スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリュフ探知犬

2008/10/31 Fri

以前にもご紹介しました、探知犬
うちの学校は、補助犬だけではなく、犬全般に関する勉強をする学校でもあるので、彼らの持つすばらしい嗅覚を使い仕事をする探知犬の訓練もします。

そして、最近、新しい探知犬の訓練を研究目的で始めました。

その名も、トリュフ探知犬

トリュフは木の根っこから生えるので、土の中に埋まっているそうです。
その埋まっているトリュフを、犬が嗅ぎわけ、オーナーにそのポイントを教えるという試み。


でも、トリュフの生えている木なんてこのあたりにはないので、訓練にはクルミの木畑(?)を使わせていただくことになりました。

10,31,08-4

今日は、第一段階:たくさんある木の一本一本、全てを回らせる訓練(サーチング・パターン)の練習でした。

10,31,08-2

今日の参加者は、リチャードソン。
10,31,08-3
この写真を撮った後に、泥にごろごろして・・・

こんなことになってしまいました。
10,31,08-1

今朝、雨が降ったばかりだったので、私たちの靴も泥だらけになってしまいました。
次回からは、長靴持参が必要ですね。


この、トリュフ探知犬。
始まったばかりのプログラムですが、成功できるようにがんばります!
スポンサーサイト

キング&クイーン

2008/10/30 Thu


今日、フィールドトリップに行った先で撮った写真にらくがきしてみました。

ノーランとナオミです。
10,30,08-1

ものすごく、似合ってません?!

犬と本を読む

2008/10/29 Wed

ソーシャル・セラピー・ドッグの一環で、リーディング・ドッグ・プログラムというものがあります。

リーディング・ドッグ・プログラムというのは、本を読むのが苦手な子供たちが、犬に本を読むというものです。
本を読むのが苦手な子供たちは、間違えたり、笑われたりするのがいやで、人前で本を読むのを嫌がります。
だから、ますます本を読まなくなり、上達しません。
そこで、登場するのが犬です。

犬は間違えても、笑ったり、ちゃかしたり、せかしたりしません。
だから、子供たちは心置きなく、本読みの練習ができる上、いやな本読みも、「犬に本を読んであげるんだ!」というやる気に変えます。

犬は、子供が本を読んでいるあいだは、子供に寄り添って、本を見つめる訓練をされています。


うちの学校では、このプログラムのため、週に1回、町の小学校に犬を連れて行きます。
犬には担当の教室があり、毎週、その教室の生徒と一緒に本を読みます。

今日は、あさってがハロウィーンということで、犬にまたコスチュームを着せていきました。

テンバーはグーフィーになったんですが・・・
見て!!この顔の表情!!
10,29,08-1
「えぇー、僕はいったい何をされていの?」By Timber

もう、みんなで大爆笑!!

そして、またナオミ・・・
今日は、プリンセスになりました。
10,29,08-2

そのほかの犬たちはこんなかんじ・・・
10,29,08-4
ほとんど全ての犬(10匹)がコスチュームをきたんだけど、集合写真は撮れませんでした。
だって、みんなじっとしてないんだもん。



さてさて、本題のリーディングです。

私のクラスは、普通の学級ではやっていけない子供たちが集まる特別教室。
1年生から3年生までの子供たちが約10人。
学力が低い子だけではなく、集中力がない子、ルールが守れない子たちです。

この子達は、まだ自分で本を読むことができないので、先生が本を読み聞かせます。

10,29,08-5

そして、ナオミはみんなに混ざって、一緒に先生の本読みを聞き・・・・

10,29,08-3

      ・・・って寝ちゃいました。


まぁ、初めてなんで、大目に見てやってください。

ビゴ:成長期

2008/10/28 Tue

カメラが見つかりません。

どこいったの、私のカメラ??

困った。。。


ということで、カメラが見つかるまで、新しいネタはお預けです。



ところで、
一歳になった、ビゴくん、
最近、かなり成長しているみたい
10,28,08-1

今日も、ビゴを連れて歩いていたら、マネジャーが、ビゴの大きさに驚いていたし、
それに、家に連れて帰ってくるたびに、家の人が、「また、背が高くなったね」と言うし・・・。

中学生の男子のように、身長は伸びるんだけど、体重がそれに追いついていないので、細くなった。
10,28,08-5

だから、ショードッグのお父さん譲りの顔の大きさが、さらに大きく見える。
10,28,08-4

みんなの2倍の量のフードを食べているのに、なかなか体重が増えない。
10,28,08-3
まぁ、成長期だから、仕方ないか・・・。


でも、成長は見た目だけで、中身はビックリするほど子供。


「ビゴ君、中身はいつ成長するのですか?」

ナオミ:ハロウィーンパーティーへ行く

2008/10/27 Mon

ヒューメイン・ソサエティーでハロウィーンパーティーがありました。
せっかく、ナオミのマジョ・コスチュームがあるので、コスチューム好きのスタッフとその人の犬:ジアナと4人で行って来ました。

ジアナはベリーダンサーで、体のあちこちにフリフリとジャラジャラがついていました。
10,25,08-4


それにしても、本当にたくさんの犬がいた。
しかも、全員、何らかのコスチュームを着ている。

私のお気に入りだったのは、
あかずきんちゃんとおばあさんに化けた狼
10,25,08-2
このハスキー、めがねをかけてるんだけど、普通の人間のめがねで本当に鼻の上にのってるの。
もう、それが感動で!

もう1つは、
オズの魔法使い
10,25,08-3
チワワ5匹がそれぞれのキャラクターになって、カートの上に載って行進。

こんな衣装を着た犬たちが、確実に100匹以上はいた。(いや、もっときたかも?!)
そんな犬たちにも、まったく動じない、ナオミ。

10,25,08-7

ここまで、無反応だと、逆に子犬としどうなんだろうか・・・?


ナオミは、コスチュームコンテストには出なかったが、ホットドッグ食べくい競争には出場した。
10個の水の中に入ってあるホットドックを何秒で食べきれるか?というもの。
10,25,08-1
小さい犬の部で挑戦したが、小さくてもラブラドール!
食べることに関しては、ブリード一二を争う!!

でも、いいところまでいったのですが、デブのコッカーに負けました。


さて、最後に写真撮影。
10,25,08-5
10,25,08-6
こんなに小さいのに衣装を着て、こんな状況でもおとなしく、かわいいナオミはみんなから声をかけてもらえ、人気者でした。

でも、10月下旬とは思えないほど暑い日で、後半なんて、「もう、歩きたくない」とだだをこねていました。


「2人とも今日はお疲れ様でした。」
10,25,08-8
「来年は、どんなコスチュームがいい?」

TECH EXPO '08

2008/10/25 Sat

Disability Service & Legal Center TECH EXPO '08というイベントに、学校の授業の一環でクラス全員で行って来ました。

このイベントでは、障害者や高齢者の方の生活を補助する最新の道具やサービスを紹介されていました。

本当に、いろいろなものがあったのですが、特に興味深かったのは・・・

見たこともないような車椅子。
10,24,08-1
タイヤから上向きに伸びたレバーを押したり引いたりすることで前に進むらしい。

最新型の、コミュニケーター。
10,24,08-2
以前にご紹介したリンのように、コミュニケーターを使うクライアントがいる場合、犬とのコミュニケーションにこのような器具を取り入れることはできるのか?という課題があった。
もしかしたら、これならできるかもしれない?!

そのほかにも、車椅子からの移動を補助する大掛かりなものや、
10,24,08-3

ホースセラピーの一環で、車椅子のままでも乗り込める馬車など・・・
10,24,08-7


何を見ても、「これと犬とをどのように組み合わせるか?」ということを考えてしまう。
介助犬訓練士として、また在宅介護士(私の副職)としての職業病ですね(笑)


そして、もちろん、うちの学校のブースもあり、
ブース=デモンストレーション=私、のいつものノリで、

ナオミとデモやりました。
10,24,08-5
今日は、シット、ダウン、ステイ、シェイク、カム、リーヴ・イット、レトリーブと、
初めてのステージでのデモにも関わらず、ナオミはいつも通り完璧!
本当に、この子はすごいです。


最後にみんなで集合写真。
10,24,08-6

カメラ目線の犬は・・・

          ・・・一匹

犬より人のほうが難しい

2008/10/24 Fri

共同訓練(クライアントさんが犬をもらうための2週間のトレーニング)まで、あと6週間をきりました。

介助犬訓練士とは、犬を介助犬に育てるだけではなく、クライアントさんに介助犬を受け渡す共同訓練もしなければなりません。
実際、前者より後者のほうがよっぽど難しいのです。

10,22,08-5

クライアントさんの訓練をするのは、彼らのために犬を訓練してきた生徒たち。
「今までに作り上げてきた犬との絆を、どのようにしてクライアントさんに移し変えるか?」というのが今日の課題。

2人+一匹がペアになって、
犬を育ててきたのは横に立っている生徒。
車椅子に乗っているのは、別の生徒。
そして、犬は立っている生徒の犬だけど、車椅子に乗っている生徒がハンドリングする。
10,22,08-7
ほら、この犬はリーシを持っている生徒じゃなくって、元の生徒のほうを見てるでしょ?


でも、立っている生徒は何もしない。そこにいるだけ。
座っている生徒が、コマンドをだし、褒める。

10,22,08-8

そうすることで、犬は、「あぁ、この人もいい人なんだ」と思い、あたらしい絆を作り上げていく。

10,22,08-6

基本的に誰とでもフレンドリーな犬たちが、新しい絆を作り上げるのはそんなに難しいことじゃない。

でも、生徒たちが、今まで愛して育ててきた犬たちを諦めることほうが、よっぽど難しい。


人間とは難しい生き物です。

ビゴ&シェイン:買い物に行く

2008/10/23 Thu

今日は、授業と授業の間が少し空いていたので、クラスメートのサラとシェインと一緒にちょっとお買い物。

シェインはまだこれで生後7ヶ月。
なのに、体重約50キロ!
ビゴも一歳にしては大きいほうなのに、一緒に並ぶと小さく見える。
10,22,08-9
そして、私の車も小さく見える・・・(実際に小さい車なんですが)


来週はハロウィーン、
店の中も、オレンジ一色。

こんなかわいいディスプレイがあったので、写真を撮ってみました。
10,22,08-10


実はこの2人(ビゴ&シェイン)、ただいま思春期真っ盛り!!

学校でのトレーニングは完璧なのだが、ケープをつけて外に出ると、まぁ、犬が変わったように、

全ての臭いを嗅ぎたがる。
全てのものを触りたがる。
引っ張りたがる。
聞こえないふりをする。

もう、大変・・・(涙)



これは成長期のオス犬には典型的な行動。

人間の男の子も、十代に入ると、何かにつけて親に反抗したがるでしょ?
それと一緒です。

でも、あと数ヶ月もすれば、また犬が変わったように、おとなしくなる。
10,22,08-11

だた、その時期を待ちつつ、根気よくトレーニングを続けるだけ。


「サラ、お互いに手のかかる息子を持っているけど、気長にがんばろうね」

赤&白:チーム

2008/10/23 Thu

子犬は4匹、生徒は9人なので、子犬一匹につき生徒2~3人がつき、トレーニングをしています。

ナティーチーム
10,22,08-1

ジョーチーム
10,22,08-2

ナイラチーム
10,22,08-3

ナンチーム
10,22,08-4


初めての子犬の訓練に、まだ少し戸惑い気味の生徒たち。
大きな犬とは、またぜんぜん勝手が違うからね。

でも、みんなで力を合わせてがんばって!

赤&白:トレーニング開始

2008/10/20 Mon

生後12週間を迎えた、赤組(ナイラ&ナティー)と白組(ナン&ジョー)。

彼らの訓練をする生徒たちも決まり、彼らのトレーニングが始まりました。

一匹ずつのトレーニングを見ていると、彼らの性格がよく分かる。

まず、ナティー
10,20,08-1
活発なおてんば娘。
誰にでも、何にでも興味津々。
じっとしちゃあいない。

ナン
10,20,08-2
けっこう、わが道行くタイプ。
だから、こっちがしてほしいことを教えるのは大変そう。

ジョー
10,20,08-3
おとなしいが、ママの言うこと、やることには興味津々。
やる気を引き出せば、いい子に育ちそう。

そして、ナイラ
10,20,08-4
ちょっとシャイな女の子。
やりたいことをたくさんやらせて、度胸をつけさせなくっちゃ!



一匹ずつ性格の違う犬たちは、一筋縄ではいかない。
犬の性格ごとに、訓練スタイルを微妙に変えなくてはいけない。

これが、犬の訓練の難しいとこであり、楽しいとこである。
なぜなら、新しい犬を訓練するごとに、新しい発見があり、成長があるから。

ナオミ:川デビュー

2008/10/19 Sun

また、今日もいつもの秘密の川のスポットです。

今日は、モディカのかわりに(ごめんね、モディカ)、ナオミを連れてきました。
10,19,08-5

さて、泳げるかな?

どんなときでも、私のすぐ後を追ってくるナオミ。
最初は調子よく、私の後を追って、ゆっくりと川の中に入ってきたが・・・
10,19,08-6

川の中で、硬直!
10,19,08-7

ちょっと深いところに入ってきても、足が着かなくなるちょっと手前で、バック!!
10,19,08-9

やっぱり、ダメでした。
そして、残りの時間は、川沿いでお座りして、みんなの遊ぶ様子をみていました。
10,19,08-2

まぁ、川に入っただけでもOKかしら?
ベルが初めて川に来たときは、近づきすらもしなかったからね。


息子たちはいつものように、遊ぶ!
10,19,08-8

今日は、どこかさんのブログで大人気の「ええ石探し」に挑戦してみたが・・・
10,19,08-3

石は(もちろん)投げても沈んでしまうので、追ってみるが、見失って、諦める。
10,19,08-4
「水の中だよ!」といっても、顔をつける勇気がないらしい。

まだ、当分、「ええ石探し」には出場できそうにないです。


川の水もだいぶん冷たくなってきました。

10,19,08-1

今年、川にこれるのもあと何回ぐらいかな?

ショードッグ(後編)

2008/10/18 Sat

ドッグショーでは、犬の性別、年齢、などにあわせてグループがわかれ、そのグループ内でブリードの基準(スタンダード)にもっともあった犬がショーをもらえます。

まずは、グループごとにリングに出て、並びます。
10,18,08-10

そして、ジャッジは一匹ずつ、体を触り、体のつくりや形などを見ます。
10,18,08-11

最後に、リング内をぐるっと走り、犬の足並み(ゲイト)をみます。
10,18,08-12

私は、あまりショードッグには詳しくないのですが、簡単に説明するとこんなかんじです。


私たちのドッグショーでの目的は、
①繁殖犬を探すこと。
②犬を見る目を養うこと。

たくさんのレトリーバーが一同にあつまるドッグショーは、未来の介助犬繁殖犬を探すチャンス。
でも、そのためには、犬を見る目を養わなくてはいけない。

ジャッジは、犬の体重、身長、骨のつくり、顔のつくり、毛並み、足運びなどを事細かに見る。
でも、私たちの見る場所は違う。

私たちは、尻尾の振り方、耳のつき方、顔の緊張さ、動きの早さ、ハンドラーとの調和、などを見て犬の性格を見極める。
こればっかりは、自分の経験と感。


次々にリングに上がる犬たちを、がんばって見ているのだが・・・

5匹、
10,18,08-14

6匹、
10,18,08-19

7匹、
10,18,08-13

8匹、
10,18,08-16

9匹、
10,18,08-18

20匹!
10,18,08-17

あぁ~!多すぎ!!
数が多くなっていくと、ついていけない。

まだまだ、犬を見る目、訓練中です。

でも、なんともまぁ、美しいゴールデンたち。
10,18,08-15

こんなに近くに、こんなにたくさんいるのに、ハグできないのが悲しい・・・。
10,18,08-20


今日、一日で、おそらく200匹以上のゴールデンを見たと思う。
疲れたけど、本当に楽しかった。

そして、10月半ばなのに、日焼けした・・・。

ドッグショー(前編)

2008/10/18 Sat

今日は、みんなで学校から一時間半ほど車でいった町で行われた、ドッグショーに行って来ました。
10,18,08-4

このドッグショーでは、ゴールデンとラブの出場数がとっても多いので、朝の8時からはじまって夕方の5時まで、ひたすらレトレーバー見放題です。
10,18,08-3

でも、まずはショー以外のことをご紹介。

まずは、犬関係の商品をうる店がいたるところに出ます。
10,18,08-6
その店を回るのもショーでの楽しみ。
私もちゃんとトレーニング用品買いました。

そして、トレーニング(ワーキング)のコンテストもあります。
アジリティーや、フライングボールなどは有名ですが、そのほかにもオビディエンスやライリーなどという種目もあります。
10,18,08-7

すこしその内容をご紹介。

まずは、Stay(ステイ)
シットは3分。ダウンは5分。
オーナーはリングを去り、犬の見えないところに隠れます。
10,18,08-8
犬はそれでもガマンです。

これは、メタルと皮製のダンベル、計8個の中に、自分のオーナーの臭いがついてあるもの1つを嗅ぎわけ、持ってきます。
10,18,08-1

ハンドシグナルで、ジャンプをします。
10,18,08-2

同じ競技でも、一組づつハンドリングの個性があって、とっても勉強になったし、それに、みんな、すごくよくトレーニングされていて、いくつかうちの犬に試してみたいことも見つかった。


・・・後編につづく・・・

3匹:@チルドレン・ビレッジ

2008/10/16 Thu

一ヶ月前から始まったチルドレン・ビレッジでの介助犬訓練プログラム。

今日は、そのプログラムに配属の、最近一歳になったばかりの3匹のクロラブ、
ニーナ、オーソン、オスカーと生徒たちの訓練模様をご紹介します。
10,16,08-1

まずは、オスカー。
10,16,08-2
今日は、初めて物を持ってくる練習。
10,16,08-3
ちゃんとママのところまで落とさず持ってこれました。

次は、オーソン。
ステイの練習。
10,16,08-4
だんだん、ステイの距離と時間が長くなってきました。

そして、ニーナ(一番手前)
10,16,08-5
中心のコーンの上には、おやつが乗っているのですが、そのおやつをLeave It (無視しろ)しつつ回りをぐるぐる回ります。

そして、最後にみんな並んでステイです。
10,16,08-6

毎回少しずつ新しいコマンドを習って、どんどんできることが増えてきました。

この調子でいくと、もうすぐみんなでフィールドトリップに行ける日も近い?!

ウヒウヒマン、登場

2008/10/14 Tue

10月も半ばになり、12月の介助犬共同訓練にむけて、犬たちの最終適性診断が徐々に始まりました。

今日は、おかしな人が現れたときの犬の対応力を見ることに。

そこで登場!
ウヒウヒマン!!
10,14,08-3
(注:うちの訓練ディレクターです)

お面をかぶり、高い声でウヒウヒ言いながら、へんなダンスを踊る、ウヒウヒマン。

そんな、ウヒウヒマンの登場に、犬たちは注目!
10,14,08-2

どんな人が近づいてきても、怖がったり、吠えたりしてはいけないのが介助犬。
だから、おかしな人に対してもいい印象を与えるために、ウヒウヒマンは犬たちに近づきつつ、おやつをあげます。
10,14,08-1

どの犬も、ウヒウヒマンテストは合格!

2週間後のハロウィーンには、町のあちこちに仮装した人たちがたくさん現れる。
みんなこの調子でがんばってね!



そして、適正診断だけではなく、訓練のほうにもますます力が入ってきました。

電気をつけたり、
10,14,08-6

棚の戸を開けたり、
10,14,08-4

落ちたものを拾って持ってきたり・・・
10,14,08-5


11月に入ったら、卒業候補犬たちを絞り込み、その犬たちの性格やスキルに合わせて、12月の訓練にお呼びするクライントさんを選ばなくてはいけない。

みんな、もうあんまり時間がないよ!
がんばろう!!

手のかかる子供たち

2008/10/12 Sun

今週末はナオミと一緒。
というのも、砂利を食べたらしく、おなかの調子がよくない。
だから、ナオミのうんP観察係です。
10,12,08-2
「もう、どうして砂利なんて食べるの?!」

でも、いつも週末を私と一緒に過ごすはずのビゴは、自分のママと過ごせる時間をナオミにとられて機嫌が悪い。
昨日なんて、ふてくされて私のことを見もしてくれなかった。
だから、今日はビゴのご機嫌をとるために、息子たち3人を連れて川に行った。
10,12,08-9

その間、ナオミは学校でお留守番です。


今日もすばらしい秋晴れ。
10,12,08-11

さすがに、10月中旬にもなると、寒くて川には入れないかと思ったが、意外に大丈夫だった。
10,12,08-6


では、ここで今日の私の手のかかる3人の息子たち。

モディカは、アヒルを見つけて、遠くのほうまで泳いで追いかけて行ってしまった。
でも、やっぱりアヒルには追いつけなかったらしく、諦めて帰ってきた。
10,12,08-4
「ダメですよ、アヒルさんはLeave Itです!」


ウノは、おもちゃ大好きなので、ひたすら誰かが何かを投げてくれるのを待っている。
10,12,08-5
「ウノ、もう投げるのつかれたよ・・・」


ビゴは、アヒルにもおもちゃにも特に興味なし。
私の周りをうろうろしながら、川の底にある何かを取ろうとしてみたり、砂にごろごろしてみたり・・・。
10,12,08-3
「ビゴ、ママの近くにいたいのは分かるけど、せっかくみんなと川に来たんだから、遊んできなよ。」


とにかく、今日も息子たちは、いっぱい遊びました。
10,12,08-8
10,12,08-10

これで、ビゴのご機嫌も少しはなおったかしら?



最後に、夕日の影でこんな写真撮れました。

10,12,08-1

ナオミはいつも、私のそばでお座りをしてじっと見上げる。


「ナオミ、今度はあなたも川に連れて行って上げるから、泳ぎの練習しなくっちゃね。」

運命の出会い

2008/10/10 Fri

以前にも一度ご紹介しました、元繁殖犬、ゲイブ

彼が13歳になりました。
最近、すこし耳が聞こえにくくなりましたが、まだまだ元気です!

10,10,08


13年目前のクリスマスプレゼントとして、子犬だったゲイブを友人からもらったリック。
その当時、まったく犬関係の仕事をしていなかったリックが、ゲイブをきっかけにアニマルセラピーに興味を持ち始め、ゲイブをトレーニングし、セラピー犬にした。
そして、セラピー犬・ゲイブと一緒に、たくさんの場所にボランティアとして尋ね、犬の持つ力にますますのめりこんでいき、さらに人を助ける犬の勉強をするため、7年前、うちの学校のセミナーに参加した。

うちの学校のセミナーを終了後、地元で介助犬プログラムを設立し、ゲイブは繁殖犬になった。
そのプログラムの中で、今のフィアンセとめぐり合った。

3年後、うちの校長がリックをスタッフとして呼び込み、ゲイブはうちの学校の繁殖犬に。

その後、4回、お父さんになり、さらに息子や娘も繁殖犬として子供を生み、今ではうちの学校のほとんど全てのゴールデンはゲイブの子孫。
それだけではとどまらず、ある息子の精子はアメリカ中の介助犬プログラムに送られ、彼の子孫はいろいろなところで介助犬になっている。

そして、リックはゲイブの孫息子3人を連れて、国が注目する元兵士のための介助犬プログラムを立ち上げた。


一人(リック)と一匹(ゲイブ)の出会いは、更なる出会いを呼び合わせ、お互いの人生を変えた。
そして、共に13年間、生きてきた。



どんなにすばらしい犬と出会っても、必ず別れなければならないという宿命を持つのが介助犬訓練士。

しかし、人生で一度は、リックとゲイブのように、自分の運命の犬に出会い、人生を共に歩んで行きたい。

仲良し

2008/10/09 Thu

オーストリアからきた白組と、
うちの繁殖犬の娘たち赤組は、

学校に着いた日から今日までの10日間、別々の場所で暮らしていました。

両組の子犬たちが伝染病をもっていないことを診断する期間(7~10日間)の間、もしものときのために二組を別々の離れた場所に隔離をしておりました。

でも、その検疫期間が終了したので、これからは白組と赤組は同じヤードで過ごすことになります。
10,09,08-4
(赤組の2人にもかわいい名前がつきました)

それにしても、白組、でっかい!
白組は赤組より3日生まれが早いだけなのに、顔の大きさも、体の大きさも、手のひらの大きさも2倍!!
10,09,08-1
特に、一番大きいナンと、一番小さいナイラの差は、同じゴールデンとは思えないほど。

それでも、女の子3人が仲良く寄り添っていると、やっぱり子犬は子犬だなぁと思う。
10,09,08-3

兄弟が増えて嬉しかったのでしょう。
ヤードの中をものすごい勢いで走り回り、思いっきり遊んだ後、4人とも疲れて一緒におやすみ☆
10,09,08-2
4人とも仲良くなれてよかったです。


検疫が解けたことで、この子達も介助犬に向けて、トレーニングが始まります。

この子達をトレーニングするのは1ヶ月半前に入学してきた、新入生たち。
初めてのパピー・トレーニングに戸惑うこともあると思うけど、子犬たちも、生徒さんたちも、がんばってね。

恋人同士?

2008/10/09 Thu

先日話していた、繁殖期に入ったレイン。

今日は、レインの恋人(?)、ノーボル(オスの繁殖犬)のご紹介。
10,08,08-2

ノーボルはアリゾナ出身。
2歳のイエローラブ。(レインよりも1歳年下) 
体はそんなに大きくないが、筋肉質の体つき。
とにかく今は、レインのことで頭一杯。


今朝、レインの繁殖日がきたので、2人をあわせてみた。

実は、2人とも今までに、繁殖をしたことがない、初心者。
どっちも、どうしていいものかいまいち分かっていない。

だから、ちょこちょこ手を貸しながら、成功するのを待つこと・・・・



        ・・・・1時間・・・・・



10,08,08-1


これではいつまでたっても無理そうなので、人工授精をしました。



その模様は。。。。


ちょっと、ブログには乗せられないような写真なので、やめておきます。

ナオミ:マジョになる

2008/10/06 Mon

今日、$1ショップ(日本の100円均一ショップ)に行ったら、小型犬用のハロウィーンコスチュームを発見!

もちろん、買いました!
だって、$1ですもん!!


そして、学校に帰ってきて、ナオミに着せたら・・・

ナオミちゃん、マジョになりました☆
10,06,08-1
カワイイ~!!!

そこにいたスタッフたちをオフィスから引っ張り出して、ナオミマジョのお披露目会開始!
10,06,08-2
みんな、嫌がらずに衣装を着せられているナオミのかわいさに、笑わずにはいられない。

でも、みんなから笑われ、写真をとられ、ちょっとうんざりしてきたナオミ。
10,06,08-3

そして、そのまま帽子に頭を隠してしまった。
10,06,08-4

ごめん、ごめん、あなたで遊んで。
だって、かわいすぎるんだもん。



さて、次はだれにこの衣装をきせてやろう・・・?(笑)

ビゴ:パンプキン畑に行く

2008/10/05 Sun

10月に入ると、ハロウィーンのために、いろいろなところでパンプキンが売り出されます。

特に、パンプキン畑には毎週末、たくさんの人たちが家族連れでやってきて、パンプキンを買います。
うちの近所に大きなパンプキン畑があり、毎日通学時に通りすがり、とっても気になっていたので、ビゴと一緒に、ちょっと様子を見に行きました。

10,05,08-1

予想以上に楽しかった!

まず、いろいろな動物がいた。
ヤギに、豚に、羊に、馬に、にわとりに・・・。
10,05,08-9

それに、コーン畑で作った迷路や(仕掛けがあるそうで、ビゴを怖がらせないようにはいりませんでしたが・・・)

10,05,08-5

家畜のえさで作った山などもあり、
10,05,08-6

ちょっとした、牧場祭りみたいになってました。



こうゆう時でも、訓練、訓練、

まずビゴ君、ニワトリさんにご対面。
10,05,08-7
興味津々でしたが、クリア!!

次に羊。
10,05,08-8
なんと、この黒い羊さん。
ビゴを見た瞬間、羊さんのほうがビゴに興味津々。
フェンスぎりぎりまで近づいてきて、足をならして、熱い視線・・・。

ビゴ君、はじめはちょっと怖くなって、「ウゥ~」とやってしまいましたが、しばらく羊さんの周りをうろうろしているうちに慣れ始め、最後にはちゃんと記念撮影!
10,05,08-10
「ビゴくん、気にしない、気にしない」


では、本題のパンプキン畑へ・・・
10,05,08-2

大きな畑に一面のパンプキン。
10,05,08-3

大きいのも、小さいのも、変な形のも、色の違うのも、ずら~とパンプキンだらけ。
みんな、リヤカーをひいてお気に入りのパンプキンを選んでいました。
10,05,08-11
「いやいや、ビゴ君、これはボールじゃないから・・・」

最後に、仲良くなった家族のお嬢さんと記念撮影。
10,05,08-4

予想外の校外訓練になりましたが、私も楽しかったし、ビゴ君もたくさんの誘惑の中、なかなかがんばったと思います。

さて、ハロウィーンは月末だけど、
どんな仮装をするか考えなくっちゃね☆

ビゴ:キッチン

2008/10/04 Sat

今日は、私が夕食を作ることに。

夕食の準備をする間も、もちろん犬と一緒です。


今日は、ビゴ。
10,04,08-2

キッチンは、犬にとって難しい場所。

私はキッチンの中をうろうろするけど、犬は邪魔にならないようにしなくちゃいけないし、
いろいろなおいしそうな臭いや食べ物があるし、
料理中、いろんな音が鳴るし、
時々、食べ物がカウンターから落ちてきても、無視しなくちゃいけないし、

誘惑との葛藤の時間です。


ここで久々、
ドッグトレーニング豆知識
料理中、キッチンカウンターから食べ物を与えてはいけません。
一度でも与えてしまうと、犬は食べ物がもらえることを覚え、あなたがキッチンに行くたびにごますりをし、食べ物を欲しがります。
それが悪化すると、カウンターから自分で食べ物を拝借します。
もし、食べ物の残りを犬に与えたいときは、別のお皿に取っておき、犬の決まった食事の時間にボールに移して与えましょう。(犬に悪い影響を与える人間の食べ物もあるので十分注意しましょう)


付け合せのインゲンマメの先っちょを、ポキポキと折っていると、ビゴが異様に興味を示した。
10,04,08-1
耳はあがるし、よだれはでるし・・・。
でも、なぜインゲンマメ?!

でも、料理が完成に近づくと、ビゴは諦めて、大きな体を広げてお休みモード。
10,04,08-3
多少、その大きな体が邪魔ですが、誘惑に勝ったことは褒めてあげましょう。

はい、今日の夕食、

10,04,08-4

照り焼きチキンの完成です。

予定日

2008/10/03 Fri

先日の、白組&赤組の写真。

校長にみせたところ、「白組の背景を濃い色にして、撮り直し!」との、ご命令のため・・・。



撮り直しました。


white 1

white 3

white 4

white 5

はい、やっぱり彼女の言うとおり、前よりいい仕上がりになりました。
特に、最後のナンの笑ってる顔は、校長もとっても気に入ってくれました。




昨日、レイン(メス繁殖犬)が発情期に入りました。
rain 4

犬の発情期は、(人間で言う)生理の間。
生理は約6週間続くが、実際に交配をして成功するのは中ごろの1週間程度。
そのタイミングを見極めるのが難しい。

今年に入って3匹のメス犬が発情期に入って、交配を試みているが、3回とも失敗している。
だから、今回は必ず成功させなければならない。(←繁殖担当者たちにはかなりのプレッシャー) 

そして、成功すれば、2ヵ月後に子犬が産まれる。

予定日は12月の中ごろ。


私は、12月22日から3週間、日本に一時帰国する予定をしている。

だから、
それまでに産んでね!!

ナオミ:初めてのフィールド・トリップ

2008/10/01 Wed

今日は、みんなで近くの食料品店にフィールド・トリップに行くことになりました。

そのフィールド・トリップにナオミも初参戦することに・・・。

出発前に、みんなで今日の課題を話し合います。
「しっかり、聞いてください」
10,01,08-1

今日の課題は、「恐れ」(Fear)

外には、犬が怖がりそうなものがたくさんあります。

ガラガラと大きな音を立てて近づいてくる、ショッピング・カートもそのひとつです。
10,01,08-3

介助犬は、どんな状況に直面した時にも、平然と振舞わなくてはいけません。

子犬の時から、いろいろなものを見、聞き、感じ、体験することで、彼らに度胸をつけ、何事にも恐れを感じないようにすることが、フィールド・トリップの大切な目的です。

10,01,08-2



お店の中に入ってすぐ、ストロベリーを発見!
10,01,08-6
ナオミ、初めて嗅いだストロベリーの甘い臭いをはじめ、空中に漂ういろいろな野菜や果物の臭いをかいでおりました。


お店のなかで、DOWN & STAYの練習。
10,01,08-4
一発で、完璧にできました!


インストラクターの話を聞いている間に、いつのまにか棚に寄り添うように、寝始めたナオミ。
10,01,08-5

初めてのフィールド・トリップなのに、自分の家のようにリラックスしているナオミ。
ナオミのように、どんなものにも恐れを感じず、度胸のある子犬が、将来、立派な介助犬になるんです。


とにかく、初めてのフィールド・トリップ、お疲れ様でした。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。