スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクスギビングデイ

2009/11/29 Sun

ちょっと遅くなりましたが、26日(木)はサンクスギビングデイでした。

アメリカで、クリスマスの次に大きな祝日です。

サンクスギビングは家族や親戚、友達など、みんなで集まって、七面鳥を食べます。
だから、よく、ハッピーターキーデイ!なんて、言います(笑)

うちの家でも、七面鳥を焼きました。
もちろん、丸焼きです。

CIMG0238.jpg

私は、パイを作りました。

バナナクリームパイと。。。

CIMG0242.jpg
CIMG0411.jpg

クランベリー&アップルパイです。

CIMG0244.jpg
CIMG0252.jpg

そして、いつものように、カリフォルニアロールも。。。

CIMG0246.jpg

私たちが、忙しく食事の用意をしているあいだ、ナイルスは親戚の子供たちが遊んでいるおもちゃを。。。。

CIMG0230.jpg

盗み。。。

CIMG0231.jpg

自分の物にしたかったのだが。。。

CIMG0233.jpg

私に取り上げられ、人のおもちゃではなく、犬のおもちゃを渡されたので。。。

CIMG0235.jpg

95歳になるおじいちゃんに、それで遊んでもらっていた。

CIMG0241.jpg

なんとも、かわいい光景だった。

サンクスギビングディナーはどの料理もおいしくって、毎年のことながら、食べ過ぎて動けなくなってしまった。

サンクスギビングは、もともと神に感謝を捧げる宗教的なイベントだったが、現在では親しい人々とおいしい食事をし、楽しい時間を過ごす日になっている。

これが、私にとってアメリカにきて6度目のサンクスギビング。

たくさんの人々に支えられ、また今年もこのようにサンクスギビングデイを過ごせたことに改めて感謝したいと思う。


そして、食事を終えて、片付けをして、部屋に戻ってブログを開けてみると。。。

CIMG0257.jpg

10000

こうやって、ブログを書かせてもらえるのも、毎日、世界のどこかで、私のブログを読んでくださっているみなさんのおかげです。

ほんとうに、ありがとうございます。

そして、これからも、HOKOの「24時間、レトリーバーと一緒」をよろしくお願いします。
スポンサーサイト

チョコチョコ

2009/11/26 Thu

Yたちがまだ生後6週間で、Zたちが産まれたばかり。

すでに、14匹の子犬がいるのに、さらに2匹増えました。

カリフォルニア州から一番遠い州、メイン州からきました。
ヌートンと、
CIMG0097.jpg

ナイルスです。
CIMG0089.jpg

見てのとおり、二匹ともチョコラブの男の子です。

生後8週間で、アメリカの一番東から一番西まで飛行機に乗ってやってきました。

CIMG0101.jpg

2匹とも元気いっぱいで怖いものしらず。

CIMG0113.jpg

それでいて、とっても賢く、いい子たちです。


2匹ともまだ小さいので、もう少し大きくなるまではヌートンはパピーホームに、ナイルスは私が面倒をみています。

CIMG9886.jpg

カリフォルニアにきたその日から、約1週間、ずっと一緒にいるので、ナイルスはマザコンになる一方です(笑)

Z's:誕生(後編)

2009/11/24 Tue

やっと、レインが手術室から出てきたました。

レインはまだ麻酔がぬけてないけど、子犬たちはおなかがすいているので、とりあえずミルクを。。。

CIMG0079.jpg

ようやくミルクにありつけ、子犬たちはやっと静かになりました。


レインが麻酔から起きて、子犬たちと一緒にマネージャー宅に帰って来たのは、朝の5時半。

部屋を暖め、お産箱をきれいにし、ママを寝かせ,子犬たちの体重を量り、色違いのリボンが首にまかれ、やっとみんなが落ち着いた頃には日が昇り始めていました。

CIMG0085.jpg

ブラックの男の子が3匹。
チョコレートの男の子が1匹。
ブラックの女の子が1匹。

計5匹のZたちの誕生です。


今回のお産は、大変だった。

帝王切開に立ち会ったのはこれが2度目。

やっぱり、帝王切開はママにとっても子犬たちにとってもストレスが多く、自然分娩できることにこした事はないのだと思った。

それに、今回初めて、この手で死産の子をとりあげた。

まったく同じ形で、同じところから出て来たのに、「生」と「死」の子犬を同時に手で触れると、それは怖いほど全く別のものに感じられた。

しかし、その「生」と「死」をわけたものは、おそらくほんの小さなことだったのだろう。

そんな、小さな「生」と「死」の境を感じると、生きていられる、生きていてくれることへのありがたみを感じる事ができる。

小さな「生」をみつめるだけではなく、小さな「死」にも目をそむけないこと。
なぜなら、「死」から学ぶ事はたくさんあるのだから。



レイン、今日は大変おつかれさまでした。

CIMG0124.jpg

これからの子育ても、一緒にがんばろう!

CIMG0128.jpg

Zたち、産まれて来てくれてありがとう。

Z's:誕生(前編)

2009/11/24 Tue

予定日は21日から23日だと分かっていました。

23日の夕方になって、やっとお産の兆候が見られ始めました。

待つ事、6時間。。。

11時頃にやっと陣痛が見られました。

でも、なかなか子犬は産まれてこない。

そして、11時半になって、一匹目が産まれました。
しかし、その子は死産でした。

その子の体重を量ってみると、約250グラム。
普通、子犬は400グラムぐらいで産まれてくるから、あまりにも小さいし、陣痛もちょっとおかしい。

一匹目が産まれて5分後には、私たちはママのレインを車に乗せて、緊急動物病院へ。

病院で検査をして、陣痛を助ける注射などをうち、1時間ほど待ってみましたが、次に産まれて来た子も、死産でした。

その時点で、自然分娩はあきらめ、帝王切開へ。。。



日付は変わって、24日午前3時。

待合室で不安になりながら待っていたマネージャーと私の耳に、子犬の鳴き声が聞こえました。

「the most wonderful sound」
そう、マネージャーが言いました。

そのすぐ後に、私たちも処置室に入り、次々に産まれてくる子犬たちをタオルで拭き、マッサージをしました。

CIMG0069.jpg

おなかの中にいた子犬の数は、8匹。

はじめの2匹を含め、計3匹が死産でした。

しかし、残りの5匹は少し通常より小さいながらも、元気に鳴き声をあげました。

ママのレインがおなかを縫い直しているあいだ、子犬たちは寒くないように暖められたお湯が入ったペットボトルがしきつめられた箱の中で待機です。

CIMG0076.jpg

指を口先に近づけると、指に吸い付きます。
それが、生まれたての子犬だとは思えないほどの吸引力!

CIMG0073.jpg

産まれてすぐ、誰から教えられた訳でもなく,目も見えないのに自分でお乳を探して、ミルクを飲み始める本能をみると、「これが生きる力なんだ」と、改めて命のすばらしさを感じます。

(後編につづく)

Zは。。。まだです

2009/11/23 Mon

23日の夕方になりましたが、子犬は。。。。まだです。

ママのレインは私の横で寝ていますが、時々おなかの中の子犬が動いているのが見えます。

今夜は持久戦です。

「Zたち、早くでてこーい!」




さて、Zたちがうまれてくるまで、Yたちに登場していただきます。

生後5週間になり、さらに動きがよくなりました。

CIMG0028.jpg

そして、さらに、犬らしく。。。

CIMG9919-yodo.jpg

こちら、私が担当するヨーコです。

CIMG0032-yoko.jpg

CIMG9985.jpg

かわいいでしょ?

うちの子が一番かわいいんです。



はい、親ばかです。



次回こそは、Zたちをお見せできると思います。

お楽しみに。

Zはいつ?

2009/11/21 Sat

一ヶ月ほど前に超音波検診で妊娠が発覚したレイン。

おなかもこんなに大きくなり、いまにもはち切れそうです。

CIMG9900.jpg

予定日は21日。

はい、今日です。

でも、様子を見に行きましたが、まだ普通でした。

ということは、「今晩ではないな。。。」と、マネージャーと2人で話していました。

さて、いつ産まれてくるのかなぁ?Zたち。

とにかく、みんな元気に産まれて来てくれれば、真夜中でも早朝でもなんでもいいです。


ゴールデンの子犬は年明け?

2009/11/18 Wed

最近、ラブネタが多いので、久しぶりにゴールデンネタを。。。

こちら、手前の色が薄い方がホリーちゃん、奥の濃い方がハフくんです。

CIMG9633.jpg

今週、2日に分けてこの2匹の人工授精を行いました。

妊娠すれば、年が明けた1月の中頃には、ゴールデンの赤ちゃんが産まれる予定です。

この年末年始の忙しい時期に、ベイビーラッシュならぬ、パピーラッシュで、さらに忙しく。。。。(涙)

でも、この2匹から産まれてくる子犬たちは、かわいい子犬に違いない!

CIMG9637.jpg

妊娠しているかどうかが分かるのは1ヶ月先。

ちゃんと妊娠している事を願うばかりです。

Y's:初めてのお外

2009/11/15 Sun

今日も、すばらしい秋晴れでした。

CIMG9745.jpg

昼間はぽかぽか陽気で、気温も20度近くまであがりました。
でも、朝方の気温が1度だったそうで。。。

だんだん、朝、起きるのがつらくなってきます。


せっかくのいいお天気なので、今日は、子犬たちを初めてお外に出してみました。

CIMG9805-yosemite.jpg

初めての土と草の感触と臭いに、はしゃいでいたのもつかの間。。。

CIMG9792-yvette.jpg

すぐに、おやすみ。。。

CIMG9746.jpg

せっかくのお外なんだから、遊ぼうよ!!といっても、この子たちは夢の中。

しかたがないので、私も、一緒にお昼寝することにしました。

CIMG9753.jpg

こんなに気持ちのいい日曜日に、かわいい子犬と一緒にお昼寝。

最高の幸せです。

ご飯とお昼寝

2009/11/13 Fri

Yたち、本日で、生後4週になりました。

体重もみんな3キロを超えました。

それもそのはず、、、

毎日よく食べる!

CIMG9400.jpg

初めての離乳食から一週間。

もうすでに、ふやかしたドライフードをボールがきれいになるまで食べきるようになりました。

さらに、まだお母さんからのミルクも飲んでいるから、毎日体重を量るたびにびっくりするぐらい大きくなっています。

CIMG9362.jpg

ご飯の時間が終わると、みんなおなかがいっぱいになったので、お昼寝の時間。

CIMG9389-yatzee.jpg

たぶん、この頃の子犬は一日24時間のうち、2時間がご飯の時間で、2時間が遊びで、20時間寝てるのだと思います。

寝る子は育つっていいますしね。

私の教室

2009/11/12 Thu

今週に入り、子犬たちはお産箱から子犬部屋へとお引っ越ししました。

もう、お産箱では収まりきらない大きさになってしまったからです。

子犬部屋はさくで半分に区切られ、奥の方は子犬用、手前の方はお母さん用です。

CIMG9293.jpg

手前にある黄色い箱を乗り越えれば、お母さんは自由に子犬のいるほうと子犬のいないほうに行き来できます。
でも、子犬は箱に上れないので、お母さんは子犬たちなしの時間を過ごす事ができます。

こうやって子犬たちは、少しずつお母さん離れしていくのです。

CIMG9294.jpg


さて、今回のタイトル「私の教室」ですが、実はこの部屋、先週まで私の教室だったんです。

今学期は、全ての授業はこの部屋で行われていて、授業のない時間もこの部屋で課題などをしていたのですが、あっさりと子犬たちに私の教室を取られてしまいました。

でも、どうしても諦められず、子犬用のトレーニングテーブルを二つ棚からおろし、茶舞台のようにし、そこにパソコンとコーヒーと朝ごはんとカメラを置いて、私の教室完成!

CIMG9342.jpg

もちろん、周りには子犬が9匹。

CIMG9343.jpg

この子たちは、ご飯を食べているとき以外は一日のほとんどを寝て過ごしているので、けっこう落ち着いて勉強できます。

でも、時々起きて、かわいくよちよち歩き回る姿を見ると、どうしてもカメラのシャッターを押さずにはいられなくなるので、それだけが難点ですが。。。

CIMG9379.jpg

子犬の部屋を教室代わりにつかう私を見て、スタッフの人たちに笑われてしまいました。

そして、これはどうしても写真に撮るべきだといわれ、カメラを渡したら、こんな写真を撮られてしまいました。

CIMG9393.jpg

あと数週間はこの部屋を子犬と一緒に使わさせていただきます。

ピットブルの赤ちゃん:成長

2009/11/10 Tue

みなさん、2ヶ月ほど前に突然現れたピットブルのお母さんから、11匹の子犬がうまれたのを覚えてます?

CIMG0040.jpg

(忘れた方はこちらの3つでおさらいをどうぞ、、、

昨日、その大きくなった彼らに会ってきました。

彼らは現在、ドッグビジネスを営むうちの大学の卒業生が面倒をみてくれています。

9月の下旬にうまれた子犬たちも生後7週になり、早い子は来週にもお家へもらわれて行くということで、その前に会っておきたいと思い、車で2時間半ほど離れた彼らの住む町に行ってきました。

あんなにちっちゃかった子犬たち。。。

こんなに立派に成長していました。

CIMG9170.jpg

11匹、全員が元気にお出迎えしてくれました。

CIMG9187.jpg

もちろん、ママも元気です。

CIMG9112.jpg

私が訪ねた日はちょうど、子犬たちのお披露目会で、たくさんの人々が子犬たちを見に、そして子犬たちと遊びにやって来てくれました。

CIMG9161.jpg

CIMG9144.jpg

CIMG9168.jpg

こんなにたくさんの人に一度に遊んでもらったのは初めてで、1時間ほど遊び回った後は、みんなおやすみ。。。

CIMG9182.jpg

こういうところはどんな子犬でも一緒ですね。


子犬たちが楽しい時間を過ごしている間、私はというと、「いいときにきてくれた!」とばかりに写真撮影を頼まれ、子犬たちが遊んでいる写真、お客さんとふれあっている写真、里親探しに使う写真などを撮っていました。

私のお気に入りはこの二匹。

CIMG9202-LtBlueM.jpg

CIMG9193-Crober.jpg

この写真を見れば、欲しくならないわけがないかわいさでしょ?

見た目だけじゃなくて、性格も一匹一匹個性がありながらも、みんな社交的で賢い子犬たちです。

みんな、こんなに立派にそだったのも、この2人の卒業生ががんばってくれたおかげです。

CIMG9265.jpg

でも、初めて自分たちで、毎日休まず朝から夜まですべてを子犬の世話をする事を体験した彼らの感想は、「この仕事は好きじゃないとできるもんじゃない。思ったより何十倍も大変だった。」でした。

そんな愛情込めて育てた彼らも、それぞれ家族の一員としてもらわれていきます。

CIMG9262.jpg

私自身、彼らと付き合った時間は短かったけれど、ママ犬とこの子たちにあえて、いろいろ勉強させてもらった。

私たちのもとから巣立って行く彼らが、どんな犬生を送るのかはわからないけど、これからも元気で、幸せに一生を終えてくれることを願います。

Y's:3週間

2009/11/08 Sun

生後3週間になりましたYたちです。

子犬の成長で一番面白いのが3週目。
なぜなら、この3週目は毎日が新しく、子犬たちはみるみる子犬らしくなるからです。

まずは、お産箱におもちゃが入りました。

CIMG8842.jpg

子犬より大きなぬいぐるみ、キュウキュウと音のなるゴムボール、ネベのふたなど、様々な質感の物に触れさせます。

子犬にしてみれば、ただの枕になってしまうことがほとんどですが。。。

CIMG8863-Yental.jpg

さらに、離乳食もはじまりました。

CIMG9007.jpg

さすがラブラドール。。。
普通、子犬の初めての離乳食での反応は、「何これ?変な味!」ってかんじなのですが、この子たちはにおいを嗅いだ瞬間、すでに頭をずっぽりと突っ込んでがぶがぶと。。。

CIMG9006.jpg

そして、食べきった後はこんな状態に。。。

CIMG9008.jpg

お行儀よく食べれるようになるには、もうちょっと練習が必要のようです。

そして、目もほとんど完璧に開き、足腰もしっかりしてきました。

CIMG9070-yogi.jpg

CIMG9083.jpg


CIMG8946.jpg

かわいいでしょ?
ぬいぐるみみたいでしょ?

でも、こんなことを言っていられるのももう少し。

すでにお産箱から脱走をはかるやからがおります。

CIMG8970.jpg

そとにでたが最後。
かわいい天使から、小悪魔たちへ変身してしまいます。

CIMG9069-yvette.jpg

「このまま大きくならないで!」
という私の願いもむなしく、かれらは毎日すくすくと成長して行きます。

秋と言えば。。。

2009/11/06 Fri

11月に入り、とっても暖かい日があると思えば、寒い日があり、きれいな秋晴れの日だったのに、次の日は雨。。。なんて、ちょっと予測しづらい日が続いています。

秋と言えば、もちろん私は食欲の秋。

先日、ピーカンパイを作ってみました。

CIMG8935.jpg

ちょっと甘過ぎましたが、そこは生クリームで調整。
おいしくいただきました。

回を重ねるごとに、パイの生地もきれいにおいしくつくれるようになってきました。

11月末にあるサンクスギビングホリデーには、また新しいパイに挑戦するつもりです。



さて、最近、子犬たちの話題ばかりで、他の犬たちがご無沙汰でしたので、今日は彼らに登場していただきます。

久しぶりにニモくんが検診のために学校にきていました。

CIMG8919.jpg

来た時はあんなにちいさかったニモくんも、そろそろ6ヶ月になります。

おおきな犬たちと並んでも、さほど変わらないほど大きくなりました。

CIMG8928.jpg

いま、うちにいる犬たちのラブとゴールデンの比率がほぼおなじなのですが、このYがラブで、つぎのZもラブなので、ラブ:ゴールデン=3:1ぐらいになることになります。

私は、ラブもゴールデンも同じぐらい好きなので、バラエティーが豊かになって喜んでいます。

それに、ちょっと気が早いのですが、うまく行けば年明けにまたゴールデンの子犬が産まれるかもしれません。

ママになる子は、ただいま私のベッドで爆睡中。

CIMG8986.jpg

とにかく、年末も年始も子犬の世話に追われて、あっというまに過ぎ去って行く事間違いなしです。

Y's:命名

2009/11/03 Tue

先週の土曜日にデイライトセービング(サマータイム)が終わったので、今週から日が暮れるのがはやくなり、5時半の東の空にはもうお月さま。

CIMG8835.jpg


今日は、きれいな満月で、帰宅途中に車を道の脇にとめて思わずカメラのシャッターをきりました。

CIMG8837.jpg

もう、11月なのに例年になく暖かくいいお天気がつづくカリフォルニア。

朝は最低気温が5度ぐらいしかないのに、日中は28度ちかくまで気温があがる。

いったい毎日何を着ていっていいのか分からないので困ります。


さて、Yたちに名前がつきました。

もちろん、みんなYから始まる名前です。
(性別、首輪の色、名前)

オス1、ブラック、ヨセミテ(Yosemite)
black.jpg

オス2、モカ、ヨド(Yodo)
mocha.jpg

オス3、パープル、ヨギ(Yogi)
purple.jpg

オス4、ブルー、ヤッチー(Yantzee)
blue.jpg

メス1、シルバー、イベット(Yvtte)
silver.jpg

メス2、イエロー、イェンタル(Yentil)
yellow.jpg

メス3、ゴールド、ヤズミン(Yasmine)
gold.jpg

メス4、ピンク、ヤロー(Yarrow)
pink.jpg

そして、私か命名した。。。

メス5、オレンジ、ヨーコ(Yoko)
orange.jpg

日本人でや、ゆ、よ、ではじめる名前は珍しくないけど、アメリカ人でYから始める名前のとってもまれなんです。
だから、彼らを命名した生徒さんたちはかなり悩んでいたようです。

私は日本の名前をこの子につける気だったし、ヨーコはビートルズのジョンレノンの妻の『ヨーコ、オノ』でアメリカ人でも聞いたことのある名前なので、一番に決定!

ちょっと難しい名前もあるけど、みなさん、がんばって覚えてあげてください。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。