スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピーハロウィーン2011

2011/10/31 Mon

アメリカに来て、8度目のハロウィーン。
いや、ほんとにこんなにアメリカに長くいるとは思わなかったです。

今年も、ちかくのかぼちゃ畑に行ってきました。
週末に、ハロウィーンのためにかぼちゃを買いにくる家族連れでにぎわいます。
ほとんどのかぼちゃは、ハロウィーンのために彫刻(?)されるので、食べられることはほとんどありません。

103111-3.jpg

しかし、このかぼちゃ畑で日本のかぼちゃを発見!
札には『Kabocha』と書かれていました。
そして、思わず衝動買い!

103111-4.jpg

私はかぼちゃの煮物が大好きです。
しかし、自分でかぼちゃの煮物を作ったことはありませんでした。
インターネットで作り方を検索して、アメリカのかぼちゃだからとあまり期待をせずに料理してみました。

103111-5.jpg

そしたらなんと、非常においしくできあがったのです。

103111-6.jpg

私の料理は、母親譲りの超目分量な料理なのですが、それでも初めてでおいしく出来たのはおそらくかぼちゃの質が良かったからであり、決して私の腕ではないと思います。

さて、カンフェレンスから帰ってきてからの2週間は、ほぼ毎日子犬をとっかえひっかえ家にお持ち帰りしていました。

103111-2.jpg
(かぼちゃとハローウェル)

10月末には子犬たちがパピーホームに行く日が迫っており、それぞれのパピーホームの家庭環境や生活スタイルに合った子犬を選らぶのは私の仕事。
だから、それぞれの子犬の性格やクセをしるために、久しぶりに子犬と一緒に生活をしていました。

103111-7.jpg
(ヘイスティングとスタバ)

そして、今日(10月31日)の時点で、残り2匹を残して、無事みんなパピーホームに旅立っていきました。

103111-1.jpg

また、私が一から担当した子犬たちが大きくなって、人生の次のステップに旅立っていきました。

今のところ、妊娠している犬はいないので、最低でも新年までは子犬無しの生活です。
スポンサーサイト

Trip Day 5-9 (Conference)

2011/10/23 Sun

更新がご無沙汰でした。
カンフェレンスが終わって一週間、帰ってくるのもバタバタ、帰ってきてからもバタバタで、結局一週間遅れの更新になってしまいました。

さて、旅行の5日目に始まったカンフェレンス。
5日間の日程で、朝の8時間から夕方の5時まで毎日びっしり。
昼食の時間を使ってまで、ミニミーティングがあちこちで行われていたので、頭の整理が出来ないまま一日一日と過ぎていき、あっというまの5日間でした。

このカンフェレンスは、Association of Pet Dog Trainers (APDT)という団体が毎年、アメリカで行っているもので、アメリカ国内はもちろん、海外からもたくさんの参加者がこられるほど、とても大規模なカンフェレンスです。
正確な人数はわかりませんが、ざっと見ただけで千人以上の参加者がいたと思います。

102311-2.jpg

カンフェレンスの内容は、主にペットの犬を訓練するトレーナーの教育と意見交換の場所なので、家庭犬の問題行動の見分け方や、対処の仕方、様々な訓練方法、トレーニングクラスの構成のしかたなどが主で、その他にも、保健所の犬の対処法や、性格行動テスト、身体と精神面の向上にむけた犬舎の構成など、ありとあらゆる部門の専門家が、参加者に講義をしてくださいました。

102311-13.jpg

カンフェレンス中のサンディエゴはとてもいいお天気で、毎日30度近く気温が上がるほどいいお天気でした。
しかし、そんないいお天気をよそに、私たちは大きなホテルの一室で、毎日講義。。。
ちょっともったいない気もしましたが、講義内容がそれに勝るほどよかったので、とても満足でした。

それに、毎晩のように、カンフェレンスに来ていたうちの学校の卒業生たちや講師の先生たちと久しぶりの再会を喜び、夕食を食べにいったりなど、本当に楽しい5日間でした。

そして最終日の午後は、一人でサンディエゴ観光。

102311-1.jpg

この船は、USS Midway (ミッドウェイ)という、第二次世界大戦直後に作られた元アメリカ海軍の航空母艦で、今は船全体が博物館。

102311-4.jpg

と、その近くにある、とってもアメリカらしい巨大カップル。

102311-3.jpg

そして、『小さなイタリア』という名前の商店街。

102311-9.jpg

名前のまんま、イタリアレストランがずらっと並ぶ。
もちろん、私もそこでおいしい夕食をいただきました。

102311-10.jpg

もちろん、デザートつきで。

102311-11.jpg

さて、一週間いたサンディエゴ。
2011年度、アメリカのドッグフレンドリータウンの3位の町です。

102311-8.jpg

というのも、犬OKのビーチや商店街がたくさんあるからだそうです。
その証拠に、歩道にこんな物が。

102311-7.jpg

犬のう○ちバッグを無料で提供。
『なくなったら、こちらに連絡を』と書いてあります。

さすが!!

102311-5.jpg

サンディエゴ、またくるからね!!

Trip Day 3(2/2)&4

2011/10/13 Thu

数日ほど、がんばって毎晩更新しようと思っているのですが、途中で断念してしまっていました。
今夜は最後まで書いてしまいます。

さて、(どこからだけ。。。?)サンディエゴ動物園をでてから、次はバルボア公園に行きました。
この地域は、とても古い建物が残っていて、その建物を未だにミュージアムや劇場として使用しているそうです。

101211-1.jpg

水辺には、様々な蓮の花があり、たくさんのコイが泳いで、噴水などもいくつかあります。

101211-2.jpg

とても市内のど真ん中にあるとは思えないような、絵になる景色や建物ばかりで、なんだか異空間に来たような感覚です。

101211-3.jpg

ちょうど夕方で、日の光が建物にあたり、とてもきれいな写真がたくさん撮れました。
全てを載せられないのが残念です。

そして、高速道路にかかる歩道橋をわたり(向こう側に見えるのはサンディエゴの町です)、ドッグパークに立ち寄りました。

101211-5.jpg

犬好きの私たちにとって、ドッグパークは最高の遊び場で、自分たちが犬と一緒じゃなくても行きます。
というか、犬が一緒じゃない方が他の犬たちと戯れるので、犬無しで行く方が多いです。

101211-6.jpg

私たちがドッグパークですることは、犬&飼い主観察。
犬と犬、人と犬が遊んでいるのを見ながら、好きな犬を選んだり、好きな飼い主を選んだりしながら、こーだあーだとしゃべっているだけで、何時間も過ごせてしまうのが、私たちのいいところというか悪いところというか。。。

101211-4.jpg

サンディエゴはドッグフレンドリーの町で有名で、町の至る所に犬を連れて歩く人たちをみます。
もちろん、犬たちはよく教育(訓練&社会化)されているので、町中で犬たちが問題を起こすようなことはありません。
この町のように、犬と人が過ごしやすい町が1つでも増えていくことを願っています。

さて、その夜は友達(サラ)のお家に泊まらせてもらい、次の日はサンディエゴの町中から約1時間ほど離れた小さな町、ジュリアンという町に行きました。

この町はとても小さな町ですが、かわいいお店が建ち並び、なんの目的もなく気軽にぶらぶら出来る、いい町です。

101211-8.jpg
(きれいにデザインされた犬の彫刻を発見)

そして、この町の一番の売りは、アップルパイ。

101211-9.jpg

私のブログを長い間読んでくださっている方はご存知でしょうが、私の趣味は写真とパイつくり。
だから、パイには目がないんです。

大きなアイスクリームといただいたこのアップルパイは、遠くから食べにこられる方がいるのが納得できるほど、おいしかったです。


午後は、ビーチへ。
カンフェレンスが始まると、ゆっくりビーチにきて夕焼けを見ることは出来ないだろうと思い、日の入りの一時間ほど前から準備万端でビーチ入り。

101211-10.jpg

さすが、サンディエゴ。
サーファーが多いです。

101211-12.jpg

私の住んでいるのはカリフォルニアでも北の方なので、海の水はとてもつめたく、それほどサーファーも多くありません。
でも、この日は季節外れの暖かい日だったこともあり、数えきれないほどのサーフャーさんたちが海にプカプカ。。。
楽しそうだけど、私は海にプカプカ浮いているだけで船酔い(海酔い?)になってしまうので、マリンスポーツは無理です。

サーフャー以外にも、ビーチにはたくさんの人たちが日光浴をしたり、散歩したり、家族連れであそんだりなど、思い思いの時間を過ごしていました。

101211-13.jpg

目的の夕焼けは、バッチリ見ることができました。
そして、ちゃんと写真もとれました。
説明することもないので、見てください。

101211-11.jpg

101211-14.jpg

101211-15.jpg

101211-16.jpg

そして、最後は夕日をバックに。。。

101211-17.jpg

次の日から、5日間のカンフェレンスが始まります。

Trip Day 2&3(1/2)

2011/10/11 Tue

ちゃんと旅行であったことを覚えておくために、がんばって更新しようとしています。
いつもと違う内容ですが、犬のこともでてくるので、読んでくださいね。

さて、旅行2日目。

朝はこの町に住んでいたときによく行っていたスタバに行き、『よくここで宿題したな。。。』とか思いながら朝ご飯を。
それからお昼までは、ホストと一家団欒&犬と遊び、そして午後はこの町に唯一残っている日本人の友達に会いにいきました。

彼女は私がアメリカに来て、初めて会った日本人であり、初めてできた友達。
もう、あれから7年以上も経ったなんて信じられません。

それから彼女は、こちらの人と結婚し、今では3人(5歳、3歳、6ヶ月)のお母さんです。

101111-23.jpg

旦那さんはアフリカンアメリカン(黒人さん)なので、子供たちは日本人と黒人さんのハーフ。
上の2人の子たちはカメラを向けると逃げられたので、一番下の子だけしか写真をとれなかったのですが、いまのところこの子はお母さん(日本人)よりの顔立ちでしょうか?

3人ともとっても人懐っこくて、元気いっぱいで、とてもかわいい子供たちです。
今度は、3人一緒の写真を撮らせてもらいます。

さて、その日は夕方から夜にかけて、ひたすら南へ。
5時間ほど運転し、ロサンゼルスのちょっと手前まできて、その日は宿を取りました。

次の日(3日目)は、朝から運転して、お昼前には目的地のサンディエゴに到着。
まずは、こないだまで学校で一緒に勉強&働いていたサラと数ヶ月ぶりの再会しました。
サラは学士を修了して、サンディエゴの実家に数ヶ月前に帰ってきていました。

お昼ご飯を一緒に食べて、午後は目的の1つだったサンディエゴ動物園にいきました。

サンディエゴ動物園は、アメリカでもとても有名な動物園で、800種類、4000匹の動物が棲息しているそうです。

もちろん、半日で全ての動物を見ることは不可能でしたが、おそらく3分の1ぐらいは見れたと思います。
その中でも、うまく写真がとれた動物たちをご紹介。

シロクマ。
なんとなくシロクマって犬っぽくない?
101111-1.jpg

ハイエナ。
ハイエナはお昼はたいてい寝てるらしい。
101111-2.jpg

不思議な鳥。
名前は分からないけど、たぶんフクロウの一種
101111-3.jpg

キリン。
この小さいのは生まれてまだ6週間だそうです。
101111-4.jpg

フラミンゴ。
鮮やかなピンク色は写真の撮りがいがある。
101111-5.jpg

ミーアキャット。
岩の上でポーズ、いただきました。
101111-6.jpg

ゾウ。
左がアフリカゾウで、右がアジアゾウ。
101111-7.jpg

カピバラ。
最大のげっ歯類。ちょっとペットにしてみたいかも。。。
101111-8.jpg

ジャガー。
こいつにはぜったい睨まれたくない。。。
101111-9.jpg

しましま模様のシカ。
真ん中にいる赤ちゃんがかわいい。
101111-10.jpg

シマウマ。
こっちに近づいてきて、私たちとにらめっこ。たぶん勝った!
101111-11.jpg

らくだ。
非常にかんろくのある立派ならくださん。
101111-16.jpg


さて、ここで問題。
これはなんの動物でしょう?


101111-12.jpg








正解は、、、




パンダ。

101111-13.jpg

最初の写真は、お母さんパンダで、みんなにお尻を向けてお昼寝中。
2枚目のパンダは息子らしいです。

この動物園にはパンダがいることで有名で、週末はパンダを見るために待ち時間ができるほど、大人気!



そして、第2問目。

この動物はなんでしょう?

101111-14.jpg











正解は、犬!

101111-15.jpg

動物園に犬がいるとは思わなかったでしょ?

ニューギニアシンギングドッグといって、とっても古い犬種で、パプアニューギニアが起原だけれど、とても数が減ってしまったから今では、希少種に登録され、動物園で飼われるまでになってしまいました。

シンギングドッグと名付けられているのは、その名の通り、この犬は『歌う』んです。
といっても、ちょっと変わった遠吠えを群れで行うと、みんなで歌っているように聞こえるからです。
でも、そのかわりこの犬種は吠えません。

狼も、犬のように吠えることはなく、遠吠えでコミュニケーションをします。
その特徴から考えても、この犬種は犬の起源に近いのではないかといわれています。

世界にこんなにたくさんいる犬ですが、その中には絶滅の危機にある犬種もいるということは、ほとんど知られていない事実です。
みなさんも、サンディエゴ動物園にいく機会があれば、ぜひこのシンギングドッグを探してあげてください。

生徒と子犬

2011/10/10 Mon

さて、旅行の途中ですが、その話は置いといて、犬の話を。。。

先週と先々週の2週間、校長が出張で学校不在だったので、私が生徒たちの訓練を一人で見ていました。

犬の訓練は一日一時間半。
それに加えて、金曜日は校外訓練があります。
その金曜日の訓練に、Hたちをつれていきました。

Hたちは、みんな無事に生後3ヶ月になりました。

101011-6.jpg

生徒たちと一緒にショッピングモールに行き、エスカレーターの乗り降りの練習をしました。
16人と16匹(9匹の子犬をふくむ)が、モールの真ん中でトレーニングをしていると、とっても目立ち、そのトレーニングを見学する人たちや、子犬の写真を撮る人たちで、さらに人だかりができます。

それでも、他のお客さんやショッピングモールで働く人たちは、私たちの訓練を暖かく見守っていてくれるので、とても助かります。

101011-5.jpg

エスカレーターの練習の他にも、商店街を歩いたり、生徒さんたちがコーヒーを飲んでいる間はテーブルの下で待っているなど、大きな犬たちと同じように訓練をします。

101011-4.jpg

このように小さいときにたくさんいろいろな物をみて、聞いて、体験して、それが彼らの日常になり、その経験の積み重ねこそが、介助犬になるためには不可欠な訓練なのです。

101011-2.jpg

最後はみんなで記念撮影。

101011-1.jpg

このHたちもあと数週間もすれば、パピーホームに旅立っていきます。
生徒たちにとって、このHたちが初めて訓練した子犬なので別れは寂しくなることでしょう。

しかし、その別れも彼らにとって大切な訓練の1つです。

Trip Day 1

2011/10/09 Sun

学校でもいろいろあって、いろいろ書きたいのですが、まずはここから。

昨日から一人旅をしております。
というのも、目的はサンディエゴで水曜日から行われるカンフェレンスなのですが、早めにお休みをいただいて、昨日から車で南を目指して一人旅。

まず、昨日から私がアメリカに来て初めて住んだ町に滞在中。
この町には2年半暮らしました。

この町は木がたくさんあることが特徴的で、町に入ると一気に昔の記憶がよみがえってきました。

100911-2.jpg

まずは、私をこの介助犬業界に導いてくれた方に会いに。

この町でこの人に会わなければ、今の私は確実に存在しないというほど、この人は私の人生にとってとても重要な存在。
たいぶんお年なので心配していたのですが、プログラムを手伝っていてくださる方もしっかりしていて、犬たちも元気で、プログラムの方もずいぶんと成長してたので安心しました。

100911-1.jpg

今度はゆっくりと時間を取って、プログラムをみにこさせていただく約束をしました。

そして、私がこの町にいる間に住んでいた家へ。

100911-4.jpg

ホストファミリーとは久しぶりの再会にも関わらず、つい最近までここに住んでいたような感覚で、なんだか『やっぱりいいな』と感じました。

みんなで日本食を食べにいって、なんだか不思議なお寿司を食べて、とても楽しい一家団欒でした。

100911-5.jpg

そして、家には新しい犬がいて、名前をイーポ、ボーダーコリーです。

100911-3.jpg

ボーダーコリーは賢いが忙しい(いつも早足で動き回る)と聞きますが、まさにこのまんま!
でも、可愛い!
それに、このサイズ(ゴールデンやラブ3分の2ほど)がいいです。


さて、今日はこの町で初めて出来た友達に会い、そしてさらに南に南下予定。
道のりはまだ長いですが、楽しんでいます。

季節は変わり。。。

2011/10/03 Mon

マスターが終わり、やっと学校の通常業務に戻ってきた先週。

Hの一匹のハローウェルという子犬が、嘔吐と下痢と食欲不振。
下痢も液体状で血も混じっていたりで、これはヤバいと思い病院へ。
病院では嘔吐をとめる注射と点滴ををうち、お腹のお薬と特別なフードをもらって帰宅。
でも、生徒には任せられないし、住んでいる家には他にも犬がいるのでつれて帰れない。
ということで、この学校にきて5年。
はじめて獣医室に子犬と一緒におとまりしました。
しかも、2夜連続。

みんなにそれをいうと、『どこで寝たの?』と驚かれた。
日本人であり、人生の大半をベッドではなく布団で寝てきた私は、2~3枚の厚手の毛布さえあればどこでだって寝れる。
それが、アメリカ人にはどうもすごく驚くべきことらしい。
こういう時って、日本人であることを得したと思う。

とにかく、ハローウェルは嘔吐もなく、下痢もほぼなくなり、食欲もだいぶん戻ってきました。
ただ、病気のせいで体重が他の子犬たちより少ないので、その体重を戻そうとがんばっています。

そんなかんじで、先週は子犬の世話に追われながらあっというまに終わってしまいました。

週末は、過去のファイルの整理をしたりしながらのんびりと過ごし、そしてまた月曜日が始まりました。

今日は、町にある短大の獣医学の授業に、犬たちと一緒に出席してきました。
この授業を教える先生とは数年前ほど前から、時々、先生の授業のため犬をお貸しするかわりに、うちの犬たちは無料の診察が受けられるという、win-winなお付き合いさせていただいてます。

今日は、学校の生徒さんを含む4人で8匹の犬を連れて行きました。
授業の内容は、皮膚と耳の感染症のテストサンプルを取り、顕微鏡でみて、判断すること。
生徒さんたちも、実際の犬で授業がうけられるので、張り切っているようでした。
犬たちは、ちょっと緊張した子もいましたが、みんなおとなしく台の上で診察してもらえました。

100311-1.jpg

私もこの学校に来て、犬の世話をしているなかで、犬の病気に関してもたくさん勉強しました。
そして、今では犬の健康管理はほぼすべて任せてもらえるようになりました。
でも、犬の病気やけがをなおすよりも、病気にさせない、けがをさせないようにと、毎日がんばっております。

今日は今季初雨!
朝から降り始め、一日中降り続き、そしてまだ降ってます。

天気予報を見ても、雨の日が時々あって、気温も最高20度、最低10度ぐらい。
なんだか、夏は終わったんだと思い知らされたようで、ちょっと悲しくなります。

でも、来週はちょっと暖かいところに行く予定です。
どこにいくかは。。。まだ内緒。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。