スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介助犬:ホーランド

2009/04/29 Wed

ホーランドは、2度目の卒業式を迎えます。

2歳のときに、介助犬になったホーランド。
しかし、ハンドラーだった女性の家庭の事情で、なくなく別れざるをえなくなった。

その一方で、ある元介助犬ハンドラーの女性もまた、家庭の事情で、以前の介助犬と別れなくてはいけなくなった。

そんな、悲しい別れを経験した二人が出会った。


新しいママは83歳。
ホーランドは4歳半。


ふたりとも若くはないけれど、そのぶん、ベテラン介助犬チームとしての風格はばっちり。


家では主に落ちたものを拾うのがホーランドのお仕事。

04,28,09-1



ものを拾うのが好きなホーランドは、頼まなくても、落ちたものは3秒後にはママの手の中に戻ってくる。


毎日、二人で近所の散歩。

04,28,09-2

用事がなければ、引きこもりがちなママに、外に出かける理由を与えたホーランド。

「また、毎日散歩に出かけなくっちゃ」とうれしそうに笑うママをみて、ホーランドもうれしそうに、ママの隣でしっぽをふる。



もちろん、お買い物にも一緒。

04,28,09-3

これで、どこに行くにも一人じゃない。
安心して、買い物ができる。


お互いに、新しいすばらしいパートナーができた。

04,28,09-4

もう、お別れはなし。


若いチームよりちょっとスピードは遅いけど、彼らのペースで歩いていく。

04,28,09-5

ゆっくり、二人で、これからも、ずっと。。。
スポンサーサイト

共同訓練真っ最中

2009/04/25 Sat

ただいま、共同訓練真っ最中です。

共同訓練とは、クライアントさんが学校に来られ、介助犬とチームになるための訓練をする期間のことで、うちの学校では2週間のプログラムで行われます。

04,24,09-4

クライアントの先生になるのは、生徒たちです。

04,24,09-1

介助犬訓練士とは、犬を介助犬に訓練するだけでなく、クライアントにどのように介助犬と向き合い、接し、生活していくのかを教えなければいけません。

04,24,09-2

生徒たちは、この学校で学んだことを最大限にいかし、胸を張って送りだせる介助犬チームをたった2週間で育てようとがんばっています。

04,24,09-3

そして、この共同訓練が終われば、彼らもまた学校を卒業し、故郷へと帰っていきます。

私は、彼らが介助犬訓練士として胸を張って卒業式を迎えられることを願っています。

ナパへPR

2009/04/21 Tue

先週の日曜日、ナパのあるワイナリーへ学校のPRのため、校長を含めスタッフ一同、犬を連れていってきました。

04,19,09-2

その日、参加したのはわたしを含め8人のスタッフと、3名のベテランボランティアさん、一人一匹ずつの成犬と3匹の子犬を連れて行ったので、大所帯です。

その日のナパは、過去に例をみないほどの暑さで、気温は30度を超えていました。

私たちのブースがあったのは、木に囲まれていたので、陰がたくさんあり、涼しかったのが幸いでした。

初めての、お出かけをした子犬たちは、多くの人たちに緊張するどこころか、ほとんどの時間を寝て過ごしました。

04,19,09--5

それでも、子犬たちは子供たちに大人気で、たくさんの人に抱いてもらったり、撫でてもらえました。

04,19,09-7

私は、ナタリーを連れて行ったのですが、ナタリーのあまりの美しさに(私が言うのもなんですが。。。)みなさん足を止められずにはいられませんでした。

04,19,09-3

そして、私たちも、きれいなワイナリーでたくさんの人たちと話しながら、楽しい日曜の午後をすごしました。

04,19,09-1

アメリカでも、ほとんどの介助犬協会は非営利団体で、皆さんの寄付や地域の理解なしには成り立ちません。
このように、地域のイベントに出かけ、学校をPRし、できるだけ多くの人々から理解を得られることは、とてもうれしいことです。

世界的に経済は混乱していますが、すべての人が住みやすい世界になるためには、一人一人の助け合いが重要です。
皆さんから助けられ、そして、その助け合いの輪のなかで、犬たちと私たちが地域にそのお返できればと思います。

04,19,09-6
(ウィットニーとマリリンお母さん)

ある土曜日

2009/04/20 Mon

土曜日は、学校はしまるので、生徒もスタッフもお休みです。

しかし、犬の世話に休みなどありません。
だから、土曜日は私一人で学校の犬たちの世話をします。

犬をトイレに出し、ご飯をあげて、掃除をし、運動をさせます。
先日、ある会社から犬のおもちゃをたくさん寄付していただきました。

04,18,09-12

そのおもちゃを運動場に出してあげました。

04,18,09-11

寝転がってかじる子、引っ張り合いっこをする子、口にもって走る子、遊び方はさまざまですが、みんな新しいおもちゃに夢中でした。

04,18,09-13

ちびたちの世話ももちろん仕事のうちです。

そろそろ生後3ヶ月になるちびたちは、もう、ちびと言えないほどの大きさに。

04,18,09-15

重すぎて、いっぴきを抱えるのがやっとです。

ご飯の前での「待て」も、ほとんど完璧にできるようになりました。

04,18,09-14

おやつの時間も、自分の番がくるまで、みんなお行儀よくお座りして待ちます。

04,18,09-16

一匹こけてますが。。。(笑)


さて、最後にこんな写真がとれました。

04,18,09-19

黒くて分かりづらいですが、クリシーとゾロです。
お母さんと子供みたいでしょ。

毎週土曜日は、こんなかんじに犬の世話に追われ、あっという間に夕方になります。

でも、犬たちとゆっくり向き合える土曜日が、一週間のうちで一番好きです。

写真撮影会

2009/04/19 Sun

金曜日、学校の広報に使用する、写真を撮るため、プロのカメラマンさんがこられました。
授業が朝のトレーニングのみだった私たちは、その撮影会のモデルをすることに。

トレーニングルームを撮影用のセットを組み、まずは子犬を抱いているシーンから。。。

CIMG5801.jpg

犬をトレーニングするシーンなど。。。

CIMG5809.jpg

白い背景をなかで、いいシーンが撮れるまでシャッターを切り続けるカメラマン。
犬を入れ替え、人を入れかえ、様々なシーンをとり、2時間。。。

CIMG5806.jpg

次は、ショッピングモールで、介助犬使用者さんのご協力のもと、働く介助犬の撮影。
私も車いすにのって、訓練中の犬の設定で参加。

CIMG5812.jpg

モール内をいったりきたり、1時間。。。。

その後、昼食をとり移動し、

次は、生徒たちが食料品店で犬の訓練中の設定。

CIMG5666.jpg

約1時間。。。

さらに移動し、

次は、犬がビーチで遊ぶシーン。

CIMG5671.jpg

お天気は良かったのですが、ものすごく風が強く、もう大変。

CIMG5682.jpg

もちろん、犬は撮影されていることなんてすっかり忘れて、おもいっきり遊ぶから、さらに撮影は長引き。。。

CIMG5717.jpg

9時に始まった撮影会ですが、「おつかれさまでした、解散!」がかかったのは4時。

長い、撮影会でした。

でも、これでも時間が足りなかったらしく、私が今までにとれためておいた様々な写真を送ることに。

いつもは撮る側の私ですが、今回の撮影してくださったカメラマンさんに、こつをいろいろと教えていただきました。

私も、もっといい写真がとれるようにがんばります!

Ws:トレーニング2

2009/04/15 Wed

うちの子犬たちは小さい頃からトレーニングをし始めます。

はじめは、おすわりやふせ、呼んだら来るなどの、ものを使わずできる簡単なもの。

03,31,09-2

そして、もう少し上級になってくると、小さないすなどを使って、台に上がる、下に入る、前足をのせるなど。

03,31,09-4

そして、さらに上級になると、スイッチをあげ電気をつける、ひもを引っ張りドアをあける、ものをつかみ持ってくるなど、介助犬が得意とする動作の練習です。

03,31,09-1

03,31,09-3

03,31,09-5

Wsたちは現在10週。

「こんな小さな子犬が?!」と驚かれるでしょうが、子犬たちを訓練するのは、成犬を訓練するよりも簡単なのです。

例えば、小さな子供は大人よりも言語を習得するのが早いように、子犬たちが学習能力は凄まじく早いのです。

とくに、レトリーバーが本能的にもつ、ものを引っ張ったり持ってきたりする能力は、小さいときにのばしてやることが介助犬になる彼らにとっては重要な練習です。

Ws、期待の介助犬の卵たちです。

イースター2009

2009/04/13 Mon

日曜日はイースターでした。

キリスト教のお祝いなので、日本ではあまりしられていませんが、ハロウーンのようにみんなで集まって楽しく過ごす日です。

恒例のマネージャー宅に集まり、スタッフの子供たちは広い庭に隠されたキャンデーの入った卵を探します。

04,12,09-2

本当は本物の卵を探すのが伝統的なのですが、最近では子供のやる気を引き出すためにチョコレートや飴などを使います。

04,12,09-3

カールはこんなに見つけてきました(笑)

こちらは本物の卵です。

04,12,09-1

ゆで卵に色をつけます。

私もこんなのをつくってみました。

04,12,09-4

犬たちもイースターです。

ズウズウ
04,12,09-5

ウットニー
04,12,09-7

ジョー
Joe easter

犬たちはイースターのことは分からないでしょうが、私たちは写真をとってたのしみました(笑)

W&X:トレーニング1(マナー)

2009/04/11 Sat

子犬たちは大きくなるにつれて、動きも俊敏になり、力も強くなり、多くの子犬を一度に面倒を見るのが大変になってきます。

とくに、17匹ともなると、もう戦場のよう。。。。。かとおもいきや。。。。

CIMG5617 d

実は、意外におとなしいものです。

というのも、今回、17匹を育てるにあたり、成長する過程において、いろいろなマナーを教えました。

1、人に飛びつかない。

CIMG5618 d

なでてほしい時は、前まできて、おすわりをする。


2、ゲートの前で泣かない、飛び上がらない。

03,31,09-6

いつも、落ち着いた行動を。。。



3、ゲートが開いても出てはいけない。

03,31,09-7

ゲートのある線を踏み越えてはいけないと教えたので、人が出入りするときに急いで出たり入ったりしなくてもいい。



4、ご飯の前で待つ。

CIMG5611 d

よしがでるまで、ご飯に飛びつかない。



5、トイレ場所でトイレをする。

さすがに、お食事中の方がおられるといけないので、写真にはのせませんが、ほとんどの子犬が決められた場所でトイレができるようになりました。


小さなときから、しっかりとしたマナーを教えることによって、17匹の子犬を同時に穏やかに育てることができます。

そうでなければ、毎日戦場のようになっていることでしょう。


たとえ子犬だからといって、やりたい放題にさせておくと、後々さらに大変なことになります。
補助犬だけでなく、ペット犬においても、子犬を飼われるときは、はじめからしっかりとしたマナーとルールを教えることが重要です。

新しいパソコンはMac

2009/04/11 Sat

一週間ぶりぐらいです。
というのも、今回は理由があるんです。

実は、月曜日に新しいパソコンを購入しました。
しかも、Macです。

今まで使っていたパソコンは、アメリカに来る前に購入したWindowsの入ったパソコンで、日本とアメリカを何度も往復したにも関わらず、5年間、一度も壊れることなく、働いてくれました。

04,11,09-11

しかし、やはり古い型なので、ハードドライブの容量が小さく、ブログを書くために写真を取り込むたびに、どんどん起動が遅くなり、1ページを開くのに数分待たされたり、フリーズすることもしばしば。。。

これじゃあ、あまりにも要領がわるいので、新しいパソコンの購入を考え始めたのが2ヶ月ほど前。

いろいろ調べて検討した結果、やはり写真やムービーをたくさん扱う私にとっては、WindowsよりMacがいいと思い、パソコンを乗り換えました。

04,11,09-12

今まで使っていたパソコンよりも携帯しやすいように、小さめのものを選びましたが、ハードドライブの容量は今までのパソコンの15倍もあります。

これでどんなに写真やムービーをとっても、心配無用です。

しかし、このパソコンで、どのように写真を取り込み、整理、ブログで使えるように編集の仕方を習得するのに数日かかりました。

04,11,09-10

ということで、これがこの新しいパソコンで書く初めての日記です。

これかは、さらにサクサク更新ができると思います。
写真の編集もがんばります!

ご期待ください。

生徒と犬と車椅子

2009/04/05 Sun

先週の火曜日のことですが・・・(すみません、また週末にネタをためてかいております)。

近くの、大型ショッピングセンターに朝の訓練としていってきました。

学校には、生徒や犬の移動のために、運転手を含め11人乗りのバンがあります。
そのバンには電動車椅子を乗せられるように、車の後方にリフトがついてあるので、天井も高く、とっても大きいのです。

しかし、生徒8人と犬8匹と車椅子8台を乗せると、どんなに車が大きくても、車の中はごった返します。

03,30,09-5

そのごった返したバンを15分ほど運転し、ショッピングセンターに到着。

車椅子を組み立てて、出発です。

03,30,09

学期の終わりもせまってきているので(学校の卒業式は5月のはじめです)、犬たちのスキルなどの最終確認が今日の課題です。

いつも、学校内でできる動作を、学校外でも同じようにできるかどうかを見ます。

03,30,09-4

学校内でどんなにたくさんのことができても、学校外のたくさんの臭いや物音や環境においてできなければ、介助犬としては働けません。

犬の訓練をしている生徒たちもにおいても、どんな環境にでも対応できる犬を育てらることが、介助犬訓練士としては不可欠です。

03,30,09-2

この学校で去年の8月から勉強し始めた生徒たち。
彼らも、あと1ヵ月後には卒業し、また故郷に帰っていきます。

03,30,09-3

この生徒たちが、車椅子に乗って犬を訓練している姿を見られるのも、ほんのわずか。

そのカウントダウンは、いつの間にか始まっていました。

Ws & Xs:8週(2ヶ月)

2009/04/02 Thu

ゴールデンのWとラブのX.
今週で生後2ヶ月になりました。

CIMG4961.jpg

いつも、週末はマネージャー宅で過ごす、子犬たち。
学校よりもマネージャー宅のほうが、広くて、大きくなってきた子犬たちには絶好の遊び場です。

先週末は、初めてプールを出してみました。

CIMG4972.jpg
(ちなみに、後ろに立っているクロラブはナオミちゃんで、子犬に囲まれ困っております)

しかし、一匹も自分から入ろうとせず、大きな水のみ場だとしか思っていなかったです。


さて、生後8週になり、そろそろ子犬たちがばらばらに生活する日も近づいております。

03,29,09-1

まだ、小さいうちは、別の母親から生まれてきた子犬たちを一緒に生活させておいても問題ないのですが、大きくなるにつれて、性格やエナジーレベルの差も大きくなっていき、問題行動が発生しやすくなってくるからです。

03,29,09-2

特にラブたちは、パピーホーム(パピーウォーカー)宅に行く予定なので、兄弟とも離れ離れになってしまいます。

03,29,09-3

毎週末、休日返上で17匹の子犬を一人で世話をするのも、慣れてきたころなのに・・・。

こうやって、ゴールデンとラブが一緒に遊んでいる姿を写真を撮れるのも、ほんのわずか。

03,29,09-4

みんなが離れ離れになる前に、なにか記念になるような写真を撮らなくっちゃ♪

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。