間でしたが、生徒たちは、『犬に会えない2週間は長かった』と言ってくれて、犬たちはちゃんと彼女たちの支えになっているんだと思いました。

010512-2.jpg

今年も、元気いっぱい、楽しく、がんばります。

新年、新校舎

2012/01/03 Tue

新年、あけましておめでとうございます。

みなさん、よいお正月をお過ごしでしょうか?

私は、大晦日にかにを食べ、元旦にかにを食べた以外は、まったく通常通りの生活をしており、まだ年が明けたという実感がまったくないありません。

さて、2012年、一番初めのネタには最もふさわしいお知らせがあります。

なんと、うちの学校が引っ越しをします!
しかも、校長が『2週間後に学士生が学校に帰ってくるまでに引っ越しを終える』と言ってしまったので、私たちは今日から引っ越し作業にとりかかります。

新校舎は、今の校舎から車で約15分ほどにある隣町で、以前は、普通の高校では他の生徒と同じペースで授業ができない生徒が通う小さな高校でした。(Continuation high schoolといいます)

010312-1-6

小さいといっても、私たちの今の校舎に比べると2~3倍の敷地面積があります。

もともと学校だったので、教室やオフィスや体育館はそのままあるので、物さえ移動すればすぐにでも授業が始められます。
しかし、問題は犬。

もちろん、普通の高校に犬舎なんてものはなく、どこに犬を置こうか頭を悩ませています。
まぁ、実際に悩んでいるのは私だけで、他の人は、他のことに掛かりっきりになり、私が基本的に犬&子犬の場所をデザインしています。

これが校舎の図形(?)の一部。
010312-3.jpg

それをこういうかんじに。。。

010312-2.jpg

外からみるとこんなかんじ。

010312-5

この一角を、犬&子犬用の建物にしたいと計画しています。

でも、こればかりはやってみないとどうしようもないというか、たぶんやってみて、『これはだめだな。。。』と感じる部分もあとからたくさん出てくるとおもいます。

その時は、その時で、自分のクリエイティビティーをフルに使って、犬にも生徒にもスタッフにもボランティアの人にも使いやすい、いい校舎にしたいと思います。


この芝生に犬たちが駆け回る姿を見れるのも、そう長くはかからないと思います。

010312-4

これからの、学校の発展には欠かせないこのお引っ越し。
がんばります!!

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。