スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年→2012年

2011/12/31 Sat

こちらも、やっとあと2時間で新しい年になります。
その前にちゃんと今年の振り返りをしたいと思います。

タイトルは『今年の出来事トップ5(ファイブ)!』

第5位!
『O.Aさんとの出会い』
日本人のフォトジャーナリストさんで、学校の更生施設のプログラムを通じて知り合いになりました。
初めてお会いしたのは去年ですが、今年に入り、プログラムの間だけでなく、一緒にご飯をいただいたりなどして、本当にたくさんのことを話し、教えていただき、そして、その中で私のこれからの目標がとても具体的になりました。

123111-5.jpg

この出会いは、私の将来に必ず大きな影響を与えてくれると思います。
O.Aさん、これからも末永くよろしくお願いします。

第4位!
『アンジーとの出会い』
久しぶりに会った、私の性格にバッチリ合ってしまった犬。

123111-4.jpg

たった3ヶ月しか一緒に過ごせなかったけど、その過ごした時間は本当に楽しかった。
それに、この子に出会えたおかげで、自分の足りないとことか、やりたいこととかが見つけられた気がする。
詳しくはこちらを→『アンジーとの夏

第3位!
『引っ越し』
3年半暮らした家を引っ越し、それと同時に4年近くやったヘルパーをやめました。
引っ越しのさいはいろいろありましたが、いい新しい家もみつかり、自分の時間に余裕ができ、自由に行動できるようになりました。

123111-6.jpg

引っ越しは自分の次のステップには欠かせない難関でしたが、達成できました。

第2位!
『新しい仕事』
年の初めにマネージャーがこの学校から離れることになり、それまでの4年間、彼女の金魚のふんとして働いていた私が、彼女の仕事の半分を任されることになりました。
その中でも、最も大きい仕事がパピーパレレンツコーディネーター。
どんどん増えるパピーレイザーを一人で管理し、一時はその数が30を超えた時もありました。
仕事は大変だったけど、この仕事をしていて本当に楽しいと思うこともたくさんありました。
詳しくはこちらを→『今年最後のパピークラス

123111-7.jpg

そして、もう一つ大きな仕事は、准学士生のインストラクター。
今までは補佐としてやっていましたが、今年の夏ぐらいから一人で授業を任せられることも増え、生徒への犬の振り当てや訓練状況の管理もしはじめました。

今年に入り、とても責任のある新しい仕事を任せられたことで、さらに成長でき、これはとても大きな一歩だったとおもいます。


第1位!
『テレビに出演!』
8月の上旬に関西テレビの『ぐっと地球便』という番組に出演させていただきました。

123111-1.jpg

撮影は、日々の生活をそのまんま撮ってくださったので、本当にこれがテレビになるんだろうかというかんじでしたが、最終日に家からのお土産と両親からの手紙をいただいき、とても感動しました。

123111-2.jpg

そして、その一ヶ月半後の放送終了時には、たくさんのかたからメールをいただき、それでまた感動しました。
テレビに出させていただくなんて、一生に何度もあることではないので、本当に貴重な体験をさせていただきました。
詳しくはこちらを→『放送終了、裏話


しかし、もっとも重要なことは、2011年もけがもなく病気もなく元気ですごせ、そして、周りの人々の支えに恵まれながら、忙しくも楽しい一年だったと思います。
日本で大震災があったからこそ、普通の生活が出来る喜びを、あらためて忘れないようにと思っています。

あと、30分ほどで新しい年になりますが、来年も私らしく常に前を向きながら、一生懸命歩んでいきたいとおもいます。

みなさん、今年も『24時間、レトリーバーと一緒』を読んでいただき、ありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。

HOKO

スポンサーサイト

二泊三日のお気楽旅行

2011/12/30 Fri

クリスマスが終わったと思ったら、あっという間にお正月ですね。

ついさっき日本の実家に電話したら、大晦日の今日は、朝からお餅を作っていたそうです。
つい先週のことですが、久しぶりにいったジャパニーズマーケットで普通のお米だと思って買ったお米が、開けてみたら実は餅米だったというドジなことをしてしまい、おかあさんに、『どうしよう』と聞いたら、『ぼたもち(大福おはぎ)とか、赤飯とかつくればいいやん』と言われてしまいました。

でも、一人で作れる自信がないし、つくってそれを一人で食べるのもなんだか寂しい気が。。。

まぁ、私の餅米の心配は後回しにするとして、今日は28日から二泊三日で南カリフォルニアのほうへ旅行へ行ってきた話を。

一日目は、5時間ぐらい南下して、ちょっと興味のある犬のプログラムの見学にいき、その日はその町に泊まり

二日目は、さらに3時間ぐらい南下して、最近日本から引っ越してきた友達に久しぶりに会い、その日は家に泊まらせてもらい、

三日目は、友達と一緒にちょっと遅めの朝食を食べて、8時間ぐらいかけて北上し、家に帰ってきました。


一日目と二日目に南下するさい、今回は初めて海沿いの道(101)を使いました。

山越えのときは森の中の大きな池がみえたり、山を終えると、海岸沿いの道をひたすら走ったり、、、

123011-1.jpg

さらに、お天気もよく暑いくらいだったので、窓を開けて外の空気を感じながらのドライブは最高でした。

123011-2.jpg

ロサンゼルスについて、友達との待ち合わせ場所はアートギャラリー。
様々な芸術作品を展示&販売していて、なんだかさすがロサンゼルス(都会)といったかんじ。

私のお気に入りは、この石とひもを使った作品。

123011-5.jpg
ひもをネットのように天井からつるし、その中に石が入っている

123011-3.jpg
大きな壁一面に円状に糸が張り巡らされていて、真ん中に石が突き出ている

123011-4.jpg
部屋の全面から糸を張り巡らせて、真ん中の石に絡ませて、石は宙に浮いている状態。

これらの作品、背着剤とかは使ってなくって、一本の糸と石とひもを壁にかけるためのたくさんの小さなピンで出きているらしく、しかも、この作品を買ったら、家まで来てこれを自分の家に作ってくれるらしい。

どんな家を持てば、この作品を家に置けるようになるんだらろう。。。


夕方は、有名らしいサンタモニカビーチに夕日を見に行ったのですが、ここに長い間住んでいる友達でもこんなのは見たことがないというほど、サンフランシスコなみの濃い霧にみまわれ、まったく夕焼けは見れませんでした。

123011-8.jpg

でも、そのかわりといってはなんですが、2人でコリアンタウンへ韓国料理を食べにいき、初めてスンドブ(豆腐入りチゲ)たるものをいただき、それがとってもおいしかったので、大満足でした。

123011-9.jpg

そして、今日はロスから8時間ほどかけて帰ってきました。

帰り道は行きとは違い、とっても殺風景な道をひたすらまっすぐ北上。

123011-10.jpg

距離にすると700キロぐらい。
ちょっと調べてみたら、実家の滋賀県からから東北自動車道で青森まで行ける距離です。
でも、本当に車で青森まで行こうと思ったら、一日では無理でしょうが。。。(笑)


日本のみなさんは、今年も残すところ、紅白を見て年越しそばを食べるだけだと思いますが、こちらは、まだ大晦日にもなっていません。
それに、正月ってかんじが全くしないのが、アメリカの年越しの悲しいところです。

クリスマスツリー

2011/12/26 Mon

みなさん、クリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか?
日本は、雪、雪、雪、で私の実家でも、ホワイトクリスマスだったのではないかと思います。
まだ、雪は降り続いているようなので、みなさん、お出かけの際はお気をつけ下さい。

さて、こちらも昨日、クリスマスが終わりました。

私は、数カ月前まで住んでいた家で、去年と同じように過ごしました。
久しぶりに帰ってくる私の第三の家は、何も変わっておらず、やっぱり落ち着きます。

122611-4.jpg

クリスマスイブは、みんなで知り合いのお家で、そしてクリスマスは家でおいしいディナーをいただきました。

122611-5.jpg

もちろんワインも☆
1995年のワインを開けました。

122611-6.jpg

そして、クリスマスと言えばツリー。
今年のクリスマスツリーは例年にも増して立派です。

こちらは、イブにお邪魔したお知り合いの家のツリー。

122611-3.jpg

そして、こちらは家のツリー。

122611-7.jpg

どちらのツリーも、どうやって家の中に入れたのか分からないほど大きなツリー。
もちろん、木は本物です。

『日本のツリーはみんな偽物なんだよ』っていったら、『じゃあ、日本で本物のクリスマスツリーが欲しかったらどうするの?』と聞かれました。
日本で、本物のクリスマスツリーって売ってるのかな?


そんなかんじで、アメリカ8度目のクリスマスも終了しました。

日本は、クリスマスが終われば、お正月ムードが一気にやってきますが、こちらはこのクリスマスムードがダラダラと続きます。


犬のブログなのに、犬を載せないと怒られそうなので。。。

こちらは、ナイキとダラス。
休暇中は生徒と一緒に過ごしているのですが、クリスマスの間だけ学校でお留守番です。

122611-2.jpg

こちらは、大きくなったホコです。
もうすぐ6ヶ月です。

122611-1.jpg

相変わらず、トラブルメーカーです。
誰に似たのやら。。。(笑)

FlickrにHたちの子犬の写真をアップロードしたので、また見てくださいね。
(リンクは右のバーナーにあります)

20ページ!!

2011/12/24 Sat

みなさん、メリークリスマス!
こちらはまだイブですが。。。

さて、卒業式が終わって私は何をしていたかというと、ひたすら論文を書いていました。

前に一度、『もうひとつの論文を10日までに仕上げなくてはいけない』と言っていましたが、共同訓練のまっただ中に論文を書ける暇はなく、結局、教授に『締め切りは過ぎましたが、まだ途中なので待ってください』ってお願いしたら、あっさりと『期日よりも内容だから、出来るだけ早く書いて出してくれたらいいよ』といってもらいました。

122411-3.jpg

そして、卒業式が終わってから、学校の寮に泊まり込みで、論文を書いておりました。
家に帰るとどうしても気が散ってしまうので、休暇に入りひとけの少なくなった寮の一室で、文字通り缶詰状態でした。

知り合いに、作家さんがおられるのですが、その方の気持ちが何となくわかったような気がしました。

122411-2.jpg
(ベッドに参考資料を敷き詰めることで、寝れない状況を作り出しました。)

そして、6日で20ページ。
書き終えました!!

メールで教授に論文を送って、すぐ家に帰ってきて、昨日は久しぶりに家のベッドで寝ました。

これで心置きなくクリスマスをエンジョイできます。



さて、学校の方ですが、今年最後の少年更生施設の授業も22日におわりました。
来年まで約10日間のお休みです。

122411-1.jpg
(更生施設の生徒たち)

今年も毎日、みんな一緒に訓練をして、みんなでたくさん笑いました。
そして、卒業式には、ステージでデモンストレーションをし、たくさんの人からの拍手をもらい、彼らの励みにもなったと思います。

来年も、チームワークと向上心を忘れずに、がんばります。



クリスマスですが、仕事が恋人の私はのろけたことは全くありませんが、自分のために自分でプレゼントを買いました。

☆☆☆カメラ☆☆☆

122411-4.jpg

3-4年前に親に買ってもらったカメラは、最近調子がわるく、使っている最中に電源がきれたり、光の調節が合わなくなったりして、ここ最近の私の趣味の写真のクオリティーが下がっていていたのですが、これを機に、前から目を付けていたカメラを買いました。

休日はこのカメラで遊ばさせていただきます。

今日は、知り合いの家でイブのディナーをいただくことになっているので、そろそろ出発します。

みなさん、よいクリスマスをお過ごしください。

2011年、最後の卒業式

2011/12/17 Sat

今日は、2011年度、最後の(3度目の)卒業式でした。

今回は、修士課程から3名の生徒が卒業しました。

121711-1.jpg

私も、全てうまく行けば、来年のこの卒業式に修士課程を終え卒業を迎える予定なのですが、、、
まぁ、そうなるように、あと一年がんばるのみです。

そして、今回は準学士生、学士生の卒業生はいなかったので、残りは4組の介助犬チームの卒業式でした。

犬をステージの上につれていき、チームとなったクライアンツさんに手渡すのは、パピーペアレンツとしてその犬を子犬のときに育てた家族の人たちです。

121711-2.jpg

もちろん、自分が育てた犬が卒業していくのは寂しいことですが、ステージの上に上がると同時に犬がクライアンツさんのものに駆け寄っていく姿をみると、そんな寂しさもうれしさに変わります。

121711-3.jpg

式のあとは、卒業生、講師、今回の共同訓練をやり遂げた在学生たち、クライアンツと犬たちとその家族、そのパピーペアレンツさんたち、みんな集まって、賑やかなディナーをいただきました。

121711-4.jpg

私は、この犬たちが生まれた時からずっと知っているので、この子たちがこんなに立派に成長し、卒業していくことを誇りに思います。
最後は、一匹一匹に『○○がいなくなるのは寂しいけど、これからは新しいママ/パパの言うことをしっかり聞いて、幸せな犬生(人生)をおくってね』というのが私の儀式です。


犬は人の人生を変える力がある。


それを、その場にいたみんなは知っています。
でも、それをまだ知らない世界中の人たちに知ってもらうことが、私たちの使命です。

道のりは長いけれど、卒業式の数を重ねるたびに仲間(うちの学校では家族といいます)を作り、それを少しずつ広めていく。
その輪の中にいられることが、私の幸せです。


さて、あしたから冬休み。
準学士生と学士生は、約一ヶ月のお休みです。

みんな、また来年会いましょう!

寒い水曜日の訓練

2011/12/14 Wed

水曜日の訓練が終了しました。

共同訓練、2週目の水曜日は午後から始まり、みんなで(もちろん犬も一緒に)映画を見に行き、そしてグループに別れて公共のバスに乗り、そして夕方の混雑した商店街を抜け、そしてみんなで夕食をとるという日程です。

最近、日が暮れるのがとても早くなり、みんながバスを下車したころ(4時半)には、日が暮れてきれいな夕空が広がっていました。

121411-2.jpg

夕飯はみんなでレストランへ。
訓練に参加している人やその家族、生徒全員に、講師、みんなが集まると30人ほどになり、レストランの一角を貸し切ってもらっても入りきらず、講師陣はそとの席に追い出されてしまいました。

121411-3.jpg

そして、この日の訓練担当の生徒が、大人数になるため団体用のバフェスタイルのディナーを予約したらしく、ものすごく大きいピザが出てきました。

121411-4.jpg

一枚で、40切れ分のピザ。
それが2枚。

その上、巨大サラダが2種類に、巨大ミートボールに、大量パスタ。
30人が一生懸命食べても、3分の1ほどはお持ち帰りをすることになりました。

水曜日の訓練はとても長く、さらに今日は冷え込んだため、大変な訓練でしたが、最後はみんなで一緒においしい夕食をいただき、とても楽しかったです。

今回の生徒たちはとても準備もよく、気配りも良くできるので、初めての共同訓練とは思えないぐらいよくやっていると思います。
この生徒たちは、来学期(4ヶ月間)も一緒に過ごし、共に学び、そして、まだまだ成長してくれることでしょう。
そして、次の共同訓練はどんなすばらしいものを見せてくれるのか、本当に楽しみです。


みんなが訓練をしている間、訓練に参加できない若い犬たちは学校でお留守番です。

右のブラックラブはアレックスで、今回卒業するクリシーの娘なのですが、クリシーと同じようにジャングルジムの棒にあごを乗せるのがクセです。

121411-1.jpg

アレックスはママのように、立派な介助犬になれるかな?

生徒だけでなく、犬たちも一緒に立派に成長してくれることを願っています。

さて、卒業式まであと3日!

残り一週間

2011/12/10 Sat

やっと、共同訓練一週間目が修了しました。

今回は、久しぶりに一日中、生徒たちと一緒にがんばっているもんだから、毎日帰ってきたら、他のことは何も出来ずに寝てしまう日々が続いていました。

月曜日はウェルカムディナーがあったので、帰ってきたら8時半で、
火曜日はマッチング(組み合わせ)があったので、帰ってきたら9時で、
水曜日は放課後緊急ミーティングがあり帰ってきたら7時半で、
木曜日と金曜日は、何をしたのか覚えていないけど、帰ってきたら7時ぐらいで、
そして、土曜日の今日は初めての校外訓練で帰ってきたら6時でした。

121011-1.jpg

まぁ、非常に良く働く日本人にとっては、週6日、一日12時間労働なんてあたりまえなんでしょうけど、アメリカ人とって、このスケジュールは非常にあり得ない労働時間なんです。

まぁ、こんなんで嘆いてる私は、すでに日本人失格でしょうか?

でも、疲れるのは労働時間だけがが理由ではなく、今回のクライアンツと犬たちは、この仕事6年目の私でさえ、そしてこの仕事三十何年の校長でさえ、頭を悩ませるような難しい訓練になっているのが理由の1つです。

でも、こうゆう難しい状況だからこそ、みんなで考え、意見を出し合い、答えを導きだしていくことが、生徒たちにとっても私にとってもとてもいい勉強になっています。

卒業式は、一週間後の土曜日。

私たちが出来ることは、ただ信じてチームを少しずつスタートラインに導いてあげること。
そして、その先は、彼らだけの道が永遠と続いていくから、そのための準備をしてあげること。

でも、長い道のりを歩いていくには、万全の準備が必要不可欠。

忘れ物なしでみんながスタートラインにたてるよう、みんなでがんばっています。

2011年秋、共同訓練

2011/12/05 Mon

今日から今年最後(3回目)の共同訓練がはじまりました。

8月に入学してきた生徒さんたちにとってはこれが初めての共同訓練。
先週から、みんなで放課後遅くまでのこって、ミーティング、準備、練習などがんばっていました。
このクラスは初めからみんな仲がいいだけでなく、チームワークもいいので、私たち講師たちもどんな訓練になるのか期待しています。

120511-3.jpg

この訓練に参加しているのはこの8匹。
ほとんどが、私のブログに一度はでてきたことのある犬たちだと思います。

120511-1.jpg
(オリー、ノーラ、ニム、ヤロー、ホワイト、ゼイン、クリシー、ヤッチー)

以前に担当したことのある犬はオリーとゼインを子供のときに、ノーラとクリシーは妊娠&出産の時に、そしてニムは今年にはいってから長い間一緒に過ごしました。

全ての犬が卒業する訳ではないですが、この2週間はみんなでがんばって訓練をし、そして、2週間後には人生のパートナーとなる人と一緒に卒業する予定です。

そんなことは知らず、冬なのにぽかぽか陽気の中、のんきに骨をかじってくつろいでいるニムとゼインです。

120511-2.jpg

この2週間は、笑いあり涙ありのドラマの連続。
でも、卒業式にはみんなで笑顔で送り出せるよう、がんばります。

今年最後のパピークラス

2011/12/01 Thu

昨日は、今年最後のパピークラスがありました。

120111-1.jpg

『今年最後』なんて言うと、今年も残るところあと一ヶ月という感覚が、グンと増しますね。

いまから今年の振り返りなんてすると、気が早いと言われそうな気もしますが、私が今年に入ってやり始め、一番がんばった仕事は、パピーペアレンツのコーディネーターだったと思います。

うちの学校では、パピーレイザーのことを、ハピーペアレンツといいます。
他の協会では、パピーホームとか、フォスターホームともいわれます。

簡単に言うと、子犬を3~4ヶ月ごろから一才になるころまで預かり、家族の一員としてそだててくださる一般のボランティアさんたちです。

去年までは、ドッグマネージャーのアシスタントとして手伝っていましたが、今年に入り、私がコーディネーターとしてボランティア希望の家族の面接から、家庭訪問、子犬のマッチング、月に二回のパピークラスに、メールや電話での犬の問題の対応などの仕事を任されました。

120111-6.jpg
学校でのパピークラスの様子

パピーペアレンツに預けられている犬たちは、常時15~25匹ほど。
その一匹一匹の問題や、それぞれの家庭環境を考慮しながら、コーディネートとすることは大変ですが、家族のみなさんが子犬の成長をうれしそうに話してくれたり、一緒に旅行に行った時の写真を送ってくださったりすると、とてもやりがいのある仕事だと感じます。

120111-4.jpg
ショッピングモールでパピークラスをし、エスカレーターの練習

それに、育てた犬を訓練のために学校に戻しにこられるときに、みなさん本当に寂しがられるのですが、それと同時に、『とてもいい経験をさせてもらった』といっていただき、さらに『次の子犬はいつもらえるのか』と、1匹育てた後でも、2匹目、3匹目と、パピーペアレンツを続けていただけるご家族が本当に多く、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

120111-2.jpg

今年のパピークラスは昨日で最後ですが、学校が休みの間もパピーペアレンツコーディネーターの仕事は続きます。

でも、私、こうやって人と犬をつなげる仕事、本当に好きだと、この仕事を通じて改めて感じました。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。