スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盲導犬訓練

2009/09/30 Wed

今日は、クラスメートのサラと2人で、学校から車で一時間ほど行ったところにある、盲導犬訓練施設にいってきました。

Guide Dogs for the Blind

CIMG0396.jpg

この盲導犬訓練施設は70年近くも前に西海岸で初めてできた施設で、現在は国内でも最も大きな盲導犬訓練施設の一つです。

既に、何度か施設見学でお邪魔させていただきたことはあるのですが、今日の目的は、ここ数年で多きく変わってきた最新の盲導犬訓練情報収集と、訓練方法の違いによって犬が人のために働く事に対しての考え方の違いを確かめるため。

ベテランの訓練士の方にお時間を頂いて、他のトレーナーさんが犬たちを訓練されているのを見せてもらいながら、2時間ほどお話をさせていただきました。

話に聞いていた、ランニングマシーンを使っての訓練も見せていただく事ができました。

CIMG0381.jpg

CIMG0384.jpg

盲導犬の卵たち、がんばってます。

さらに、犬たちが危険を回避するためにハンドラーのコマンドを拒否する「Intelligent Disobedience」(例えば、ハンドラーの頭が当たる高さに木の枝が垂れ下がっているので止まる、車がくるので前に進まないなど)の訓練方法にはとても感心しました。

CIMG0395.jpg
(訓練のための道具)


この施設では、2-3日に一度子犬が産まれています。
だから、いつ行っても子犬だらけ。

CIMG0392.jpg

やっぱり、子犬たちは何度見てもかわいいです。

今日の見学では、同じ補助犬訓練士としてたくさんの事をお話ししてもらったので、本当にいい勉強になりました。

それに、実際に訓練の模様を近くで見せてもらえ、犬とトレーナーの関係を感じる事ができてよかったです。


ところで、今日はサラの誕生日でした。

スタッフと生徒みんなでハッピーバースデイを歌ってお祝いしました。

CIMG0378.jpg

私たちは正反対の性格なのに、本当に気が合うんです。

でも、彼女は私にはまったくない物をもっていたり、私は彼女にはないものを持っていたりして、2人でいるとお互いにいい刺激を受けられる。

サラがクラスメートで本当に良かった。

「サラ、お誕生日おめでとう!」
スポンサーサイト

ピットブルのお引っ越し

2009/09/29 Tue

突然現れたピットブルのお母さんから産まれた11匹の子犬たち。

みんな、びっくりするようなスピードで成長しています。

CIMG0349.jpg

昨日、生後2週間を前にして、お引っ越しする事になりました。

前年度、学校を卒業していった2人の生徒が、全員が成長して、里親がみつかるまで面倒を見てくれる事になりました。

CIMG0351.jpg

もちろん、お母さんも一緒です。

CIMG0345.jpg

ずいぶん、犬らしくなってきた子犬たち。

生後2週間を待たずとして、すでに目が開きかけてきました。

CIMG0346.jpg

もうちょっと一緒にいたかったけど、また数週間後に子犬が産まれる予定なので、その準備もあり泣く泣く(マネージャーは本当に泣いていました)お別れです。

でも、彼らが里親にもらわれて行く前に、もう一度、スタッフみんなで会いに行く予定です。

その時は、みんなでお庭を駆け回っている姿をお伝えできると思います。

では、みんな、その時まで、元気に育ってね。

CIMG0353.jpg


フォートファンストン

2009/09/26 Sat

今日は、授業のいっかんでサンフランシスコのフォートファンストンに行ってきました。

フォートファンストンは海沿いにある大きな公園。
海とサンフランシスコの町並みを見ながら散歩ができるとってもきれいな公園です。

CIMG0251.jpg

CIMG0203.jpg

そして、この公園のユニークな特徴は、犬のオフリードOK(リードをつけなくてもいい)というところです。

CIMG0201.jpg

だから、犬の数がとっても多い!!
人と数と同じかそれ以上ではないかと思わせるほど。。。

今日の課題は二つ。

1、私たちのレトレーバーたちにいろいろな犬に会わせ、大きな犬とでも、小さな犬とでも仲良くすることを教える。

2、リードがなくても勝手に遊びに行かず、リーダー(トレーナー)について歩くことを教える。

アメリカには犬の社交場のような場所がたくさんあり、そのような場所はたいていリードからはなして遊ばせるので、私たちの犬たちにも「社交場においてのマナー」を教えておく必要があるのです。

とっても大きな公園なので、とにかくたくさん歩きました。

CIMG0208.jpg

そして、本日のハイライト。

ビーチです。

CIMG0216.jpg

土曜日ということもあり、本当にたくさんの犬たちが来ていました。

CIMG0220.jpg

どの犬も遊びに夢中です。

CIMG0233.jpg

私たちの犬たちも、ほかの犬たちと一緒に海へ。。。

CIMG0244.jpg

やっぱり、レトリーバーは泳ぐのが大好きですね。


サンフランシスコの海沿いは、風が強く寒いことがよくあるのですが、今日は本当にとってもいいお天気で、風もなく、ただ歩いているだけで気持ちのいい日でした。

CIMG0257.jpg

人も犬も、とってもいい一日を過ごす事ができました。

CIMG0268.jpg
(ネティー)

今度は、お弁当を持ってこようね。

ピットブルの赤ちゃん

2009/09/22 Tue

明日で産まれて一週間になるピットブルの赤ちゃんたち。

11匹、全員、毎日すくすく過ぎるほど大きく成長しています。

CIMG0140.jpg



今日は、彼らの紹介をしたいと思います。

まずは、一番最初に目につく、真っ白の女の子。
この子が一番小さいんだけど、おてんば娘になりそうな予感。。。
CIMG0133.jpg

次は、白の体に模様が入っている子。
この子が私のお気に入りです。
CIMG0156.jpg
CIMG0158.jpg

そして、逆にシルバーに白の模様が入っている子。
CIMG0109.jpg
CIMG0114.jpg

鼻のラインだけ白い子。
CIMG0149.jpg

胸のあたりだけ白い子。
CIMG0135.jpg

足の先だけ白い子。
CIMG0154.jpg



私、今までに何度も子犬たちの成長を見ていますが,レトリーバー以外の子犬を育てた事はないんです。

だからこうやって一匹ずづ模様がちょっとづつ違うから面白い。


そして、育ちがはやい!

いったい、このお母さんのミルクの中には何がはいっているのか調べてみたいと思うほど、子犬たちの体重がみるみる増える。

さらに、よく動く。

まだ一週間もたってないのに、動く動く!!

こうやって、レトレーバーじゃない子犬たちの赤ちゃんをみれて、私たちもいい勉強になってます。


もうしばらくすれば、この子たちとお母さんはうちの学校の卒業生のもとへ行く事になりました。

彼女は、家でドッグビジネスをしている傍ら、家のないピットブルを保護して新しい家をみつけるボランティアもしているので、彼女に彼らの里親探しをお願いする事にしました。

CIMG0009.jpg

最後まで彼らの成長を見届けてあげられないのは残念ですが、いいお家が見つかるといいなと思っています。

ピットブルのおかあさん

2009/09/20 Sun

先週のある日、どこからともなく一匹のピットブルが学校の敷地内に入ってきました。

そのピットブルは、やせて、体中のみだらけ。
でも、今にもはち切れそうなほど大きなおなか。。。妊娠している。

ピットブルは凶暴だというイメージが強いのですが、このおかあさんピットブルはおとなしい。

今までにも、どこからともなく犬が迷い込んで来て、その日のうちに飼い主が引き取りに来たという例が何度かあったので、今回も、シャンプーをしてえさをやって、様子をみることに。。。

その数時間後、そのおかあさんピットブルが出産の兆候を見せだした。

仕方がないので、いつものお産箱を引っ張りだして来て、準備をして、、、、



彼女を見つけて9時間後。。。。

11匹の元気なピットブルの子犬たちが。。。!!!

CIMG0040.jpg

おかあさんピットブルも一安心?!

CIMG9979.jpg

でも、このおかあさん、すごいと思う。

だって、本当に子犬が産まれてくる直前にうちにきたんですもん。

うちに来たら、子犬を安心して産めるってわかってたんだろうか?
こんなに設備の整って、犬のお産を経験した人のいるところなんて、この辺りじゃうちだけ。
お隣のトラック会社でも、道を挟んだドーナッツ屋さんでも、こんなことはできなかっただろう。

それに、もし、私たちのところにもうちょっと早く現れていて、数日間、飼い主があらわれなければ、アニマルシェルターに預けに行っただろう。
そして、シェルターで子犬を産む事になったら、お母さん犬は別として子犬たちは全員、安楽死させられていただろう。

このお母さん犬は、かしこい!!

子犬たちをまもったんだから。。。

さらに、このピットブルのお母さん、とってもいい子なんです。

出産中にいろいろな人が入れ替わり立ち代わり入って来ても、ストレスを感じる事なく、マイペースで子犬を次から次へどんどん産んで行くし、私たちが子犬を抱いても横目でみているだけで、うなったり吠えたりすることも全くない。

CIMG0137.jpg

本当に、このお母さんには、感心するばかりです。


でも、この子がどのような過程でここにたどり着いたのかを考えると、悲しくなります。

ペットの犬に去勢手術もしてあげられない人は、彼らを飼う資格はないと思います。

みなさん、犬をペットとして飼ったら、必ず去勢手術をしてください。

一匹でも、不幸になる犬たちを減らすために。。。

サプライズ

2009/09/19 Sat

突然、こんなのや、

CIMG0109.jpg

こんなのが、

CIMG0133.jpg

こんなに。。。

CIMG0162.jpg


さて、どうする?!

基礎から

2009/09/16 Wed

全員の担当犬も入れ替わり、今学期から入学した生徒たちは、犬のトレーニングの基礎となるオビディエンスの訓練を勉強し始めました。

オビディエンス訓練とは、シット(おすわり)、ダウン(伏せ)、ステイ(待て)、カム(来る)、ヒール(左についてあるく)などの基礎訓練のことです。

CIMG9917.jpg

どんなに、高度なスキルと同じように、この基礎訓練もとっても重要で、簡単な事でもしっかりと時間をかけて訓練します。

CIMG9920.jpg

どんな事でも、基礎がしっかりしていないと、物は高く積み上がらないものです。

生徒たちは、毎日、様々な訓練方法を勉強し、自分の犬と一緒に練習し、少しずつ体で覚えていきます。

今は、戸惑っている生徒さんたちですが、慣れれば体が勝手に動くようになるんです。

CIMG9925.jpg

それまでは、とにかく練習あるのみです!

がんばれ!!

ネティー:はじめまして

2009/09/13 Sun

今学期も本格的に始まり、担当犬の総入れ替えがありました。

通常、生徒(訓練士)は一人で数頭の担当犬を持つのですが、現在、一才未満の子犬たちは全てパピーホームに預けられているので、一人一匹づつで振り分けられました。

私が担当する事になったのは、ネティーちゃん。

CIMG9908.jpg

一才になったばかりのゴールデンレトリーバーの女の子です。

これから数ヶ月間、この子を担当しますが、楽しませてくれそうです(笑)

CIMG9911.jpg

今は、学校の在校犬が少ないですが、また来月には新しい仲間が増える予定です。

そうなれば、また担当犬が増えます。

それまでは、ゆっくりこの子と付き合って行きます。

「さて、ネティーちゃん、何から始めましょうか?」

箱と格闘

2009/09/12 Sat

土曜日は学校は休みなのですが、私は一人で仕事です。

今日は、犬たちの世話をしたあと、10時頃から4時までの6時間、ず~と箱と格闘しておりました。

うちの学校は、ある犬のフードを作っている会社から、犬たちの毎日のドックフードやトレーニング用のおやつやドッグクッキーなど、私たちの犬たちに必要なフードを全て寄付で頂いています。

CIMG9874.jpg

数ヶ月に一度、そのおやつなどは箱詰めにされ、パレットに乗って大量に運ばれてきます。

しかし、そんなに大量に運ばれてきても、うちの学校にはそれを収容しておくだけの十分なスペースがないので、その度に、箱から出すか詰め替えるかしなければなりません。

そして、今日、犬たちの世話も一段落し、時間もあったので、その作業に取りかかったが最後!

やめられなくなってしまいました。


私、こういう脳を使わない単純作業をし始めると、どっぷりはまってしまうタイプなんです。

そして、その結果がこれ。。。

CIMG9871.jpg

トレーニングルームの一部が箱で埋め尽くされてしまいました。

おそらく100箱ぐらいは、開けたと思います。

一番量が多かったのは、ジャーキー。
ターキー、チキン、バッファローの三種類あるんですが、これがおいしい!
犬のおやつとは思えないほど。

「ビッキーちゃんも、おひとついかが?」

CIMG9875.jpg

丸一日、地道に作業をした結果、トレーニングルームの一部に天井近くまで積み上げられてあった大量のフードは、空きがあるオフィスへきれいに収納されました。

CIMG9878.jpg

こんな地味な作業もけっこうあるんです、介助犬訓練士は。。。

ピーチづくし

2009/09/09 Wed

うちの家の桃の木に、今年はとってもたくさんの実ができたので、桃でいろいろ作ってみました。

CIMG9676.jpg

まずは、最近お得意のパイ。

皮をむき、種をとり、薄切りに。。。

CIMG9673.jpg

実が小さいので、一つのパイを作るのに、15個のピーチを使います。

この地道な作業に時間がかかります。

ナオミちゃんは、ダイニングテーブルの方で、ママは何をしているのかと見ています。

CIMG9755.jpg

あなたも手伝ってくれたらうれしいんけど。。。

はい、ピーチパイの完成です。

CIMG9724.jpg

食べる時は、バニラアイスを添えて。。。

CIMG9727.jpg



パイの他にも、ピーチカブラに、、、

CIMG9776.jpg

ピーチジャムも作りました。

CIMG9760.jpg

ナオミちゃんは時々、かまって欲しそうに私のところに来たけど、

CIMG9759.jpg

私は何時間も台所で料理に没頭しているものだから、諦めて、いつもの場所でお昼寝です。

CIMG9682.jpg

でも、絶対に私の目の届かない場所には行かないのが、ナオミちゃんのいいところです。

あんなにたくさんあった桃も、料理に使ったり、友達にあげたりして残り少なくなってきました。

あともう一回、ピーチパイ作りたいな。

労働者の日

2009/09/08 Tue

昨日は、「労働者の日」というアメリカの祝日でした。

といっても、「みんなが祝日で休みの日は私は仕事」というのがあたりまえなので、私はいつものよう朝から一人で犬舎掃除でした。

でも、午後にはちょっと時間があったので、ナオミをつれていつもの川に。。。

CIMG9788.jpg

お天気は最高!
絶好の川日和です。

ナオミちゃんは、ここに来ると、走る!

CIMG9792.jpg

泳ぐ!!

CIMG9791.jpg

とにかく、ノンストップで全速力なもんだから、力つきて溺れないかと心配するほど。。

無理矢理にでも、川からあがらせて、休憩させないと、この子は何時間でも川の中なんです。

CIMG9813.jpg

「だって、川、だいすきなんだも~ん」by ナオミ

CIMG9805.jpg

ナオミにとってもここは天国だけど、私にとってもここは特別な場所。

毎日、分刻みで、働いて、勉強して、移動して、働いて、移動して、また、働いての繰り返し。

そんな、慌ただしい生活からちょっと抜けだして、ゆっくり、犬と過ごせる時間。

CIMG9826.jpg

「労働者」にも「休日」は必要です。

「この祝日が終わると正式に夏が終わる」とこっちの人たちは言いますが、まだもう少し暑い日々が続くそうです。

そして、正式に学校の通常授業も始まりました。

ということは、毎日、授業があります、宿題があります、テストがあります。

今学期は、いつもよりもさらに忙しい学期になりそうな予感がします。

CIMG9800.jpg

そんな事を考えると、すぐにまた川が恋しくなります。

遊び疲れて。。。

2009/09/07 Mon

今日も、たくさん遊んで。。。

CIMG9794.jpg

遊び疲れて、夢の中。。。

CIMG9849.jpg

明日はちゃんと、更新します。

おやすみなさい。

桃の収穫

2009/09/03 Thu

うちの家の裏庭には桃の木があります。

その桃が、ただいま、収穫の時期をむかえています。

CIMG9714.jpg

今年は、大きさはちいさめですが、数がとにかく多い!

あまりにも多すぎて、その重さに枝が絶えきれず折れてしまったほど。

熟した桃は枝から自然におち、その落ちた桃を拾い集め、食べられるものとそうでない物を分ける作業だけでも、一苦労。
何たって、数百個単位であるんですから。。。

CIMG9701.jpg

その桃の収穫に、今日は助っ人が現れました。

うちの家の人の友達の娘さん。
ミーシャちゃんです。

CIMG9698.jpg

まだ、2歳半なのに、桃の収穫大好き!

CIMG9699.jpg

もちろん、食べるのも大好きです。

しかし、もう一人、助っ人をしたくてしょうがないのに、させてもらえない子が一人。。。

ニモがいなくなった代わりに担当し始めたジンくん。

CIMG9711.jpg

収穫の手伝いというより、熟しすぎた桃をおなかの中にお片づけするのが得意なのですが、桃を半分ほどいただいたところで、ママに見つかってしまい、仕方なく端っこにつながれてしまい不本意です。

今度は、この大量の桃を使って、ピーチパイを作ります。

おいしくできるかな?

ニモ:パピーホームへ

2009/09/02 Wed

一ヶ月ほど前から、学校に仲間入りをしたニモくん。

うちでは唯一のチョコレートラブです。

CIMG9547.jpg

学校にきた当初から私が担当をしていましたが、先週、年齢も生後3ヶ月になり、パピーホームへお預かりしていただく事になりました。

ニモの新しい家族は、まだ小さなお子さんがいられる家庭ですが、ニモはとっても大人くし、聞き分けもいいこなので大丈夫だろうとういうことで、決定しました。

CIMG9670.jpg

もちろん、お預かりし始めていただく前には、何度かニモをつれて家庭訪問をし、介助犬になる子犬を育てていただくための準備は万全に整えました。


チョコレートニモがいなくなってしまうのは寂しいけれど、これから約8ヶ月間、家族の一員として立派に成長してくれる事でしょう。

CIMG9538.jpg

「ニモ、新しいパパとママとお兄ちゃんの言う事をしっかり聞いて、大きく元気に育ってね。」

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。