スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介助犬:ベルデ

2009/07/31 Fri

ベルデは生後10ヶ月のときから、元兵士のための介助犬のプログラムというドッグトレーニングセラピープログラムに参加し始めました。

プログラムでは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)をもつ元兵士の方々により訓練していただいていました。

07,31,09-5

その結果、ベルデをトレーニングした一人でもある、Cさんの介助犬として卒業する事になりました。

CさんはPTSDという心的障害だけではなく、戦争において脊髄損傷という身体障害ももっておられ、杖を使って歩いておられます。
そのため、落としたものを取るには介助犬の助けがあると、とても助かります。

しかし、それだけではなく、ベルデは彼の日々の生活を他の介助犬とはちょっと違った方法で助けます。

PTSDの症状のひとつとして、睡眠障害があげられます。
Cさんも毎晩、悪夢にうなされたり、一時間ごとに起きるなど、十分な睡眠をとれないでいました。
しかし、ベルデが一緒にベッドで寝た初めての夜、彼はここ4年間で初めて一度も起きずに朝まで寝る事ができたのです。

さらに、感情をコントロールしたり、前向きに物事を考えたり、積極的に公共の場にでていったりなど、ベルデと一緒にいると、PTSDの症状が自然と改善されていきました。

07,31,09-2

どうして、どんなに強い睡眠薬よりも犬がいるだけで睡眠障害が改善されるのか?
どうして、犬と生活をすることにより、生きる目的や希望を与えてくれるのか?
どうして、人は犬を一緒にいるだけで幸せな気分になるのか?

科学ではまだ証明されていない、犬の不思議な力。
それが、実際に存在することを、彼らは私たちに見せてくれた。

そして、この彼らの成功は、これからたくさんの医師やPTSDの患者さんに伝えられ、元兵士のための介助犬は世界中にまた新しい介助犬の形として知られていく事だろう。

07,31,09-4

新しい生活を始めたふたり。

彼らの生活は、これからも穏やかで幸せであるに違いない。

特別な力でつながり合った2人だから。
スポンサーサイト

Y's::天国へ

2009/07/29 Wed

一週間前に産まれた4匹の子犬が天国に旅立ちました。

これは日曜日にとった、4匹の最後の写真です。

07,28,09-4

通常より小さく産まれてきた子犬たちは、チューブでミルクをやったり、点滴を打ったり,抗生物質を投与しながらではありましたが、毎日ほんのちょっとづつ体重も増え、力強さも増してきました。
産まれてきて5日目の日曜日の午後には、3匹の男の子の体重が目標の500グラムを超え、全ての子犬がこのまま順調に育っていってくれるように見えました。

07,28,09-1

しかし、その日の午後から急に子犬たちの具合が悪くなり、月曜日には、産まれてきたときのように力強さも食欲もなくなってしまいました。

そして、月曜日の夜に2匹の男の子が、

火曜日の夜には残りの男の子と女の子が天国に行きました。

07,28,09-3

一週間、本当に短い命だったけど、それでも彼らは私たちにたくさんの事を教えていってくれた。

この仕事は、命を迎え入れる喜びだけじゃない。
命を見送る悲しみも同じ分だけ経験しなければならない仕事。

でも、その命を見送る事により、私たち人間はあらためて命の尊さを教えられ、成長させられる。

07,28,09-2

今、4匹の子犬たちは、他の兄弟たちと一緒に、天国で駆け回っていることだろう。

たった一週間だったけど、うまれて来てくれてありがとう。

介助犬:マリリン

2009/07/27 Mon

マリリンはSとVとWのお母さん。
3度の出産で、25匹の子犬を産み育てた、ベテランお母さん。

07,27,09-1

でも、お母さんとしてのお仕事は終わり。

これからは、介助犬のお仕事に専念します。

マリリンのハンドラーは、まだ二十歳前の男の子。
両親と離れ、大学の寮で暮らす現役の大学生。

お母さん犬と男子学生というなんだか不思議なくみわせだけれど、2人の息は初日からばっちり!

07,27,09-3

車いすの動きをよくみて行動するマリリンと、上手なタイミングと声のトーンで指示を送るハンドラーの男の子。

バス乗車も完璧。
これで、どこでも2人で行ける。

07,27,09-5

手が全く動かせない彼の代わりに、電気の消灯、ドアの開け閉め、物を拾ったり、台のうえにある物を持って来たり。。。
それに、車いすのフットレストから足がずれ落ちてしまったときに、靴ひもを持って足をもとの位置に戻す特別訓練もしました。

07,27,09-4

これから2人は新しい生活を始める。
お互いに助け合い、協力し合い、分かち合い、成長して行くのだろう。

そして、次に彼らに会うときは、今よりもずっとずっとすばらしいチームになっている事だろう。


がんばれ、介助犬マリリン!

2009夏、卒業式

2009/07/26 Sun

土曜日は、夏の卒業式でした。

うちの学校では年に3回の共同訓練があり、その度に卒業式があるので、今回は今年2度目の卒業式です。


今回の卒業生は。。。

6週間のサマーセミナーを終えた12人の生徒たち、

07,26,09-2

マスター(修士)のプロジェクトを終えた、一人、

07,26,09-1

そして、介助犬チームが2組と、ファシリティードッグチームが一組。

07,26,09-5

「あれ?犬は???」と思われた方、、、すみません。

今回はビデオを取るのに必死でして。。。

でも後で、1チームづつご紹介するのでご心配なく。


それと、今回は講師としてステージに上がり、二人の生徒についてスピーチをしなければいけなかったので、ステージ脇からこんな写真が撮れました。

07,26,09-3

奥の方で紫色のガウンを着ているのが校長です。


今回の卒業式はとってもいい卒業式でした。
特に、1年ほど前に卒業した私の尊敬するクライアントさんがゲストスピーカーとして来てくださって、彼女のスピーチに会場の人々の目には感動の涙。。。

この子がそのクライアントさんの介助犬、クイズくん。

07,26,09-4

久しぶりにみた彼らは、とっても幸せそうで輝いて見えた。


卒業式当日は一日中、運営に走り回り、最後の写真を撮る暇も、悲しんでいる暇も、ゆっくりさよならを言う暇もない。

でも、卒業式が終わり、家に帰ってくると、卒業式が終わった安堵感と、はき慣れない靴で走り回った疲れと、もう二度と会えない彼らの事を思う寂しさとが全部一気に押し寄せて来くる。
しかし、実際には、たくさんの思いが一度にありすぎて、何を考えればいいのか分からなくなり、超多忙の2週間で広がりきった部屋の掃除を始める。

そんな夜が私は好きじゃない。


そして月曜日、
生徒もクライアントもいない空っぽの学校のドアを開けるのは、ちょっと勇気がいるんです。

Ys:小さな命

2009/07/23 Thu

産まれたばかりの子犬(Yレター)たちのなかで、たった一匹の女の子。

(左から2番目)
07,23,09-2

この子の体重が増えない。

それに、体の力も弱いし、ミルクを吸う力も弱い。

今までに何度も子犬の出産に立ちあい、何匹もの子犬を手に取っているが、ここまで小さくて弱々しい子犬を世話するのは初めて。

07,23,09-1

でも、こんなに小さくても生きようとしている。
だから、私たちもできる限りのことを。。。

細いチューブを口から通し、ミルクを直接おなかの中に流し込もうともしてみたが、チューブをうまく飲み込んでくれない。

07,23,09-5

次は、甘いシロップを唇に塗ってなめさせて、糖分を取らせる事によって食欲を引き出す。

その5分後、今日、初めて自分からお乳を飲み初めてくれた。

07,23,09-6

この小さな女の子も、私たちもまだ諦めてないよ。

せっかく産まれて来たんだ。

07,23,09-3

がんばって生きて!

Ys:誕生

2009/07/22 Wed

昨日、子犬が生まれまた。
Yレターの誕生です。

お母さんは、先月オレゴン州から来たホリーちゃんです。

しかし、今回の出産は大変でした。

早産だったのです。

予定ではあと今週末に生まれる予定だったのですが、陣痛が月曜日の午後にはじまりだし、それをみていた私とマネージャーは「まさかね。。。」と苦笑いをしていたのですが、冗談のようではなく、心配しながら一夜を過ごしました。

そして、火曜日の朝、ホリーをつれて病院についてすぐ一番最初の子犬が死産で産まれました。

子犬の早産は、人間のものよりも生存率が低く、とにかく一時間でも長く子犬をおなかの中にとどめておくため、帝王切開はせず、産まれてくるこの生命力にかけることに。。。


20時間、病院での長い長い出産の末、おなかの中にいた9匹の子犬のうち、5匹が死産でした。

しかし、残りの4匹は小さいながらにもがんばってミルクを飲み始めました。

07,22,09-1


この子犬たちの体重は350ー400グラム。
通常、産まれてきた子犬の体重は500グラムほどなので、やっぱり小さい。

片手で持てちゃいます。

07,22,09-5

体温調整ができないので、寒くならないように、小さな電気マットや湯たんぽなどで体を常に暖かく保つことが大切。

07,22,09-6

それに、一日に何度も体重を量り、体重が減ってないかを確認。

07,22,09-2

彼らの体重が500グラムを超えるまでは、目が離せません。

産まれて来れなかった兄弟の分までしっかりミルクを飲んで、無事に大きくなってくれる事を願うばかりです。

07,22,09-4

精神障害者補助犬

2009/07/19 Sun

以前にも一度ご紹介した事のある元兵士のためのプログラム

その一環として、今回の共同訓練に2名の心的外傷後ストレス障害(PTSD)をもつ方が参加されています。

07,19,09-1

Psychiatric Service Dog 「精神障害者補助犬」は、まだあまり知られていませんが、身体障害だけではなく精神障害をもつ方のための補助犬は、これからますます注目され必要とされると思います。

今回、参加しておられる方々も、既に犬たちの力によって、精神の安定や不眠症解消などの生活の向上を体感しておられます。

07,19,09-2

人間がどんなに苦労しても助けられない彼らを、犬たちはあっというまに助けてくれる。

そんな犬たちの不思議な力は、まるで魔法のようです。

ウノ:里帰り

2009/07/17 Fri

ちょっとご無沙汰しておりました。
最近、ちょっと忙しすぎて大変なのですが、夏の暑さにも負けずがんばっています。

ここ一週間ほど、ウノという犬のドッグシッターをしておりました。

ウノは私が子犬のときから訓練していた犬で、行動にすこし欠点があったので一般家庭のペットとしてある夫婦に引き取られました。
詳しくはこちらを→ウノ

しかし、その後もウノの新しい家族の方とは連絡を取り合っていて、今回そのご家族が旅行に行く事になり、ウノは一週間の里帰りをすることになりました。

家には、ウノの妹の(ユー)トゥリクシーがいるので、兄弟の久しぶりの再会です。

CIMG8236.jpg

でも、兄弟なのに、ウノはトゥリクシーの倍ほど大きい。
トゥリクシーが子犬に見えるほど(笑)

顔はそっくりだけど。。。


私が学校にいる間は、他の犬たちとお部屋で過ごしていましたが、お昼時間になると遊び場にでてボール遊び。

ウノ、私といたときより空中キャッチがうまくなってた。

CIMG8380.jpg

別のアングルからみると、こんなかんじ。。。

CIMG8394.jpg

ボールを取る直前に自分もジャンプしてとるから、さらにすごい。

私の方もおもしろくなってどんどん投げていたら、ボールを投げるのがうまくなりました。

CIMG8367.jpg

そのウノも、今日、ママとパパが迎えにきて、久しぶりの里帰りもあっという間に終わってしまいました。

私たちのもとから巣立って行った子の幸せな姿をみれて、とてもうれしかった。

「ウノ,いつでも遊びにおいでね」

生徒から先生へ

2009/07/13 Mon

今日から夏の共同訓練がはじまりました。
クライアントさんと犬たちが訓練をし、2週間後にはまた新たなチームとして卒業して行く予定です。

このクライアントさんの訓練にあたるのは、4週間前にセミナーに参加し始めた生徒たち。

昨日までは、先生が彼らの前に立ち、たくさんのことを教えてきましたが、、、

07,13,09-1

今日からは、彼らがクライアントさんの前にたち、今まで教わった事を教え始めました。

07,13,09-2

授業も、訓練も、すべて彼らが計画をたて、準備をし、進行して行く。

07,13,09-3

計画は想像力豊かに、準備は万全に、進行は勢いでこなす。

全員が協力し合い、助け合い、少しでも分かりやすく、より多くの情報と能力をクライアントさんたちに教えるために。。。

勝負の2週間が始まりました。

アジリティー

2009/07/11 Sat

来週の月曜日から、夏の共同訓練が始まるので、金曜日はセミナーの生徒さんたちにとって最後の授業でした。

その締めくくりとして、みんなでアジリティーの練習をしました。

07,09,09-1

アジリティーとは、犬の障害物競走です。

走り幅跳びのようにジャンプをしたり、

07,09,09-3

平均台にのぼりと下りのスロープがついたようなものの上を歩いたり、

07,09,09-2

棒の間をジグザクに進んだり、

07,09,09-5

台の上に上がって「待て」をしたり、

07,09,09-4

その他にもトンネルをくぐったり、吊るしたタイヤをくぐったり、いろいろな障害物があります。

ほとんどの生徒がアジリティー初心者で、犬たちの中にも初めてする子がいたので、高さは全て低く設定しました。

アジリティーを犬と一緒にする事によって、トレーナーはどのように犬のモチベーションをあげ、体全体でコミュニケーションをとりつつ的確な指示をだすことを学び、犬たちは障害物を超えて行く事によって、新しい物にでも躊躇せず向かって行く度胸と自信を持つ事を学びます。

いいお天気で午後から気温が上がってきたので、早めに授業は終了しましたが、犬たちも生徒たちも一緒に体を動かし、達成感を味わい、満足していたようでした。

07,09,09-6


YouTubeでAKCのアジリティーのビデオを見つけました。
これが、チャンピョンの走りです。
人も犬も、とっても楽しそうに走っているのを見ていると、犬と一緒にできるスポーツってすばらしいと思います。

2009年、アメリカケネルクラブ、ナショナルアジリティーチャンピョンシップ

ウルフとブルーベリーパイ

2009/07/08 Wed

こないだの日曜日、人生で初めてパイを作る事にしました。

というのも、私は料理はレシピなしで感で適当に作る人で、材料や分量、混ぜ方などにきっちりそって作らなくてはいけないお菓子作りは苦手なのです。

でも、何か1つぐらい得意なお菓子があってもいいのではないかと思い、私の大好きなパイに挑戦する事にしました。

日本ではあまりなじみのないパイですが、アメリカでは特にフルーツで作るパイが人気です。
私も、アメリカにきて初めて食べたのですが、特にアップルパイとパンプキンパイが大好物です。

今回のパイは、ブルーベリーです。

今、旬の生のブルーベリーに砂糖やシナモンをからめ。。。

07,07,09-1

作ったパイ生地を冷蔵庫でねかせ、のばしてブルーベリーの上に。。。

07,07,09-3

普通は切って網状にのせるのですが、今回は初めてなので真っ平ら。

一人でがんばって作っている間,ウルフはキッチンでおやすみ中。

07,07,09-2

まぁ、端の方で寝ているのでよしとしましょう。

パイがオーブンの中でじわじわと黄金色になっている間、ウルフは起きて今度はおもちゃを引っ張りだしてきた。
遊んでほしいらしい。。。

07,07,09-5

「でも、それはあなたのおもちゃじゃなくって、トゥリクシーのだからだめですよ。」

ウルフ的には、分かっていても持ち出さずにはいられないらしい。
まだまだ子供なんで許してあげましょう。

さて、パイが焼けました。

07,07,09-4

きれいに焼けました。

お味は。。。

07,07,09-6

うん、うまい!
最初にしては上出来!!

やったね。

「ウルフ,次は何パイがいいと思う?」

07,07,09-7

「僕はパイより、おもちゃが欲しいです」byウルフ

「はいはい、君が遊んでも壊れないような丈夫なおもちゃを探しにいきましょうね。」

川開き

2009/07/07 Tue

昨日は学校が休校でした。

せっかくの休みに、せっかくのいいお天気。
どこにも行かないなんてもったいないので、みんなを誘って川に行くことにしました。

07,04,09-1

今期初めての川。
川開きです。

生徒さんたち8人が一緒に来てくれたので、私を含めて9人と9匹。
いつもの秘密の場所は、時々カーヤッキングをする人が通り過ぎるぐらいで、他の人や犬たちはいない、絶好の遊び場です。

07,04,09-9

ボールは持ってこなかったので、そこらに落ちてある木の枝を投げてやると、、、

07,04,09-2

みんなで追いかける。

07,04,09-3

でも、たいていナオミかノーランかビゴが持って帰ってくる。

07,04,09-7

何度投げても、、、

07,04,09-5

やっぱり、この3匹のだれか、もしくは一緒に持ってくる。

07,04,09-8

3匹とも泳ぐのが早いので、だれも追いつけないんです。

でも、全ての犬が川の中に高い水しぶきを上げて入って行くのを見ていると、みんなとっても楽しそうでした。

07,04,09-4

全ての犬たちは、泳ぎの経験者。

ウルフ以外は。。。

07,04,09-10

泳ぎ初体験のウルフは、最初の10分ぐらいは川岸を行ったり来たりしながら、他の犬たちが川に入って泳いでいるのをみていたけれど、意を決して入って行ったと思ったら、もう既に泳いでいた。

07,04,09-6

木の枝もなんどか持って来れました。

07,04,09-11

すごいぞ!ウルフ!!

最後にみんなで記念撮影。

07,04,09-12

すごく楽しかった。
やっぱり、川は最高!

私は、子供の頃、夏になると毎日川遊びをしていたから、やっぱり海より川派です!!

今度は私も犬と泳ぐぞ!

教えることは。。。

2009/07/04 Sat

6週間の夏セミナーも3週間が終了し、これで前半が終了した事になります。

アメリカ全土からだけではなく、世界から来ている生徒さんは、毎日一生懸命に介助犬訓練士になるための勉強をしています。

07,04,09-2
(生徒さんたちが訓練している犬たち)

私はその彼らのお手本になれるようにがんばっているのですが、逆に彼らから教わる事もすくなくありません。

特に、彼らに何かを教えるときは、私の持っている知識と経験と想像力と洞察力と語学力を最大限に使わなくてはいけないので、本当に神経を使うのですが、誰かに何かを教える事によって学べる事は多いのです。

「Teaching is the best way to learn」
(教える事は一番の学びの方法)

よく、うちの校長が言っている言葉です。

誰かに何かを教える事は大変だけど、それは自分がまた1つ学び、成長できるチャンス!

だから、私は彼らの前に立って教えられる事を毎日心待ちにしている。

07,04,09-3
(生徒さんたちが訓練している子犬たち)

彼らの先輩&先生でいられるのもあと3週間。

あまり時間はないけれど、彼らにできるだけのことを学んで卒業してもらえるようにがんばります!

子犬の小学校

2009/07/02 Thu

夏の6週間のセミナーに来ている生徒たちも、あっという間に折り返し地点にさしかかってきました。

6週間の中の真ん中の3-4週目には、自分の担当する大きな犬のだけではなく、生後5-6ヶ月の子犬の訓練もします。

生後5ヶ月といえば、そう!
WsとXsたち。

07,02,09-6
(ウッディー)

07,02,09-1
(ズゥズゥ)

こないだまで、こんなに小さかったのに。。。

03,29,09-1

こうして訓練をしているのをみていると、「本当に大きくなったなぁ」と改めて感じるのと同時に、子犬たちがあっという間に成長してしまうのを寂しく思います。


こないだオレゴン州からきたナイジョーも、

07,02,09-2

ネルソンも訓練に参加しています。

07,02,09-3

今まで、ほとんど訓練をした事のない二人にとっては、何もかもが初めてですが、とてもがんばって勉強しています。

生後5-6ヶ月というと、人間で言うと小学校に入学するぐらいの年齢。

07,02,09-7

小学校に入学して、わくわくどきどきしながら毎日楽しくお勉強している子供のように、子犬たちも毎日、ママとの訓練の時間を楽しく過ごしています。

07,02,09-5

ウルフなんて、もう新しいママのひっつき虫になっています(笑)

ネルソン&ナイジョー:仲間入り

2009/07/01 Wed

数日前にオレゴン州からきたネルソン(右)とナイジョー(左)

06,30,09-2

既に、他の犬たちと一緒に仲良く生活しています。
どこにいるか分かります?

06,30,09-1

最初の挨拶では戸惑い気味だった二匹も、すぐに打ち解け、生まれてきてからずっとここで生活していたかのように振る舞っていました。

そして、担当の訓練士も決まり,これからいろいろな事を勉強して、経験していきます。

その模様は後ほどおつたえします。


人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。