スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どう?

2010/01/30 Sat

「24時間、レトリーバーと一緒」を開けてみて、「あれ???」っと思われた方。


すみません。


なんとなく、テンプレート変えてみました。

どうでしょう?

前のと比べて。。。


どうしても、タイトルが写真にかぶって見にくかったのが気になってたんです。

でも、やっぱりトップの写真は自分の写真をつかいたい!

そして、かつシンプル!


。。。とわがままを言った結果、このテンプレートをみつけたんですが。。。

ご意見、お待ちしています。



さて、今月も今週末で終わり。

まだ、日付の年を書くときに『200。。。』と書いてしまって、仕方なく0と0の間に1を書くのは私だけでしょうか?

こないだも少し紹介しましたが、こちらが私の今学期の担当している1才半のゴールデン、オティーズくんです。

CIMG3577.jpg


そして、もう一匹、

4ヶ月のゴールデン、オリーくんです。

CIMG3285.jpg


2匹ともとってもかわいいんです。

CIMG3572.jpg

がんばって、賢い子に育てます!


私が去年まで担当していた子たちには、新しいママやパパができました。

ナイル(左)とニモ(右)はチョコレート同士、とっても仲良しで、

CIMG3625.jpg

ヨーコも、もうすぐパピーホームに行く予定です。

CIMG3602-yoko.jpg

自分の担当犬が他の訓練士の担当犬になるたびに、「犬離れ」をしなくちゃいけないのですが、これは親子で言う「子が親離れするより、親が子離れする方が難しい」というのとまったく同じです。。。。
スポンサーサイト

Z's:生後8週間

2010/01/27 Wed

今日は、久しぶりのZたちの登場です。

久しぶりすぎて、忘れてしまったかたはこちらをどうぞ。

Z‘s:命名
Z’s:生後3週間
Z‘s:生後2週間

私がメキシコへ旅立つ当日、寂しくならないようにと彼らに会いに行き、写真をとりました。

012710-1.jpg

このとき、Zたちは生後5週間。

012710-2.jpg

生後5週間の子犬が数週間でどう変わってしまうのかは、よくよく知っている。

だから、この一番かわいい時期をしっかりと目に焼きつけてメキシコに旅立ちました。

012710-3.jpg



それから3週間、生後8週間になったZたちは。。。


全員、見違えるほど大きくなっていた。。。

012710-7.jpg

。。。当たり前ですよね(笑)


顔つきもしっかりして、運動能力もはるかにあがっていた。

012710-5.jpg

わかってはいても、やっぱり数週間でこんなに成長されるとびっくりする。

それに、一匹増えていた。

ワシントン州のブリーダーさんからやってきた、イエローラブの女の子、
オリーブちゃんです。

012710-6.jpg

なんと、誕生日がZたちと同じ日!

だから、すんなりとZたちの仲間入り。

012710-8.jpg


今日は、長く続いたどんよりした天気がやっと一段落したので、夕方、子犬たちをそとで思いっきり遊ばせてあげた。

012710-15.jpg

遊び盛りの6匹は、大はしゃぎでした。

012710-13.jpg

たくさん写真をとったのですが、ここでは紹介しきれないので、残りはFlickrに載せておきます。

右側にリンクがありますので、みなさんのご訪問お待ちしています。

誕生日

2010/01/25 Mon

先週の金曜日は、うちの学校の校長の誕生日でした。

年齢は。。。Sixty。。。。です。

012510-3.jpg


今年は、みんなでサプライズパーティーをすることに。。。

金曜日の午後から、こそこそといろいろなものを教室に持って行き、いたるところに飾り付けを施し、イスやテーブルをならべました。

012510-4.jpg

金曜日の夕方なのに、みんな帰るどころか、ボランティアの人たちや生徒たちが学校内をうろうろしているので、気づかれているのではないかとヒヤヒヤでしたが、まったく感づいてなかったようで、見事サプライズ成功!

012510-5.jpg

ボニー、
お誕生日、おめでとう!!


そして、その2日後、

日曜日は私の誕生日でした。

年齢は。。。内緒。。。。です。

たくさんの人から、おめでとうメールやプレゼントをいただきました。

012510-8.jpg

両親をはじめ、皆さんのおかげで、またこうして誕生日を迎えることができました。

ありがとうございます。


そして、とっても久しぶりにショッピングモールに行き、自分のためにプレゼントを買いました。
一番の買い物は、新しいスーツケース。

012510-7.jpg

この子が、私の旅のお供3代目です。

そして、こちらが、私の今学期のお供、

012510-1.jpg

オティーズです。

よろしく!

メキシコからカリフォルニア

2010/01/23 Sat

火曜日、メキシコのワハカから、アメリカのカリフォルニアに帰る日

ワハカは朝からとてもいいお天気。

気温も、昼間には30度を超えるほど。。。

012210-1.jpg

汗をかきながら、荷造りと掃除をして、午後3時頃にワハカの家を出ました。

ワハカ空港からメキシコシティー空港までのフライトは1時間もかからずスムーズだったのですが、メキシコシティー空港で数時間待たされ、カリフォルニアにとびだった頃にはすでに夜に。。。

でも、そのおかげで、メキシコシティーの夜景が一望できました。

012210-2.jpg

とびだって、30分ぐらい、ずっとこんな景色の上を飛んでたんです。

それは、それは、すばらしかったです。

メキシコシティーからサンフランシスコまでのフライトは5時間弱のはずが、向かい風の強風のため6時間半ほどかかりました。

012210-3.jpg

サンフランシスコに降り立つ直前には、ゴールデンゲートブリッジが見えました。

家に着いたのは、午前2時。
カリフォルニアはワハカより2時間遅いので、体内時計は朝の4時。。。

その日は、荷物も開けずに、そのまま就寝。。。


次の朝、起きてみると、24時間前にいた場所とはまったく正反対の。。。。


雨。。。。

012210-4.jpg


暑くて乾いた場所から、寒くて土砂降りの場所に。。。。(涙)


ここ数日間、一日中降り続く雨と寒い気候のため、ワハカに戻りたい!と嘆いておりました。


でも、今日の午後、カリフォルニアに帰って来て初めて太陽がちょっと顔を出しました。

012210-7.jpg

やった!とばかりに、ここ数日、大雨のため室内でしか遊べなかった犬たちを、さっさと外に出しました。

012210-5.jpg

犬たちははうれしそうに運動場を駆け回っていました。

012210-6.jpg

そんな、犬たちを見て、私は彼らと同じぐらい(もしくはそれ以上に)うれしくなりました。


でも、やっぱり寒い!

この天候の変化になれるまで、一週間はかかりそうです。。。



おっと、言い忘れてました。

「ただいま、カリフォルニア!
 ただいま、みんな!!
 また、うるさいHOKOがもどってきたよぉー!!」

ワハカの犬

2010/01/20 Wed

*メキシコ滞在日記*

どこに行っても、目が犬をいち早く見つけてしまうのは、職業病。

ワハカでも、様々な犬をみつけました。

まず、家の外で放し飼いになっている犬。
家の前かその辺りの道路で寝転がっている。

012010-1.jpg
012010-3.jpg

この犬たちは、たいていその家の人たちから十分な食事を与えられているので、家の周辺をうろうろするぐらいで、町中に出て行くことはないのだと思う。


そして、こっちは野良犬。
町中の、市場や公園をうろうろする。

012010-5.jpg
012010-8.jpg

公園の噴水に入って、水浴びをしたりもする。
首輪がついていることもが、だれも、どこの犬かを判明しようとはしない。


そして、番犬/屋根犬

012010-2.jpg
012010-18.jpg

小型ー中型犬で、たいてい家の中から出ることはない。
家の中、中庭、または家の屋上(屋根)で飼われてる。

ワハカの住宅は、隣同士が並び合って建てられてるため、屋根をつたって敷地内に侵入されることもあるので、「ルーフドッグ」といって、人々が出かける昼間は屋根に住んでいる犬がいる。


もちろん、普通のペットとして飼われている犬もたくさんいるが、町中でリードを使わずオーナーさんと散歩している光景をよく見かける。

012010-4.jpg
012010-14.jpg

オフリード(リードを使わず一緒に歩く)は、犬の訓練のひとつで、私たちも安全な場所でやることもあるが、人通りや交通量が多い道の歩道でオフリードをしているのをみるとびっくりする。

私たちが訓練としてするのとは違い、おそらく、「リードを使うのが面倒だから。。。」という考えの結果、おこなわれている行為なんだと思う。

リードを使わず散歩をするぐらいだから、普通の公園で犬と一緒にボールで遊ぶのだって、普通にありえる。

012010-16.jpg


町中で、自由にしている犬をみても、全く気にしないワハカの人々。
だから、コーヒーショップにペットが入っていることも。。。

012010-11.jpg

「犬お断り」とステッカーが貼られている店以外は(一件しかなかったが)、おそらく犬をつれて入ってもいいのだとおもられる。

そんな、ワハカでも、私はやっぱりドッグトレーナー。

ご近所さんのお家で飼われている、ワイヤーフォックステリアのサニーくんです。

012010-12.jpg

サニー君は2歳。

奥さんがアメリカ人で、旦那さんが地元の方。

2人とも犬のトレーニングの経験はなし。
サニー君は自分勝手に行動し、おすわりもできませんでした。

一週間半で、30分ほどのレッスンを4回した結果、

おすわりは完璧。
ドアが開いても、OKがでるまで出ない。
呼んだら来る。
リードを引っ張って歩かせないこつ。

など、基本的なコミュニケーションがとれるようになり、サニー君とオーナーさんたちの関係もずいぶん向上しました。

012010-13.jpg

人々の住んでいる国や文化が違えば、そこに住む犬たちの生活も様々。

私たちが、公園の隅で犬のトレーニングをしていると、「あれは、なにをしているんだ?」というような顔つきで地元の人たちが物珍しそうに見物にくるほど、こちらの人々は犬を訓練するということを知らない。

それでも、この地で育った旦那さんも、自分が何かを犬に言って、犬がそれをしてくれた時、すごく喜んで、「つぎはなに?もっとやりたい!もっと学びたい!」という意欲を出してくれた。

そして、犬の訓練を「楽しい」と言ってもらえた。


どんなに、住んでいる国や文化や犬に対する考え方が違えど、犬とよい関係が築けることは、うれしいし楽しい。

それを、もっといろいろな国の人々に知ってもらいたい。

それが、私の目標です。




これで、3週間にわたるメキシコ滞在日記は終了です。

いつものネタからはすこし外れましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?

明日から、「24時間、レトリーバーと一緒」再開です!

ワハカの人々

2010/01/19 Tue

*メキシコ滞在日記*

先日、クリストネグロという、地元のある教会のお祭りに行ってきました。

ものすごいラテンミュージックの生演奏、

011910-16.jpg

モノスという、大きな人のかぶり物をかぶってステージで踊る人たち、

011910-15.jpg

花火のついたかぶり物をかぶって、踊る子供たち、

011910-14.jpg

そして、地元の人たちも、このイベントを見にやって来ていました。

011910-18.jpg

ワハカにきて、3週間。

地元の人たちの生活をたくさん見てきました。


頭の上に大きな物をのせて、平然と歩く女性や、

011910-1.jpg

道ばたでアコーディオンを演奏する子供や、

011910-2.jpg

市場の端っこで、品物をうるおばあさんや、

011910-3.jpg

学校帰りに、噴水で遊ぶ子供たちや、

011910-7.jpg

小さな屋台に集まって、楽しそうに笑うおばさんたちや、

011910-12.jpg

何百冊もの雑誌や新聞を売るおじさんや、

011910-13.jpg

様々な種類の雑貨を取り揃えるお土産やの店主や、、、

011910-6.jpg

誰もが知る観光地をおとずれるのすばらしいけれど、そこに住む地元の人たちと、その人たちの生活を知り、文化の違いや、価値観の違いや、考え方の違いなどを感じられることも、すばらしいと思う。

お祭りの最後には、棟に設置された花火に日をともし、

011910-19.jpg

町中にも関わらず、本格的うちはげ花火が空を輝かせた。

011910-20.jpg
(私は木の下にいたので、木を通してとった花火です。)

そんなことをしても大丈夫なとこらへんが、またワハカらしい(笑)

ワハカの人々は、とってもオープンでのりがいい。

それに、地元の人々は、みんなワハカが好きで、この町に住んでいることを誇らしく思っている印象をうけました。

次回、来る時までに、もうちょっとスペイン語を勉強して、地元の人たちともっと仲良くなれたらいいな。



本日、アメリカに帰ってきました。

しかし、もう一つメキシコネタが残っているので、明日、最後のメキシコ滞在日記を書かせていただきます。

タイトルは、(もちろん)「ワハカの犬」

観光地4.エルトゥーレ

2010/01/18 Mon

*メキシコ滞在日記*

最後の場所は、エルトゥーレ(El Tule)

これは、場所と言っていいのか、物と言っていいのか、生き物といっていいのか。。。?

私の印象は、優しい怪物

011210-6.jpg

はい、木です。

でも、この木、ただの木じゃないんです。

世界で一番大きな幹をもつ木なんです。

011210-1.jpg

幹は、まったくフレームに入りきらず、

011210-5.jpg

上を見上げても、入りきらず、

011210-2.jpg

後ろにさがっても、なかなか木の全貌が見えてこない。

011210-4.jpg

樹齢2000年ともいわれているこの木は、枝は今でも伸び続け、木の葉の緑もすばらしい。

011210-7.jpg

あっというまに、この木が好きになりました。


ここで、ワハカ州の一日観光が終了。

でも、この州にはまだまだ行きたい観光スポットがある。

これで、またワハカに帰ってくる理由ができました。

観光地3.ヤグール遺跡

2010/01/17 Sun

*メキシコ滞在日記*

おなかがいっぱいになったところで、次はヤグール遺跡へ。

CIMG2769.jpg

ヤグールとは、当時の言葉で「古い木」と言う意味。

日本では目にしないような木がたくさんありました。

CIMG2814.jpg

CIMG2785.jpg

CIMG2793.jpg



ヤグール遺跡もミトラと同様、サポテカ文明を象徴する遺跡で、丘の上に建てられた都市の形が残っています。

その中を少しご紹介します。

まずは、競技場。

CIMG2806.jpg

ここで、何らかのボールを使った競技が行われていたとされる。

とても大きく、全体の形はHのようで、真ん中はVの字のように傾斜になっている。

どういうルールで、どのように競技を行っていたのかは知られていない。


中庭

CIMG2777.jpg

ミトラの神殿内と同じ構造で、迷路のように分けられた6つの中庭と、さらに、その横には左右にのびる小部屋がある。



こちらは、地下に掘った穴。

CIMG2813.jpg

ここは、お墓だったらしい。

中には左右に小部屋があり、両脇に壁には顔の彫刻と装飾がほどこされている。

CIMG2807.jpg

中からみた外はこんなかんじ。

CIMG2811.jpg

中の光は、地上まで細く掘った穴から差し込む天然光。

CIMG2809.jpg

ここに入ったとたん、どこか別世界に連れてこられたようで、そこで、じっと座り込んで年百年も前の空気を感じていた。

お墓も気に入ったけど、私の一番のお気に入りは景色。

雲間からこぼれる光と、それに照らされた山々とワハカバレー。

CIMG2784.jpg

CIMG2790.jpg

CIMG2774.jpg

この写真は、私のフリッカーページで、フルスクリーンで見ていただきたいので、こちらへどうぞ。

http://www.flickr.com/photos/saehokoyama/sets/72157623099226859/

そして、しめくくりはこれ。

CIMG2761.jpg

ヤグール遺跡の近くにあるおかなんですけど、よーくみると。。。



CIMG2762.jpg


!!!!


いったい、いつ、どうやって?!?!?!



つぎは、最後の場所。

世界一大きな木へ!!

観光地2.メスカル

2010/01/16 Sat

*メキシコ滞在日記*

ミトラと出た後は、みんなで昼食を食べにレストランに入りました。

そのレストランでは、メスカルというメキシコのお酒をつくっていました。

メスカル(Mezcal)は、リュウゼツラン(竜舌蘭、Agave)という植物から作られるメキシコ特産蒸留酒です。

皆さんも聞いたことのあるテキーラも、このメスカルの一種で、ある一種のリュウゼツランからつくられます。

こちらが、リュウゼツラン。

CIMG2755.jpg

約6~8年ぐらいの物を刈り取り、周りの葉っぱの部分を切り取り、真ん中だけを使います。

CIMG2748.jpg

これを、焼けた石と一緒に穴の中にいれ、ふたをして3日ほど蒸します。

CIMG2747.jpg

穴から取り出し、柔らかくなったリュウゼツランをほぐし、

CIMG2749.jpg

馬の引く巨大な石臼ですりつぶします。

CIMG2750.jpg

すりつぶした物を水と一緒に樽にいれ、発行させ、

CIMG2752.jpg

釜に入れて蒸留させて、

CIMG2751.jpg

できた液体がメスカルです。

CIMG2731.jpg

アルコール濃度は38%。

とても、つよいお酒です。

このお酒と一緒に頂くのがこちら。

CIMG2732.jpg

ライムの真ん中にある粉上のものは、リュウゼツランに寄生するグサーノという幼虫を乾燥させ、粉状に挽き、唐辛子粉と塩を混ぜたもの。

これを、ライムにつけ、チェイサーとしてメスカルと頂くのが、こちら流。

私も、しっかり頂きました。

CIMG2746.jpg

たしかに、強いお酒ですが、すばらしい風味がありとてもおいしかったです。

一緒にいただいた、チキンとモレネグロソース(チョコレートをはじめ、たくさんの材料を煮込み作ったソース)のお料理もすごくおいしかったです。

CIMG2739.jpg


おなかもいっぱいになったところで、次はヤグール遺跡へ!

観光地1.ミトラ

2010/01/16 Sat

*メキシコ滞在日記*

先日、ワハカの町からちょっと抜け出し、観光に出かけました。

その時の模様を何度かに分けてご紹介します。

まず、一番に向かったのは、ミトラ。

CIMG2677.jpg

ミトラはサポテカ文化を象徴する古い遺跡で、後古典期前期900年~1200年頃の遺跡とされ、スペイン人がメキシコに到着した後も、機能していたとされている。

ミトラという名前の意味は、「死者の地」

この建物と、そこにいた人々の格好、行われていた儀式を目撃したスペイン人は、あまりのおぞましさに恐れをなしたともいわれている。

屋根は木でできていたため、建物の壁しか残っていないが、その壁に装飾がとてもユニークです。

CIMG2679.jpg

一つ一つの模様に意味があり(例えばこれは「生」)、小さな形の違う石を組み立てて模様を作っている。

CIMG2694.jpg

建物の全てが石でできているが、接着剤のような物はいっさい使われていない。

地震が多いこの地域ならではの工夫で、全体の石は動いても崩れない仕組みになっているそうだ。

CIMG2711.jpg

壁の反対側には大きな神殿と、広場がある。

CIMG2688.jpg

CIMG2709.jpg

何百年も前にこの場にきたスペイン人は、いったい何を見、どのように感じたのかを考えさせられました。

神殿を上ると、大きな石の支柱と、迷路のように作られた通路と小部屋がある。

CIMG2689.jpg

CIMG2691.jpg

さらに、地下にいく通路もあり、

CIMG2708.jpg

入って行くと、さらに、上に上がったり横に伸びたりする通路があり、

CIMG2707.jpg

もちろん、地下の壁にも装飾が施されている。

CIMG2704.jpg

サポテカ文化を支えた、すばらしい建築技術が伺えます。

大学で勉強した、サポテカ文化の遺跡を初めて見ることができ、いっそうメキシコ文化に興味がわきました。

CIMG2726.jpg

最後に、記念撮影。

CIMG2699.jpg


次回は、メキシコのお酒、メズカルをご紹介!
お楽しみに!

ワハカの道

2010/01/12 Tue

*メキシコ滞在日記*

メキシコは今日も晴れです。

CIMG2654.jpg


さて、

この町では、どこに行くにも歩いていきます。

たいていの物は徒歩15分ぐらいで手に入るし、町の端から端まで行くにも30分もあれば十分です。

しかし、車いすで移動するとなると、話は別です。

まず、坂道が多い。

CIMG2603.jpg

ちょっと坂道ならまだしも、ずっと先まで坂道という道も少なくなく、電動車いすじゃないと無理です。

そして、車道はでこぼこ道。

CIMG2480.jpg

この町の道はすべてこんなかんじなので、車いすは絶対に車道に出られない。

でも、(もちろん)全ての歩道がきれいに補正されているわけではなく、アスファルトがはがれていたり、

CIMG2426.jpg

歩道がなくなってことも少なくないので、車道に出なければ前に進めないことも多々。

CIMG2445.jpg

さらに、あっちこっちで大規模な道路工事が行われているため、回り道をしないといけないのも日常茶飯事。

CIMG2646.jpg

もちろん、店に入るときに段差があったり、交差点から横断歩道でるスロープがなかったりなど、決して車いすで生活するには便利と言える町じゃない。

でも、ワハカはすばらしい町だし、あそこにいきたい!ここに行きたい!という願いは車いす利用者も同じ。

だから、車いす利用者の方たちでも自由に町を歩くことができ、たのしく過ごせる町を作らなければならない。

そうすれば、さらに観光客も多くなり、町が活性化する。

そのサイクルを街全体がしっかりと理解し、少しずつ「いい道づくり」=「いい町づくり」につなげていってくれればと思う。

CIMG2367.jpg

そして、その模範となるように、今日も私たちは車いすで町に出かけるます。



これは、今回のネタとは全く関係ないのですが、髪の毛を切りました。

メキシコで。。。

CIMG2665.jpg CIMG2668.jpg
(Before and After)

アメリカ人の髪質よりも、メキシコ人の髪質の方が日本人の物に近いから、こっちの人の方がカリフォルニアの人よりも上手にきってくれるんです。

しかも、800円!(笑)



ワハカの食べ物

2010/01/10 Sun

*メキシコ滞在日記*

この町にきて一番感動したことは。。。

食べ物がおいしい!

とにかく、何を頼んでも驚くほどおいしいものばかり。

しかも、安い!!

地元の人たちが買い物をするマーケートに行くと、新鮮な食料品が山のようにある。

野菜、
CIMG2436.jpg

果物、
CIMG2437.jpg

肉類、
CIMG2440.jpg
CIMG2429.jpg

街に出ると、あちこちに、カリフォルニアではなかなか見ない、本格ベーカリーがあり、
CIMG2482.jpg

さらに、私のお気に入りのカフェもできた。
CIMG2463.jpg

ここのカプチーノは、私が人生で飲んで来たカプチーノのなかで一番おいしい。

さらに、さらに、町のあちこちにある小さな屋台で、その場で作ったトルティーヤ(とうもろこしで作った生地)と地元のチーズを合わせて、その場で焼いてくれるタコスは最高においしい。

CIMG2607.jpg

それに、一つ50円もしないという安さ。

CIMG2609.jpg

こっちに来て、とにかく食べてばかりだから、太って帰りそう。。。

でも、気にしない、気にしない。

ここでしか食べられないのなら、食べなきゃ損!

一時帰国&結婚式(2)

2010/01/08 Fri

結婚式当日、私と妹は午前7時にヘアと着付けをしてくれる美容師さんのところへ。
家を出るときに、その日の主役の弟はまだ家で寝ていた。
男は、こういうとき手がかからないから楽でいいよね。。。

『10時に家から式場にバスがでるから、それまで3時間もあるから余裕だ』と思っていたのに、かなりギリギリでした。
でも、おかんやおばちゃんたちの着付けの方がもっとギリギリでした。
家に帰ってきたら、おとんと親戚のおっちゃんたちはすでに家でお酒を飲んでいた。。。
これから、約12時間のみ続けます。

おっちゃんたちはほろ酔いムードで、女たちはすでに疲れ気味でバスに乗車。
一時間弱で式場到着。

控え室に座る間もなく、弟とお嫁さんがバッチリきめて出てきたので、写真撮影開始。
実は、この結婚式には姉として出席するだけでなく、カメラマンとしての仕事を振り分けられていました。
『集合写真以外はカメラマンさんを頼まなかったから、おねえよろしく!』と言われてしまった。

振り袖でカメラマン。。。
ちょっと無理があるんではないか?1とも思ったのですが、ここは大事な弟の結婚式!
がんばりました!!

チャペルはホテルの最上階。
お天気がよかったので、眺めは最高でした。

120810-6.jpg

式は神父さんの話が非常に長かった以外は、淡々と進みました。

120810-2.jpg

やっぱりお嫁さんはきれいですね。

実は、私、弟のお嫁さんに会ったのはこの日が3度目だったんです。
まぁ、アメリカにいるので当たり前といっちゃあ当たり前なのですが、、、

『小さくてかわいい人』というイメージはあったのですが、こうして改めてしっかり’みると、『小さいけどしっかりしていて、笑顔がとてもかわいい人』だなと感じました。

120810-3.jpg

披露宴は、同じホテルの一室であり、弟の友達、お嫁さんの大学の教授、うちの親戚のおっちゃんたちなどなど、笑いをつくり、盛り上げてくれる人たちが多く、プログラムの予定時間をオーバーしながら進んでいきました。

120810-4.jpg

お色直しや、キャンドルサービスなども終わり、弟がお嫁さんに内緒でつくったビデオでは、みんな(私も含め)うるっときてしまいました。お嫁さんは号泣でしたが。。。

120810-5.jpg

3時間半の披露宴はあっというまで、そこにいているだけで楽しくなるような、そんなすばらしい結婚式でした。

120810-1.jpg

任されていたカメラマンもがんばりました。
たくさんいい写真がとれました。

今度は、撮った写真とビデオでDVD作りです。

1月6日 公現際

2010/01/08 Fri

*メキシコ滞在日記*

数日前のお話ですが、1月6日はエピファネイア(日本語では公現際というそうです)という祝日で、カトリック教のクリスマスはこの日に終わることになっています。

つまり、12月24日から1月6日までの2週間がずっとクリスマスで、この公現際の日に子供たちはクリスマスプレゼントをもらい、1月7日にやっとクリスマスの飾りが片付けらるそうです。

CIMG2567.jpg

クリスマス最後の夜を楽しもうと、町の中心の広場には、ゲームを楽しむ子供たちや、屋台をまわる若者や、ラテンな音楽にあわせて踊りを踊る大人たちであふれかえります。

CIMG2570.jpg

そして、公現際の日には、どの家でも行われる伝統的習慣があります。

それは、ロスカという菓子パンとホットチョコレート(ココア)をみんなでいただきます。

祝日の前日頃から、いたるところでロスカが売られ始めます。

CIMG2488.jpg

そして、ホットチョコレート用の板チョコをチョコレート屋さんで買います。

CIMG2473.jpg

CIMG2586.jpg

私の家でも、近所の人や友達を呼んで、ロスカとホットチョコレートをいただきました。

CIMG2587.jpg

CIMG2588.jpg

このロスカの中には小さな子供の人形が入っていて、自分のロスカの中に入っていると、その人は一ヶ月後にある祝い事の際に食事を用意しなければならないらしい。

CIMG2591.jpg

だたのあたりはずれの遊びではなく、本当に当たった人が全員分の食事を用意するとこらへんが、メキシコらしい。

初めてのメキシコで、2つの大きな祝日を体験できました。


予定では来週の水曜日にカリフォルニアに帰る予定でしたが、事情によりメキシコ滞在が一週間ほど長引きそうです。

この町は、学校のスタッフと犬たちに会えないこと以外は、なんの不満もなく過ごせるいい町です。

ということで、もう少し、メキシコ滞在日記におつきあいください。

何千もの写真

2010/01/07 Thu

*メキシコ滞在中日記*

普段のとっても忙しい日常から離れて、ちょっとゆっくりとした時間がある毎日。

そんな時間を使って、毎日、何をしているのかというと。。。


何千枚も撮りためた犬たちの写真の整理。

08,04,20

大げさでなく、本当に何千枚もあるんです。

2009年でとった写真が8千枚以上あり、それほどではないが2007年、2008年もけっこうな量の写真。

それを一枚ずつ見て、気に入っている写真を別のフォルダーにコレクションしていく。

CIMG8222.jpg

そして、さらにそのコレクションした写真を編集し、Flickrにアップロードして。。。

今日、やっと、皆様に見せられるようになりました。

CIMG4504.jpg

こちらが、私のアドレスです。
http://www.flickr.com/photos/saehokoyama/

これからも、ブログに載せた写真や、載せられなかった写真や、そのたもろもろの写真を載せていきますので、どうぞお気に入りにいれておいてください。

ワハカの名産物

2010/01/04 Mon

*メキシコ滞在日記*

この町、ワハカにもクリスマスやお正月を通して旅行客が多く訪れます。

CIMG2306.jpg

メキシコの違う町から訪れる人もいれば、アメリカから訪れる人もいるそうです。

その時期に合わせて、大通りには大きなテントが立ち、様々なワハカの名産物を売るお店が建ち並びます。

CIMG2353.jpg

そのなかで、売られている面白い物をご紹介。

石をつかって作ったアクセサリー
CIMG2397.jpg

伝統的な手法で、ユニークな形の服やスカーフ
CIMG2406.jpg

黒い焼物
CIMG2408.jpg

とってもカラフルな動物の置物
CIMG2395.jpg

その他にも、面白い物がいっぱいあって、何を買って帰ろうかと考えています。

でも、まだスペイン語の数字を覚えられてないので、一人で買い物に出かけられるにはもうちょっとかかりそうです。

メキシコの家

2010/01/02 Sat

*メキシコ滞在日記*

ところで、なんでHOKOは犬なしでメキシコにいるんだ?とお思いの方。

卒業したから、そのご褒美に休暇でもとって、メキシコにいったんだ。。。と思われた方。。。

半分正解です。

私は、夜は在宅ヘルパーとして、障害のある奥さんとその旦那さんの家に一緒にすんでいるのは前にお話しましたが、彼らはメキシコにも家をもっていて、年に数回、休暇をとってそちらの家に行きます。

もちろん、奥さんと一緒にヘルパーさんも一緒にメキシコに行かなくてはいけません。

去年は、別のヘルパーさんが一緒にいったのですが、今年は、私が一緒に行くことになりました。

つまり、仕事半分、休暇の旅行半分です。


メキシコの家は、とってもかわいいお家で、とくに、中庭がきれいです。

CIMG2315.jpg

噴水があって、そのまわりを色とりどりの草花が彩ります。

CIMG2415.jpg

昼間には、太陽の光が入って来て、そこで本を読みながらのんびり過ごします。

CIMG2313.jpg

でも、気をつけないと、強い日差しで日焼けをしてしまいますが。。。


私は、中庭からの螺旋階段をあがり、二階の部屋を使わせてもらっています。

CIMG2335.jpg

一人の隠れ家のようで、とても居心地がいいです。


日々の分刻みのスケジュールからちょっとぬけだし、毎日、ゆっくりとした時間を過ごさせてもらっています。

今も、リビングのソファーに座り、噴水から流れおちる水の音を聞きながらブログを書いています。

CIMG2411.jpg
(リビングからみた、中庭の景色)

皆さんは、どんなお正月をおすごしですか?

大晦日

2010/01/01 Fri

あけましておめでとうございます。

HOKOも無事、2010年を迎えることができました。

大晦日の夜は家で紅白を見ながらではなく、たいへん豪華なレストランで過ごしました。

CIMG2320.jpg

頂いたご飯もワインも、どれもがおいしくって幸せでした。
CIMG2317.jpg  CIMG2322.jpg  CIMG2323.jpg  CIMG2326.jpg  CIMG2328.jpg

レストランを出るころには、午後10時頃だったのですが、除夜の鐘ではなく、あちこちで花火があがる音がし始めました。

こちらでは、静かに年越しではなく、みんなで騒いで花火をあげて、盛大に年越しをするようです。

CIMG2331.jpg

家に帰ってから、みんな、おなかがいっぱいにもかかわらず、年がこす前にちゃんと年越しそばを食べました。

CIMG2333.jpg

みりんがなかったのですが、ちゃんとそばの味になったことにちょっと驚きでした。

その後は、なかなか鳴り止まない花火の音と、近所の大音量の音楽で、昨日からほとんど寝てないにも関わらず眠れず、インターネットで第60回NHK紅白歌合戦を年が明けてから見始めました。

でも、やっぱり一緒に寝てくれる、毛むくじゃらがいないと寂しいです。

CIMG2164.jpg

みんな、元気にしてるかな?

そう思いながら、いつの間にか眠りについていました。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。