スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロント最終日

2010/06/29 Tue

まだまだ続く、☆カナダ滞在日記☆

6月23日(水)

午前中にカンフェレンスは終了しましたが、その午後には、希望者を募り「Dog Guides Canada」と「ナイアガラの滝」へのバスツアーがありました。
もちろん私も参加です。

トロントのダウンタウンからバスで一時間。
Dog Guides Canadaにつきました。

この協会では、盲導犬、聴導犬、介助犬、てんかん発作に対応する犬、自閉症の子供に対応する犬と、様々な種類の補助犬を同じ協会で育てています。

それぞれの種類の犬の訓練マネージャーさんたちから、お話を聞かせていただきました。

062710-9.jpg

さらに、施設の案内もしていただきました。

特に興味深かったのは犬舎のデザインで、犬の部屋がまっすぐに並んでいるのではなく、いろいろな形の部屋がバズルのようにくみ合わさるように設計されていたことです。

062710-8.jpg

まっすぐ並んでる犬舎よりも、犬たちのマネージングが簡単だそうです。

もともと小学校だったという建物を改装してできたというこの施設。

062710-7.jpg

とてもすばらしかったです。
うちの学校も、いつかあんなにすばらしい施設が建てられればいいのですが。。。

062710-10.jpg

最後に、施設の前で記念撮影。

今度は何日か時間をつくって、犬たちの訓練方法などもゆっくりと見学にこれればと思いました。


また、バスに乗りさらに一時間。

着きました!!
ナイアガラの滝

初めて見た瞬間、思わず「おぉ~!!!」と言わずにはいられないほど、すごいです。

062810-1.jpg

手前がアメリカ滝で、奥がカナダ滝です。

というのも、ここはアメリカとカナダの国境で、向こう側はアメリカで、こっち側はカナダなんです。

<062810-3.jpg
(向こう岸をズームしてみると、アメリカの国旗がみえる)

062810-9.jpg
(こちら側がカナダです)


このナイアガラの滝をさらに楽しむため、ボートで滝の近くまで行くツアーにみんなで参加しました。

ボートに乗る前に、全員にカッパが配られました。
はっきり言って、これがないとずぶぬれになります。

062810-2.jpg

ボートツアーの内容は、アメリカ滝の近くを横切り、、、

062810-4.jpg

Uの字になったカナダ滝の真ん中までいって、帰ってきます。

062810-5.jpg

水しぶきの中に、うっすらと船がみえますか?
これを上から見ているだけで、ちょっと不安になってきました。。。

かばんやカメラを厳重に守って、船に乗り込み、いざ出発!

近くで見る滝は、すごい迫力でした。

062810-7.jpg

こちらは、カナダ滝に突入する直前の写真。

062810-8.jpg

写真ではちょっとした霧にしかみえませんが、この中に突入すると猛嵐!
台風のように四方八方から水が降って来て、立ってるのもやっと。

しかも、船の操縦士のおじさんは、そんな中で船を数分間止めるんです。
「いや、止まらず進もうよ!」とつっこまずにはいられなかった私。。。

でも、がんばってカッパにくるまっていたので、靴とズボンの膝から下がぬれただけですみました。
カッパに上手にくるまっていなかった人は、服のままシャワーを浴びたようになっていました。

こちらでも、最後に記念撮影。

062810-11.jpg

これでまた、「人生で一度は行ってみたい場所」が一つ減りました。


トロントはこの日が最後。

バスツアーから帰って来たあとは、友達と一緒にカナダのビールを飲みながら遅くまで語り明かしました。

次はカナダの首都、オタワへ!
スポンサーサイト

CNタワー

2010/06/27 Sun

☆カナダ滞在日記☆

トロント滞在最終日。

どうしても行きたい場所があったので、お昼前に少し時間を無理矢理つくって、一人でトロント観光にでかけました。

目的地までは、歩くと一時間ぐらいかかってしまうので地下鉄を使いました。

アメリカに6年いますが、地下鉄乗った記憶は一度もない。
だから、これが海外での初地下鉄!


いやぁ、おどろきました。

だって、切符がないんですもん。。。。
システムは町のバスとまったく一緒です。

まぁ、日本の地下鉄はかなり発達しているということが分かりました。

もし、切符無しで地下鉄に乗る方法を知りたい方は、トロントへ。。。



さて、お目当てのものが高層ビルの間からみえてきました。

062710-1.jpg

目当ては、トロントのシンボルでもある、CNタワー。

開業から2007年にドバイのブルジュ・ハリファができるまで、自立式(支持構造のない)の建築物としては世界で最も高い塔だそうで、高さは533mある。

062710-2.jpg

トロントはたくさんの高層ビルがあつまっており、こんなに高い塔なのに、近くに行くまで見ることはできない。
そして、見つけたときにはカメラのフレームに収まらないほど、ドーンと表れる。

このCNタワーに行くまでにも、そのときその場所でしか見れないものをみてしまった。

実は、このCNタワーがある場所からほんの数百メートルの場所で、いまニュースで話題のG20が数日後に行われる予定だったのだ。

地下鉄を降りた駅からCNタワーまでの道のりでみた警察の数は、この人生で見て来た警察官の合計数よりも多いのではないかと思うほど。

こっそり写真をとろうかと思ったのだが、デモ運動のために偵察に来たのかと思われては嫌なので、やめておいた。



たくさんの警察官が警備する通りを過ぎて、CNタワーにたどり着き、せっかくここまできたんだからと思い、上に上ってみた。
そして、これがそのタワーの展望台から見える景色!

062710-4.jpg

あまりにもタワーが高すぎて、高層ビルも小さくみえてしまう。。。


そして、こちらが五大湖の一つオンタリオ湖。

062710-3.jpg

こちらは、湖というよりも海っぽいですね。


ガラスのフロアーゾーンがあったのですが、これが落ちないと分かっていても足がすくむ。

062710-5.jpg

怖くてガラスの上に立てない大人たちを横目に、子供たちはその上ではしゃいでいた。
子供の恐れぬ気持ちというのは、なんてすばらしいことなんでしょう(笑)


かなり、無理矢理時間を作ったので、タワーの周辺などをうろうろしている時間がありませんでしたが、でも、目的のタワーに行くことができて満足です!

タワーと一緒に記念撮影をしようかとおもったのですが、タワーがあまりにも高すぎて、一緒にフレームに入りませんでした。
なので、カナダの国旗と一緒に。。。

062710-6.jpg

いい写真が撮れました!



このコンフェレンスはお昼で終わり。
でも、その後は希望者に、Dog Guides Canadaという複数の種類の補助犬を育てる協会と、ナイヤガラの滝にいくというバスツアーが用意されていました。

もしろん、参加です!!


でも、それを書き始めるととっても長くなってしまうので、今日はここまで。

次回をお楽しみに~。

ただいま、カリフォルニア

2010/06/26 Sat

本日、一週間のカナダ旅行を終え、カリフォルニア帰ってきました。


木曜日からネットにアクセスできなかったので、日記が書けませんでした。
ごめんなさい。

ネタがたまっている上、いい写真もたくさん撮れたのでアップしたいのですが、今日は時差ぼけや飛行機疲れで、目が開いていられないので寝させていただきます。

明日、まとめて更新しますので、もう少しお待ちください。


では、☆カナダ滞在日記☆、つづく。。。。。

トロントと補助犬

2010/06/22 Tue

☆カナダ滞在日記☆

今日でカンフェレンスの2日目が終了しました。
明日で終わりなんて、本当に早いです。

予想通り、2日間、朝から夕方までホテルの会場で勉強会が一日中あり、観光の「か」の字もできていません。
でも、会場のホテルがトロントのダウンタウンにあるので、少し町の様子をご紹介します。

こちらは、ダウンタウンの中心にある、大きなショッピングセンター。

062010-4.jpg

コンサートなどのエンターテイメントが行われたり、流行のものをいち早く手に入れることができるお店なのが建ち並ぶので、若者の集まる場所です。

そのショッピングセンターのあるレストランで夕食をとったときに、テーブルから見えた景色です。

062210-5.jpg

遠くにみえるタワーにいきたいのですが、時間があるかどうか。。。(涙)

とにかく、高いビルが次々に立ち並び、その間を路面電車が走り、通勤時間にはたくさんの人たちが行き交いします。

062210-1.jpg

でも、何十階建ての高層ビルがあると思えば、数ブロック先にはきれいな公園や古い協会などがあるなど、新しい建物と古い建物が混ざり合っているのがこの町の特徴のような気がします。

062210-4.jpg

コーヒーショップも、こんなレトロな建物の中にあったり。。。(笑)

062210-3.jpg


さて、カンフェレンスですが、とても勉強させていただいています。
時々、話の内容についていくのがやっとだったり、目を疑いたくなるようなすばらしい映像をみて感動したり、新しいアイデアを考えたりなど、体はまったく動いていませんが、頭はフル活動です。

062210-2.jpg

それに、このカンフェレンスのすばらしいところは、世界中で活躍する卒業生たちに再会し近況報告ができるだけではなく、いままで知らなかった世界中の国々の補助犬協会の人々と出会い、意見交換ができることです。

062210-9.jpg
新しく認定された協会の代表たちの集合写真

同じ補助犬協会でも、協会ごとに行っているプログラムやスタイルは様々で、新しい人と出会い話すたびに、新たな犬と人との関係を向上させる可能性を考えさせれます。

062210-6.jpg

また、いつか訪問したい国や協会が増えてしまいました。

明日は最終日。

そして、ナイヤガラの滝ツアー!!!

カナダ上陸!

2010/06/20 Sun

朝の5時前に家を出て、サンフランシスコ空港からデトロイトで乗り継いで、カナダのトロントまでやってきました。

飛行機からは五大湖が見えました。

062010-1.jpg

トロント空港につく数分前にはトロントのダウンタウンもこんなにきれいに見えました。

062010-2.jpg

このダウンタウンの真ん中で、これから3日間、アシスタンスドッグインターナショナルのカンフェレンスがあります。

062010-3.jpg

このカンフェレンスでは、世界中から補助犬協会が集まり、補助犬に関する様々なことを話し合います。

うちの学校の卒業生たちもたくさん参加するので、久しぶりの再会を楽しみにしています。

朝から夕方までホテルでカンフェレンスなので、観光できる時間はほとんどないと思いますが、水曜日にはナイアガラの滝を見に行く予定です。

トロントの町並みなんかも、アップできればと思います。

では、☆カナダ滞在日記☆のはじまり、はじまり~!!

どの子がいちばんかわいい?

2010/06/18 Fri

アリゾナ州から子犬たちがきて、一週間になりました。

オハナお母さんも子供たちも学校にもなれたようで、毎日元気に過ごしています。

061810-1.jpg

一人っ子のアレックスちゃんも元気です。

061810-2.jpg

半分兄弟たちとも仲良くなって、イエロー8匹のなかにクロが一匹まじっております。

061810-3.jpg

さて、8匹のかわいい子犬たちには、学校に来る前に既に名前がついていました。
せっかくなのでご紹介します。

Tim.jpg
ティム

Tony.jpg
トニー

Ty.jpg
テイ

Trimull.jpg
トゥリムル

Toru.jpg
トルー

Tricia.jpg
トリシャ

Tori.jpg
トーリ

Temple.jpg
テンプル

みんな、Tからはじまる名前です。

5週間後には、この中からいただく犬を一匹決めなくてはいけません。
みんなかわいくって、全部いただいちゃいたいくらいなのですが、そういう訳にはいきません。

さて、どのこがいちばんかわいいかしら?

2010年度サマーセミナー、スタート

2010/06/15 Tue

今年も始まりました。
夏のセミナー!!

このセミナーは、6週間のプログラムで行われ、今年もアメリカ中からだけでなく世界中から生徒さんがやってきました。

今年は、ドイツ人、タイ在住のニュージーランド人、日本人(途中参加)、そして、アメリカ内の遠い場所ではアラスカ州など、様々な場所から、12名が集まりました。

年齢も20代前半から50代前半までと幅があり、ドッグトレーニングの経験度やこれからの目的など、みんなそれぞれ違いますが、これから6週間、一緒に勉強していく仲間たちです。

彼らの初めての担当犬となる犬たちは、一才半から2才までの、もっとも卒業に近い犬たち。

061610-5.jpg
出番が来るまで待機中です

私も、4年前の夏に初めて自分の担当犬というものができたのですが、その犬との関係はとても特別なものだったので、その犬と一緒に過ごした時間のことは、いまでも鮮明に覚えています。

これから、そんなすばらしい経験をする生徒さんたちをみていると、なんだか私までうれしくなってきて、ますますトレーニングの授業にも熱が入ります。

最近、やっとカリフォルニアの夏らしくなってきて、昼間の気温も30度近くまであがる日もありますが、そんな暑さに負けないぐらい、私の授業は熱いです!!

「生徒のみんな!犬たち!!しっかり私についてきてね!!!」

オハナの子犬とアレックス

2010/06/13 Sun

先日、アリゾナ州の交友関係にある介助犬訓練所から生後4週間のラブラドールの子犬8匹とそのママ、オハナがやってきました。

061310-10.jpg
オハナママと子犬たち

明日から始まるサマーセミナーの生徒さんが、早期子犬トレーニングを勉強するために、この子犬たちを6週間おかりすることになりました。
6週間後には、この中から一匹をいただき、残りの7匹はアリゾナ州に帰ることになります。

みんなイエローで、男の子5匹、女の子3匹です。

061310-3.jpg

みんな、シロクマみたいでとってもかわいいんです!

061310-4.jpg

もう、私はメロメロです。




そして、その中に一人っ子のアレックスちゃんを入れてみました。

アレックスは、オハナの子犬たちより2週間年上なので、彼らに比べて体の大きさは断然大きい。
でも、兄弟がいないため、これが初めての子犬社会入門で、ちょっと戸惑っていました。

061310-8.jpg

しかし、しばらくすると子犬らしく、ちゃんとじゃれあっていました。

061310-9.jpg

実は、このオハナの子犬たちとアレックスのお父さんは同じ犬なので、半分兄弟なんです。
何となく、顔も似てるかな?

061310-12.jpg

でも、しばらくするとアレックスは他の子犬たちから離れ、一人で寝始めました。

061310-11.jpg

やっぱり、こういうところは一人っ子の癖ですね(笑)



明日から、6週間のサマーセミナーが始まり、今年も10名以上の生徒さんが世界中からやってきます。
4年前は生徒として参加したこのセミナーも、講師をするのはこれで3年目。

暑い日が続きますが、気合いをいれてがんばりたいと思います。

061310-5.jpg

時々、かわいい子犬たちに癒されながら。。。

Bs:誕生

2010/06/12 Sat

先日、予告していたレインの2度目の出産。

本日、帝王切開にて、無事、元気な3匹の子犬がうまれました。

061210-3.jpg

病院に入ってから手術をし、子犬と一緒に帰ってくるまで、たった3時間というとってもスムーズな出産でした。

実は、帝王切開のとってもいい写真がとれたのですが、こういうのが苦手な方もいるのではと思い、載せるのを躊躇しています。
もし、「見たい!」という希望があれば追加しますので、言ってください。


見てのとおり、みんなブラックのラブラドール。
女の子が2匹に、男の子が一匹です。

061210-4.jpg

超音波検査では、子犬の数は2匹という予想だったのですが、一匹かくれていたみたいで、3匹でした。

一匹の女の子が非常に大きく、生まれたてなのに体重が540グラムありました。
残りの二匹は400グラムほどでした。

レインママが麻酔から起きるまでのあいだ、暖かくしたバスケットの中で待機なのですが、そのバスケットの穴から小さな目や鼻や口が3つ並んでいるのがみえて、それがすっごくかわいいんです。

061210-2.jpg

ママが起きると、初めてのお食事タイム!

061210-5.jpg

食いしん坊のママに似て、うまれて数時間なのによく飲む!

しかも、3匹とも同じ格好で。。。(笑)

061210-6.jpg

仲良し3人兄弟になりそうですね。

この子たちの名前は、『B』から始まる名前になります。
『B』から始まる名前はたくさんあるので、迷いそうです。

おっと、忘れていました。
こちら、レインママ。

061210-8.jpg

まだ、手術の薬でボーとしていますが、レインはとってもいいママなので、起きてすぐ子犬の世話をし始めました。
これから約2ヶ月、一緒に子育て、がんばろうね!

とにかく、みんな元気に産まれて来てくれてよかったです。

Bたち、誕生、おめでとう!!





そして、このBたちの他にも、こんなかわいいのが。。。。
CIMG7543-FRB.jpg
こんなに、今日から仲間入りです。
CIMG7551.jpg
この子たちの紹介はまた明日。。。

レイン:二度目の出産

2010/06/09 Wed

きのう言っていた、土曜日に産まれる予定の子犬のお話。

ママは今回二度目の出産になるレインです。

060910-3.jpg

レインは、去年の11月に産まれた、Zたちのママ。

060910-1.jpg

合計5匹の元気な子供たちを産んで、しっかりと育ててくれました。

060910-2.jpg

Zたちは、とってもいい子たちで、今回産まれてくる子供たちにもとっても期待していたのですが。。。




実は、超音波検査の結果、

妊娠している子犬の数はたった匹だと分かったのです。

前回のAはアレックスちゃんでたった一匹。
次回のBもたった二匹。

最近少子化(?)です(涙)



でも、できなかったものは仕方がない。
とにかく、その2匹が、元気に産まれてきてくれればそれでいいです。

『レインママ、よろしくね!』

アレックス:5週間

2010/06/08 Tue

毎週恒例、アレックス成長日記
5週目。

今週は、初めてのお外です。
一通り草の臭いを確かめた後は、トコトコと私の行く方にやって来て、

060610-1.jpg

チョコンと私の陰に座ってくつろぎ始める。

060610-6.jpg

せっかくのお外なんだから、走らせなくっちゃっと思い、隙をついて離れてみると、「あれ?どこ行くの?」と一瞬固まり、

060610-4.jpg

そして、クンクンと泣き始める。。。

060610-3.jpg

仕方がないので、「こっちおいで」と呼んでみると、ダッシュでやってくる。

060610-2.jpg

そして、この笑顔!

060610-5.jpg

なんてかわいいやつなんだ!!

でも、暑くならないように初めてのお外は10分で終了。
もうちょっと大きくなったら、お外でボール遊びができるかな?



さて、ちょっと話題は変わり、告知です。
(というほど、たいしたことではないのですが。。。)

実は、金曜日にアリゾナから生後4週のラブラドールの子犬8頭がやってきます。
土曜日に、出産予定の犬が一匹います(こちらは明日にでも別に書かせていただきます)
日曜日に、サマーセミナーの生徒たちの寮入りを手伝いなどをして、、、
月曜日から、サマーセミナーが始まります。
そして、この忙しいときに月曜日からテレビ撮影があるらしい。。。

ちょっと、考えただけで泣きたくなるような忙しさ。。。

でも、10日後には旅行☆(半分、仕事ですが)
待ちきれません!


そして、
実は「24時間、レトリーバーと一緒」先週で開設2年だったんです。
いつも、立ち寄っていただいてる皆さん、ありがとうございます。

3年目も、介助犬のことを中心に、趣味の写真とつたない日本語で、がんばって書かせていただきたいと思います。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

里帰り

2010/06/06 Sun

私は、アメリカに来て今年の夏で6年になるのですが、今いる住んでいる町に初めからいるのではなく、最初の2年半はカリフォルニアの内陸部にある小さな町の短大生でした。

金曜日の午後の仕事が終わってから土曜日の夜まで、一日半で2年ぶりの里帰りをしてきました。

午後の4時に出発したのですが、金曜日の夕方ということもあり、3時間ちょっとで着くはずが4時間かかり、夜の8時に久しぶりの第二の故郷に着きました。
町に着いた頃にはきれいな夕焼けで(日没時間が午後8時頃です)、「あぁ、M町の夕焼けだ。。。」と懐かしく思いながら、2年半お世話になったホストファミリー家へ。

060510-1.jpg

アメリカの大地を初めて踏んだその日から、ずっとおせわになったホストファミリー。

私がきた6年前と比べると家族も増え、最後に来た時はおなかの中にいた孫ももうすぐ2歳。

060510-2.jpg

目がまんまるでお人形さんのようです。

ホストのお父さんもお母さんも元気で、お母さんとはジョークをいいあい、お父さんとはちょっとまじめな話をし、やっぱりここは私の第二の家族です。

そして、10時を過ぎてから、私がこの町で一番にできた日本人の友達に会いにいきました。
彼女は地元の人と結婚して子供も2人いるので、子供を寝かしつけた後の夜遅くの方が都合がいいのです。

それから2時間、いろいろな話をキッチンカウンターの席に座りながら永遠と。。。

お互い、この何年かいろいろあったけど、それでも変わらずこうやって会って笑いあえる友はすばらしい!

夜中の十二時を過ぎた頃に家に帰って来て、その日は久しぶりの家で就寝。


朝は、お父さんが作ってくれた朝食を食べながら、家族のこととか将来のこととか、いろいろ話しているうちに、9時。

「また、近いうちにくるようにするよ」といい、家を出て、今度は私の人生の恩人(?)に会いにいきました。

彼女は、うちの学校の10年ぐらいまえの卒業生で、この町で彼女と出会っていなければ今の私はいないといっても決して過言でありません。

彼女も、ドッグビジネスと同時に、介助犬育成などもしているので、つもる話は山ほどあるのですが、あまり時間がなかったこともあり、犬を一通り見せてもらい、お昼ご飯を一緒に食べたぐらいで、またここでも、「また近いうちに、もっと時間に余裕をもってくるよ」と言い、お別れ。

060510-3.jpg

その後、この里帰りの目的の張本人である、これまた長い付き合いの日本人の友達を迎えにいきました。
彼は、その日を最後にしばらく日本に帰るので、私が町に帰る途中に空港におろすことになっていました。

最後に、これまた短大にいる間に大変お世話になった、先生宅に。

この先生が、先週末から2ヶ月のラブラドールを飼い始めたので、ちょっと家によってしつけ方法を伝授してほしいとお願いされました。
どこに行っても、必ず犬無しにはならないのが、私のすごいところです。

060510-4.jpg

この、子犬が非常にかわいいのですが、じつはオーストラリアンシェパードとチョコラブのミックスらしく、ちょっと個性のつよい性格をしているので、「子犬のときからのしっかりとしたトレーニングが大切ですよ!」と訓練方法を伝授しました。

060510-5.jpg

M町を出発したのが、午後3時。
サンフランシスコ国際空港に出発です。

車の中では、久しぶりの友とたわいもない話をしているうちに、あっという間に空港に到着。

空港内で一緒に夕飯を食べた後、「では、今度は日本で会おう!」と別れ、岐路へ。

また、家に着く頃には、きれいな夕焼け。

060510-6.jpg

たった28時間この町を離れていただけなのに、もっともっと長く感じた久しぶりの里帰り。

久しぶり会ったたくさんの人たちと、久しぶりに感じたM町の空気(暑かった!)。

やっぱり、里帰りっていいですね。
自分が当時、ここで感じていたことなどを思い出させてくれて、その時の思いと今の思いを比べながら、成長した自分と変わっていない自分を見つめることができた。

明日からまたいつもの忙しい日々が始まるけれど、この週末にもらったパワーでさらに成長できるようがんばります!

少年院でのプログラム

2010/06/04 Fri

私が少年院でのプログラムをまかされて、丸一年がたちました。
もちろん、それまでにもヘルプとして時々参加していましたが、一人ですべてをまかされるようになったのは去年の6月でした。

私の教えている子供たちは、軽度の犯罪(窃盗、ドラッグ、ギャングメンバーなど)で捕まり、公正プログラムとして親元を離れて6ヶ月から1年ほどのプログラムに参加している女の子たち。

この子供たちに犬のトレーニングを教えることは、同時に忍耐力や責任感をやしなってもらうなど、様々ないい影響をあたえてくれます。

この少年院にいる子供たちは15歳から18歳までの約20名。
その中から、希望する子供たち5人が、インタビューやオリエンテーションなどを受け、担当犬を一頭まかされ、毎日のグルーミング、トレーニング、校外トレーニング、そして週に一回、犬と一緒に施設で夜を過ごします。

CIMG7165.jpg
(今週行った、校外トレーニングの様子)

もちろん、子供たちは一人一人個性があって、長所もあれば短所もある。
その短所を見直し、長所を伸ばす。

その子の外見や、過去にとらわれず、今の彼女たちを見つめ、真剣に向き合う。

ドッグトレーニングと一緒です。


5人の少女と5匹の犬と日本人の私が、一つのチームとして助け合いながら、Happyをモットウに毎日がんばっています。

CIMG6936.jpg

そして、これからも未来を支えていく若い力を育てるために、こつこつと努力していきたいと思います。

アレックスのお姉ちゃん

2010/06/02 Wed

ヨチヨチ歩きもうまくなって、いろいろな形や素材のおもちゃであそんでいるアレックスちゃん。

でも、やっぱり犬社会で生きていくためには、犬と遊ぶことも大切です。

近所のブリーダーさん宅にアレックスと同じぐらいの年齢の子犬がいるので、遊びにつれいていく計画をしていたのですが、やっぱり他の犬舎につれていくのはリスクがあるということで、今は見送ることに。。。

なので、うちの学校で一番小さい6ヶ月のオリーブをアレックスのお部屋に入れてみました。

オリーブーはマネジャー宅にすんでいるので、アレックスを毎日みているし、とってもおっとりした子なのでいい遊び相手になってくれるのではないかと思いました。

さて、結果は?
(「24時間、レトリーバーと一緒」初動画です!)

[広告] VPS

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。