スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オティーズはサッカー選手?

2010/02/27 Sat

犬たちの運動場にはいろいろな種類の犬用おもちゃがあるのですが、その中の一つに、青いプラスチックのボールがあります。

このボールは口にくわえられないので、ほとんどの犬がこのボールに見向きもしません。

この一匹以外は。。。。

022610-1.jpg

うちのやんちゃ坊主、オティーズくんです。

オティーズは、このボールを前足で蹴って、それを追いかけては捕まえて、また蹴って追いかけては捕まえて。。。

022610-3.jpg

他の犬たちは周りで「こいつは何をしてるんだ?」と言うような顔で、見てるだけ。

でも、そんなことは気にせず、オティーズはひたすら一人でボールと楽しそうに遊んでいる。

まるで、一人サッカーをしているよう。

022610-2.jpg

一人でサッカーをしてもおもしろくないだろうと、私もちょっと参加させてもらったが、私は基本的にボールをつかうスポーツができない。

サッカーを始め、バレーボールも、バスケも、ドッチボールも笑えるぐらいへたくそ。

唯一、ソフトボールは中学校の部活でやっていたので、できないことはないが、でも、その2年半の間に、指の骨と鼻の骨を折ったことがあるほどのできばえ。

022610-4.jpg

オティーズ、
私はあなたに、どうやって冷蔵庫の中からボトルを取ってくるかは教えてあげられるけど、サッカーは教えてあげられないから、サッカー選手になるのは諦めてください。。。
スポンサーサイト

ゼインと小包

2010/02/24 Wed

家から帰ってくると、私に小包が届いていました.

日本のおかんからです。

正月すぎに送ったそうなのですが、船便で送ったため、届くのに2ヶ月近くかかりました。

送ってほしいと頼んだ物は、

ポーチ(私の持ってるのを見て、学校の先生が同じ物がほしいとお願いさせたので、日本からお取り寄せ)
部屋の芳香剤(アメリカの物は臭いがきつ過ぎて。。。)
ボディータオル(アメリカにはこれがないんです)

の3つ。

なのに、届いた箱は異常に大きい。


さぁーて、頼んだ物以外にいったいなにがはいってるのやら。。。

頑丈に包装されすぎて、開けるのに手こずりましたが、こわごわ開けてみました。


横で、開けたそばから包装紙をびりびりやっているのは、ゼイン君。

CIMG4631.jpg

かってに遊んでいるゼインをほっておいて、中身を出してみると。。。

やっぱり、1つ以上入ってた。。。
頼んでおいた芳香剤とボディータオル。

CIMG4665.jpg

「一つでいいからね!」っと言っても、必ずそれ以上送ってしまうんです。

そして、やっぱりこれも。。。

CIMG4656.jpg

正月だから!との考えでしょうが。。。
数個ならわかるけど、1.1キロって。。。
賞味期限は今年の11月までって書いてあったので、まぁ、なんとかなるかな?

そして、服?!

CIMG4657.jpg

ユニクロのなんとかという暖かい服をはじめ、計8着。
ちょっとこれは想像外でした。
アメリカで服に困ることはないですが、ありがたく着させていただきます。

そして、うちのおかんらしい、かわいい手紙とお守り。

CIMG4664.jpg

その他にも、ランダムにいろいろな物が出てくる出てくる。。。

まぁ、いつものことです。

さて、荷物の中身を出して、並べて、写真をとっていると、ビリビリに飽きたゼインが一番に盗んだ物は虎の人形が入った小さな鏡餅。

CIMG4640.jpg

もちろん、あっさりと私に取り上げられ、ちょっと悲しそうです。

CIMG4645.jpg

つぎに興味を持ったのは、空き箱。

CIMG4650.jpg

中に入れてみたところ、すぐに飛び出るだろうと思っていたが、意外に居心地が良かったのか、くつろぎ始めた。

CIMG4655.jpg

私も、子供の頃は小包の中身ではなく、その箱でひたすら遊んでいた記憶がある。
箱を見ると、どうしても入りたくなるのは、子供も子犬も一緒?!


私が一通り写真を撮り終え、片付け始めた頃には、ゼインは遊び疲れておやすみでした。

CIMG4701.jpg

これで、今夜は夜中に起きることなく、ぐっすり眠ってくれるでしょう。


さて、
日本のおかんへ。

荷物、つきました。
ありがとう!
ゼインも包装紙と箱で遊びました。
そのうち帰ります。
また、連絡します。

アメリカの娘より。

初めての社会化訓練

2010/02/22 Mon

ゼイン、ザック、ズーム、ジプキン、ゾーイ、オリーブ、オディシーの7匹の子犬たちと一緒に、初めての社会化訓練にでかけました。

場所は、まだお店が開く前のお客さんがほとんどいないショッピングモール。

022110-4.jpg

初めての社会化訓練では、刺激の少ないこういう場所が一番です。

といっても、子犬たちにとっては初めて見るもの、聞くもの、におうもの、足の裏のタイルの感触など、すべてが初めて。

だから、訓練で大切なのは、「外は楽しい場所だ」ということを感じさせること。

022110-3.jpg

初めて行った場所での経験が楽しければ、子犬は「また次ぎに行く場所も楽しいに違いない!」と思う。
そして、新しい場所にいくたびに楽しい経験があれば、「次はどんな所にいくのだろう」とどんどんいろいろな場所にいくことを好む犬になる。

022110-2.jpg

つまり、よい社会化訓練の積み重ねは、どんな場所にも動じない補助犬を育てるためには欠かせない訓練です。

今回の訓練は、初めの第一歩。

022110-1.jpg

まだまだ先は長いですが、これからもみんなでがんばっていきますので、応援、よろしくおねがいします。

犬は捕食動物?

2010/02/19 Fri

ご無沙汰です。

実は、今週は超短期集中授業がありまして、朝の8時から夕方の5時半まで、一日8時間半の授業が5日間あり、その上毎晩、大量の課題と次の日にあるプレゼンの研究資料を読みあさり、本当に寝る暇もなく勉強の日々でした。

その勉強地獄からやっと抜け出し、やっと一息つけました。


この5日間勉強していた授業のタイトルは
『Prey and Predator』

辞典で調べても、いい日本語がなかなかでてこないのですが、無理矢理訳すと「被食と捕食」
つまり全ての動物は捕食する物と捕食される物の食物連鎖によってなりたって、その中で犬という動物はどのような特性をもっているのか?ということを勉強していました。

「犬は雑食動物で、家畜動物」というのが、広く一般的に知られていますが、では、犬はハイエナやオオカミのように群れで行動したり、狩りをしたりすることはないのかというと、そういうわけではなく、今、私たちの目の前にいる犬たちの行動をひとつひとつ注意深く観察し研究すると、そこには必ず「被食と捕食」というものが関係してくるのです。

といっても、今、ニモが捕食したいと思っている物は、外で歌っている鳥ではなく、私の動物クッキー

022010-2.jpg

もちろん、どんなにがんばってかわいい顔をしてみても、ニモがこの動物クッキーを捕食することはできないのですが。。。

022010-1.jpg


動物クッキーを食べながら、ライオンはシマウマ、チーターはガゼル、クマはサーモン、オオカミはウサギ、コウモリはガ。。。。。。。

などと、この5日間、私の頭の中では、いろいろな動物がグルグルまわっていました。

あまりにもたくさんのことが頭の中にありすぎて、頭ではなく脳が痛くなるほど。。。



この5日間を一緒に生き延びたクラスメートと先生。

022010-3.jpg

先生は、動物の思考と行動を専門とした心理学者であり、ニューヨークのASPCA(動物愛護団体)の副会長として、動物の心理&行動学を研究されておられます。

彼女の授業や課題やプレゼンの採点レベルは厳しいので、本当に大変でしたが、こんなすごい人から、こんなにたくさんのことを学べることを、幸せに思います。

まだ、課題や論文の提出が残っていまが、今日は5日ぶりにちゃんとした睡眠がとれそうです。

では、おやすみなさい☆

ハッピーチョコレート

2010/02/15 Mon

2月14日、バレンタインデイ
国民のチョコレートの日

みなさんはいかがお過ごしでしたか?

日本では女の人が男の人にチョコレートを渡す日ですが、アメリカでは愛する人に花やプレゼントやチョコレートを渡します。
つまり、男でも女でも関係なくみんながみんなに贈り物をします。
でも、やっぱり男の人が女の人に贈り物をするほうが多いかな?

わたしも、ちゃんとお花とチョコレートいただきました。

021410-7.jpg

送り主は、この子。

021410-5.jpg

ジェントルマンのニモくんです。

バレンタインといえば、チョコレート。
チョコレートといえば、ニモ。

これがほんとの、チョコレートニモ。

021410-2.jpg

だれがブラウンラブじゃなくって、チョコレートラブと命名したかはしりませんが、その人はぜったいチョコレート好きだったに違いない!

私も、チョコレート無しでは生きて行けない人の一人で、チョコレートがいっぱいもらえるバレンタインデイは大好きです。



何かあると、いつものようはじまる、私のパイを作り。
今回ももちろんやりましたよ!!

本日のパイは、チョコレートクリームパイです。


チョコレートを刻みながら、バレンタインデイの前夜にはこうして毎年、一生懸命、誰かのためにお菓子つくりをしていた10代のころを思い出しました。

021410-3.jpg

あまりうまくできた記憶はありませんが。。。(笑)

パイが出来上がった頃には、ニモはすでにおやすみ。。。

021410-4.jpg

おやすみの時間はとっくに過ぎちゃったからね。。。

ちなみにパイのできは、ばっちりでした。

021410-6.jpg

ことしのバレンタインは日曜日だったので、たくさんの人たちが愛する人と楽しい一日を過ごせたのではないでしょうか?

私はいうと。。。

ジャックハンマーと一日中デートでした。

021410-1.jpg

まぁ、それはそれで思い出深い一日になりましたが。。。

後期のトレーニング

2010/02/11 Thu

学校の生徒たちは、毎日がんばって犬の訓練をしています。

前期では、1才半から2歳までの卒業に一番近い犬の訓練をしていましたが、後期に入り、子犬(生後3ヶ月)から2歳までの様々な年齢の犬を、一人で4匹、担当しています。

021110-1.jpg
(オライオン、物を拾う訓練中)

この頃の犬を人の年齢に例えると、保育園児から高校生を相手にしてるようなもの。

生徒たちは、犬たちの年齢に合わせたトレーニングプランをたてて、その犬がどの時期にいるのかを見極め、日々成長する犬に合わせて訓練方法を変えていかなくてはいけない。

021110-2.jpg
(ワイス、お手)

その上、犬も人のように一匹一匹の性格が違うから、その犬の性格をしっかりと考慮して訓練方法を工夫しなくてはいけない。

たとえば、何をするにも考えずに行動する子には、少しゆっくりと訓練して考えさせる時間をあたえる。
逆に、何をするにも考えすぎる子には、考える時間を与えずテキパキと物事をこなさせる。

得意なことをのばすだけではなく、不得意を得意にさせることが大切。

021110-3.jpg
(シカ、冷蔵庫のドアを閉める)

後期のトレーニングの目標は、どの年齢でどんな性格の犬でも訓練ができるようになること。

そのためには、とにかくたくさん訓練して、経験を積み重ね、自分の「できる幅」をひろげること。

021110-4.jpg

立派な介助犬訓練士&介助犬になるために、今日も生徒と犬たちは二人三脚です。

Z's:生後12週

2010/02/08 Mon

今日は、日曜日!

しかも、いいお天気。

真っ青な空に雲がゆっくり流れ、空を見ているだけでうれしくなる。

020710-8.jpg

鳥たちも、優雅に空を飛んでいました。

020710-9.jpg


こんな日には、もちろん犬たちを外に出して一緒に遊ぶ。

青い空の下、緑の草原を走る犬の姿は美しいの一言。

020710-6.jpg

もちろん、モデルのオティーズくんがかっこいいからなんですけど。。。(親ばかです)



もちろん、遊び盛りのZたちもお外へ。

ザックくん、いい笑顔です。

020710-1.jpg

ジプキンくんとオリーブちゃんもそろっていい笑顔です。

020710-2.jpg


ズームくんは骨に夢中。

020710-3.jpg

顔がたいへんなことになってますけど。。。



ゾーイちゃんはカメラを向けると、いつもすまし顔。

020710-4.jpg

お嬢様です。


ゼインくん、黒いはずの鼻が白くなってますけど。。。

020710-5.jpg

明日、学校に行ったら一番にシャンプーですね。。。


数日で、生後12週になるZたち。

もうすぐ、学校の外に出て社会化トレーニングができるようになります。



こないだ産まれたと思ったら、もうこんなに大きくなって、そして、あっというまに私たちのもとを離れて行くんです。

うれしいような、かなしいよういな。。。

でも、みんな、こうして立派に育ってくれているので、喜ぶべきなんでしょう。




最後に、ずっと撮りたかったこの写真。

三色ラブパピー

020710-7.jpg

モデルはゾーイちゃん、ジプキンくん、オリーブちゃん、

ゾーイちゃんは完全にジプキンくんの上に乗っかってるけど、大きなジプキンは気にしなーい。

っていうか、ジプキンくんの手が以上に大きく見えるのは私だけ?!

W & X: 1才の誕生日

2010/02/05 Fri

2月1日はWたち、2月4日はXたちの1才の誕生日でした。

020510-3.jpg
ザイランとウェスティー

Wたちは、マリリンママから産まれた9匹のゴールデン。

020510-1.jpg


Xたちは、ビューティーママから産まれた8匹のラブ。

020510-2.jpg

産まれた日が3日しか違わないので、ある時期からは一緒に生活するようになり、ママたちもどっちの子でも関係なくミルクをあげていた。

020510-4.jpg

それからは、WたちとXたちは本当の兄弟のようになった。

020510-5.jpg

ご飯を食べるのも一緒。

020510-8.jpg

遊ぶのも一緒。

020510-10.jpg

寝るのも一緒。

020510-7.jpg


17匹の兄弟たちは仲良くすくすくと成長し、あっというまに大きくなって、生後3ヶ月になるころにはみんな新しいお家(パピーホーム)が決まりバラバラになった。

020510-9.jpg


あの、17匹の子犬の世話に追われていた日々からもう1年。

WたちもXたちも立派に成長しました。

すでに遠くはなれてしまった兄弟たちや、まだパピーホームにいる兄弟たちがいるので、全員が揃うことはできませんでしたが、学校にいる8匹で記念撮影をしました。

020510-6.jpg

これから、本格的な訓練をして立派な介助犬を目指すWとXたち。

私は、そんな彼らの成長をこれからもみまもっていきます。


Webb, Wolf, Woddy, Westy, Wicker, Wiess, White, Wendy, Whitnie,
Xander, Xolo, Xing, Xylan, Xuxu, Xica, Xian, Xosa
Happy Birthday!

ドッグショー

2010/02/03 Wed

毎年、この時期にサンフランシスコで行われるドッグショーに行ってきました。

こちらは去年の同じドッグショーです。
ドッグショー(前編)
ドッグショー(後編)

毎年、数回ドッグショーに行きますが、やっぱりいいですね。ドッグショー。

なんといっても、ショーのゴールデンはきれい。

020310-3.jpg

今回は50等ほどのゴールデンがエントリーしていたのですが、ずらっと一列に整列している姿にはうっとりします。

020310-2.jpg

もちろん、ゴールデン以外にも、様々な種類のきれいな犬たちが勢揃い。

020310-8.jpg

020310-9.jpg

めずらしい種類の犬たちも、ここではたくさん見れるので、犬種の勉強に役立ちます。

今回のドッグショーで気がついたことは、子供ののドッグハンドラー(犬と一緒にリングにあがる人たち)が増えたこと。

CIMG3829.jpg CIMG3831.jpg CIMG3865.jpg

しかも、大人のハンドラーを差し置いて、タイトル(賞)を勝ち取って行くんです。


子供が、たくさんの犬たちと一緒に生活をしていく中で、学ぶことはたくさんあると思います。

さらに、犬と一緒に何かをやり遂げることができるというのは、すばらしいと思います。


私も、『ドッグハンドラー』という仕事にさらに興味がわきました。

大家族

2010/02/01 Mon

最近、学校が大家族です。

土曜日に一人で犬舎係だったんですけど、2年以上ぶりに、20匹以上の犬たちの世話を一度にしました。

013110-3.jpg

20匹という数はそんなに大変じゃないのですが、その中に子犬が入ってくると話は一変します。

写真を見ていただけると分かるように、生後4ヶ月ぐらいの子犬が半数近くを占めます。

この子犬たちは、ルールというものをわかっていないので、それを一から教えなくてはいけない。

こればっかりは根気体力勝負です。

まだまだ、子犬には負けませんよ!


そんな子犬たちも、徐々にパピーホームに行く予定になっているので、こうやって白いのや、チョコレートや、真っ黒や、ゴールデンを合わせて、とってもカラフルな写真を撮れるのもそう長くは続かない。

ということで、いつもの階段に勢揃い。。。。。。。しきれてない。。。。

013110-4.jpg


まぁ、初めてにしては上出来ですかね?

もうちょっと訓練して、20匹勢揃いが私の目標です。


ワイスとナンはいつでも準備万端のようです(笑)

013110-2.jpg


犬たちにとって、マネージャーは優しいお母さん、私は一番年上の厳しいお姉ちゃんといったところ。

実際の兄弟の中でも、私はお母さんより厳しい弟と妹のお姉ちゃんなんですけど。。。(笑)



大家族の兄弟たちは、今日も仲良く元気です。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。