スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の日曜日?

2008/08/31 Sun

今日は、日曜日☆

快晴なのに、秋っぽい風が吹き、最高のお天気。
08,31,08-3

こんな日は、みんなを連れて出かけよう!!

           といいたいところなのですが・・・

私は、遺伝学のクラスの課題の提出日が明日なのに、まだ書き出してもいないという非常事態!!

08,31,08-1

トピックが「ゴールデン・レトリーバー・筋ジストロフィー」
科学者が書いた実験レポートは、半分以上理解不可能・・・。

読んでるだけで、眠たくなるよ。

そんな私に一日中付き合ってくれているのは、ベルちゃん。
08,31,08-4

ちょっと、お外に出て気分転換。
08,31,08-2

外猫のガッツ君も、木下で気持ちよさそう。
08,31,08-5

あぁ、私も犬か猫になりたい・・・。
08,31,08-6
「現実逃避してないで、勉強再開してください!」by スパルタベル


    はい、がんばります




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

一緒におやすみ

2008/08/29 Fri

うちのブログ通のかたは、お気づきかもしれませんが・・・

私の候補犬たちはみんな私のベットの上で、私と一緒に寝ます。

08,29,08-3

「犬と一緒に寝るなんて!」と、うちのおかんがアメリカに一週間滞在した時に驚いていました・・・(笑)


うちの学校では、「犬は人のベットで寝てはいけない」という決まりはありません。
なぜなら、卒業した後にクライアンツの方が「犬と一緒に寝たい」、といわれることがあるからです。

08,29,08-2

しかし、人と一緒に寝たことのない犬は、ベットの上で人を踏んだり、けったりしてはいけないことを知りません。

体に障害を持っておられる方の体は弱く敏感で、ちょっとした重さや衝撃でも、大事に至ることがあるので、犬は上手に一緒に寝る訓練をしなくてはいけません。

実は、犬をベットの上で寝かさないことよりも、このことを教えるほうがよっぽど難しいのです。

実際に、私の犬たちも、私のベットには乗れるが、家の人のベットや、ソファーには乗ってはいけないことを知っています。


今日もベヌート君が、私のベットの上おやすみです。

08,29,08-1

今日はどんないい夢を見ているのかしら?




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

へその緒

2008/08/28 Thu

8月も終わりに近づき、「あぁ、もうそろそろ夏も終わるなぁ~」と思っていたところに、俄然元気になりだしたカリフォルニアの夏は、今日はなんと100度超え!?!?。。。と言ってもこれは華氏なので、摂氏でいうとだいたい40度ぐらい。

はい、普通に体温超えてます(汗)


そんな、猛暑のなか、犬たちもがんばっております。
08,28,08-9


月曜から学校に入学した生徒たちは、今日から初めての担当犬と一緒に、Umbilical Cord(へその緒)体験が始まりました。

このへその緒体験とは、一匹の犬と丸々7日間、ずぅぅぅ~~~と犬とリーシ一本でつながれるという、なんとも珍しい体験です。
授業や実技だけではなく、ご飯を食べるときも、トイレに行くときも、寝るときも、ずぅぅぅ~~~と一緒。

ブログのタイトル「24時間、レトリーバーと一緒」の原点は、実はこれなんです!!



この行事は、生徒だけではなく、うちの学校から卒業するクライアンツ、またこの学校で働くスタッフも必ず一度は経験します。

なぜ、へその緒と呼ぶのかというと、
赤ちゃんはお母さんのおなかの中でへその緒一本でつながっており、そのへそ緒から全ての栄養分や酸素をもらい、大きくなるのと同じように、
人と犬との絆は、生活の全てをともにしリーシを伝って愛という栄養をもらい、成長させていくというセオリーがあるからです。


私も2年前にやりましたが、一生忘れられない一週間になりました。
(私とへその緒体験をともにした犬、アイゼア↓)
08,28,08-2



新しく入学した8人の生徒と8匹は、へその緒体験初めての夜をどう過ごしているのでしょうねぇ。


できることなら、私ももう一度、へその緒体験やってみたいな。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

今年最後の夜

2008/08/27 Wed

以前にもご紹介した、Wedesday Night Marketも、今夜がこの夏の最終日となりました。

お決まりのように、うちの学校からもブースを出させていただきました。
そして、今日の私のお供はクリシー。
08,27,08-1

そして、PR担当スタッフのお供は、ノアです。
クリシーは、骨に夢中。
08,27,08-2

でも、人が寄ってきて愛嬌を振りまくのはクリシーで、基本ノアは動かない。
08,27,08-7
クリシーのほうがずいぶん働いてたよ。

でも、今日のメインはこの2人じゃなくって、この2人:マット(男の子)とアリーン(犬)
08,27,08-3

マットは、3年ぐらい前からうちの学校のプログラムのいっかんでアリーンをトレーニングし始め、いろいろありましたが(話が長くなるので省略)、アリーンは事故で片足を失ったマットのお母さんの介助犬になったという、なんともすばらしいお話の主人公なのです。

今日はその2人が、マーケットストリートの真ん中で、介助犬のデモンストレーションをしてくれました。
08,27,08-6

例のデモンストレーションボードも登場し、TUG(引き出しを開ける)デモです↓
08,27,08-4

2人とも今日はわざわざ来ていただきどうもありがとう!
08,27,08-8
これからも、ママと3人で、お幸せに。



さて、クリシーに戻りますが、今日は彼女が初めて私のおうちにお泊りの日です。
もうすでに、ベットを占領されていますが・・・。
08,27,08-5

さて、どうなることやら・・・。



介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

スポンジ

2008/08/26 Tue

先週に、うちの学校に仲間入りしたノーランドとナオミは、立派な介助犬になるため、毎日訓練の日々です・・・

といっても、彼らにとっては遊びですが・・・(笑)


以前に何度か話していますが、うちの学校の子犬たちはヨチヨチ歩きを始める生後3~4週間ごろからトレーニングを始めます。
成長した犬にくらべ、子犬がコマンドを覚えることは、スポンジが水を吸収していくように、自然で、早く、簡単なのです。

新しい言語を覚えるときに、大人よりも、子供のほうがそうであるのと同じようなことです。



生後7週間できた2匹は、カリフォルニアに到着した次の日からトレーニングをし始めました。

まだ、訓練をし始めて5日ですが、彼らもまたスポンジのように、どんどんコマンドを覚えていってます。

その模様を、ご紹介。
子犬はノーランドで、トレーニングしているのはマネジャーです。
(かなり、写真がぶれてますが、ご了承ください。子犬の動きが早すぎるんです(汗))


SIT(シット)
08,26,08-1

TURN(ターン)
08,26,08-2

DOWN(ダウン)
08,26,08-3

LAP(ラップ)-前足を太ももにのせる
08,26,08-4

JUMP ON(ジャンプ・オン)-テーブルの上にのる
08,26,08-8

UP(アップ)-前足を上げる
08,26,08-9

LIGHT(ライト)-電気をつける
08,26,08-5

TUG(タグ)-ドアをあける
08,26,08-6

BRING IT HERE(ブリング・イット・ヒアー)-物をもってくる
08,26,08-7

などなど、すでに30コマンドぐらいできるようになりました。
すごいでしょ?!

本当に、この2匹は物覚えが速くってマネージャーも私もビックリしています。


今日は、そのマネージャーのお誕生日でした。
ボランティアの人が、手作りのケーキを持ってきて、ランチのときにハッピーバースデイを歌ってお祝いしました。
08,26,08-10
私より2歳しか年上なだけなのに、この人がする仕事ぶりには、いつも感心しっぱなしで、いつも彼女の後ろを金魚の糞のようにくっついて、いろいろ勉強させてもらってます。
私は子犬たちのように、スポンジのように物事をはやく覚えられないけど・・・

マネージャー、これからもよろしくお願いします。



介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

小さな介助犬

2008/08/25 Mon

今日は、ジーン(ユーザーさん)とマーガレット(介助犬)が学校に遊びに来てくれました。

08,25,08-3

マーガレットは2年前の夏、私が担当した犬。
まだ、生後10ヶ月のくせに、えらい賢くって、かわいくって、私の大好きなBabyだった。

08,25,08-1

その4ヶ月後、彼女は1歳2ヵ月という若さで、ジーンと介助犬チームとして卒業した。


私が彼女を担当していたのは2年も前なのに、私をみたマーガレットは大喜びでしっぽブンブンフリフリ。
08,25,08-4
犬も、何年たっても、愛してもらった人を覚えているのはすごいなぁと思う。

マーガレットは特徴はチョーちっちゃいこと。(写真ではj彼女の小ささが伝わらなくて残念)
体重は25キロ以下。

かなりミニサイズ。

私が彼女を持っていたのは、彼女がまだ10ヶ月のとき。
その当時もちっちゃいと思っていたけど、大人になってもそのままの大きさだから、さらに小さく感じる。
でも、今日会ったら、昔は黒かった鼻が、ピンクになっちゃってた・・・(笑)

2年前のマーガレット↓
08,25,08-2


マーガレットを見て、思った!
うちにはもう一匹、小さな介助犬(候補)がいるぞ!

ベル!

08,25,08-5

血縁上、マーガレットはベルのおばさん。
このなんともいえないちっささといい、いつもハッピーな性格といい、賢さといい、ママが大好きなところといい、本当に、ベルはマーガレットそっくり。
顔もなんとなく似てません?!

ベルもマーガレットのように、立派な介助犬になって、いいパートナーさんに出会えて、幸せいっぱいの人生をおくれるといいね。

ミニだけど・・・(笑)




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

ウノ:Grad Dog

2008/08/24 Sun

Grad DogとはGraduation Dog(卒業犬)の略。
卒業した犬のことではなく、卒業に一番近い犬たちのグループをこう呼ぶ。

明日から始まる新しいクラスの生徒たちは、このGrad Dogと一緒に、犬の訓練を練習する。

ウノもこのGrad Dogの仲間入りをする。

「まだ、一才ちょっとなのに・・・、早いなぁ・・・」なんて思いながら、去年の今頃の写真を見ていた。

半分以上が、帝王切開で生まれてきた7匹のUたちも、全員すくすくまるまると育ち、
08,24,08-2

ウノの担当になって、

子犬なのに、なんだか大人びた性格のウノは、私のやっていることや兄弟がやっていることを、いつもちょっと離れて観察するような子だった。
08,24,08-3

外に連れ出しても、本当におとなしく、小さいときからまったく手がかからなかった。
08,24,08-5


「あれから、もう一年だよ。」
08,24,08-6


「明日から、Grad Dogとしてがんばらなくっちゃいけないのよ。」
08,24,08-7

「ママはもうあなたのママじゃなくなるけど、私はあなたに期待しているんだから、新しいママともしっかりやるのよ!」
08,24,08-10
「I will miss you, too, baby」




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

2匹:初めての水遊び

2008/08/22 Fri

オレゴンからやってきた、二匹の黒らぶちゃんに名前がつきました。

男の子は、ノーランド
08,22,08-3
子犬をいただいたブリーダーの一番下の息子さんの名前をつけさせていただきました。

女の子は、なおみ(ナオミ)
08,22,08-2
うちの学校で生まれず、外からきた子犬にはNOからはじまる名前がつきます。
なぜならNot Ours
それで、男の子がNから始まるから、女の子もNから始まる名前・・・とみんなで考えていたのですが、

アメリカ人がつける名前には、ほとんどにLかRが入っているんです。
でも、私はLかRが入っている名前はどうしても完璧に発音できない。
LもRも両方入ってたら、お手上げ状態。
だから、Nから始まって、LもRも入らない名前・・・・

みんなからいくつか候補が挙がりましたが、私が候補に挙げたナオミに決定!というか、勝手に決定!
でも、いいんです、この子は私の子犬ですから。
それに、みんなかわいい名前だって言ってくれたし♪

「ナオミちゃん、ヨロシクね。」

今日は、ヤードにプールを出して、初めての水遊びに挑戦。

おもちゃを取るには、水の中に入らないといけません。さて、どうする?
08,22,08-5

ノーランドは、ばしゃばしゃと入っていくが・・・
08,22,08-7

ナオミは、ちょっとためらい気味・・・。
08,22,08-6
「ナオミちゃん、これは飲み水ではないのですが・・・」

でも、最終的に、2人ともプールの中に入って、おもちゃを取り合いしておりました。
08,22,08-4

学校に来て、2日、新しい場所にもずいぶん慣れてきました。
08,22,08-8

遊んで、寝て、食べてをひたすら繰り返しながら、どんどん大きくなっていきます。

学校の新しい仲間、
ノーランドナオミをこれからもよろしく。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

オレゴンへの旅~子犬、カリフォルニアへ~

2008/08/21 Thu

いただく子犬も決まり、書類の交換も終了し、最後にブリーダーさん宅の息子さんたちと記念撮影。

08,21,08-12

子犬のママにもお礼を言って、子犬と一緒にカリフョルニアに帰りましょう!

空港までの車の中では、私が座る助手席の床に
08,21,08-3
子犬の車酔いを心配しながら下ばっかりみていたら、私のほうが車酔いになってしまった。
(わたし、車の中で靴紐も結べないくらい、車酔いになりやすいんです)

7週間の子犬はまだ全ての予防接種が終わっていないので、歩けない。
だから、レンタカーを返してからは、カンガルーの袋のようなバックにいれて移動。
08,21,08-4
上から見たら、こんなかんじ↓
08,21,08-6
頭だけだして、あたりをきょろきょろ見ていたのもつかの間、疲れて寝てしまいました。

セキュリティーも無事通過して、トイレタイム。
08,21,08-5
「これから、飛行機に乗るんですから、あるなら今のうちですよ!」


私の学校の犬は、飛行機に乗るとき、クレートに入って荷物といっしょに飛ばない。
絶対、人と一緒に飛行機にのる。
たとえ子犬でも。
だから、飛行機に乗ってる間は、彼らは私たちのひざの上です。
人間の赤ちゃんと同じ扱いです。

「さて、乗り込みますよ。」
08,21,08-7

マネージャーのひざの上の男の子も
08,21,08-9

私のひざの上の女の子も
08,21,08-11

2人とも飛行機の中ではずっと寝っぱなし。
08,21,08-10

目が覚めたころには、もうカリフォルニアに到着!!
08,21,08-8
Welcome to California!!


学校のみんなが君たちの到着を、首を長くして待ってますよ。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

オレゴンへの旅~子犬選び~

2008/08/20 Wed

町の小さな空港から、オレゴン州のポートランドへ。

08,20,08-1

いったい、どんな飛行機に乗せられるのかと心配していたが、意外ににしっかりした飛行機で安心。

08,20,08-2

1時間ちょっとで、ポートランド空港に到着。
ポートランド空港がこんなに大きくてきれいだなんて知らなかった。
08,20,08-3

その日は、レンタカーを借り、ブリーダーさんが住む近辺の町まで移動し、ホテルに一泊・・・・




私は、本当に雨女。
本日のオレゴンの天気は、曇り時々雨。
8月に雨だなんて、とぉぉぉ~ても異常だそうだ。
08,20,08-12

ホテルから約30分ほどで、ブリーダーさん宅に到着。

待っていたのは、もちろん

パピーハート

08,20,08-4

生後7週間、9匹の黒ラブの子犬たち。

08,20,08-5

ママは黒で、パパはイエローなんだけど、子犬はみんな黒。
ブリーダーさんはイエローを期待してたみたいだけど・・・。


とにかく、この中かから、男の子一匹と女の子一匹を選ばなくてはいけない。


まず、みんなを放して、遊び方を見る。
08,20,08-11

こんな小さな子犬の中にも、
誰が遊びの中心で、
誰がのけもので、
誰が強くって、
誰が弱くって、
というような、上下関係のようなものがある。

08,20,08-10

そのグループの遊びを見ながら、その一匹一匹の関係を見極める。



そして、次は一匹づつ。

学校から持ってきたトレーニング用品を使って、トレーニングしてみる。
SIT↓
08,20,08-6
DOWN↓
08,20,08-8
COME HERE↓
08,20,08-7
そのほかにも、おもちゃで遊んでみたり、大きな音を出してみたり、仰向けにさせてみたりして、この子犬の気質や、反応のよさや、柔軟さなどを見る。

ブリーダーさんは、自分の子犬がコマンドをしているのを見て感動していた。




私たちの犬の見極める目はプロだけど、所詮、私たちは、数時間しか彼らのことをみていない。
生まれた時から今まで、この子達を見てきたブリーダーさんの意見も重要!
特に、このブリーダーさんは、本当に一匹一匹の子犬をよく見ていて、それでかつ全てにおいてオープンで、ほんとうにいい人たち。

08,20,08-9

さて、どの子がいいかしら???


オレゴンへの旅~子犬、カリフョルニアへ~とづづく・・・。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

オレゴンへ出発

2008/08/19 Tue

これから、マネージャーと2人でオレゴン州へ出発します。

子犬をもらいにぷっくりハート

生後7週間の、ラブラドールレトリーバーを2匹連れて帰ってきます。


8ヶ月間使われてなかった、パピーヤードも
08,19,08-2

パピールームも
08,19,08-3

準備OKです。


では、いってきます。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

最強の繁殖プログラム

2008/08/18 Mon

以前、「ドーベルマンの介助犬」でご紹介した、遺伝子学者のモニカさんが、彼女の講義は先週に終わったにもかかわらず、また学校に来られました。
今日は、うちの繁殖担当のスタッフのために講義をしに。

08,18,08-2

そして、その講義の半ばには、彼女は繁殖担当スタッフの一員になることに決定。



グレン:
犬の行動学者で訓練プログラム・マネージャー
元SF SPCA聴導犬プログラムの代表
犬の繁殖をしていた経験があり、たいていのいいレトリーバーラインをしりつくす。

アン:
学校の専属獣医師
とっても頼れる、腕のいい獣医
少しでも健康で長生きできる犬の育成をめざす。

モリー:
ドッグ・プログラム・マネージャー
全ての学校の犬を繁殖、飼育、&管理:犬たちの母親的存在
繁殖犬ラインだけでなく、学校の犬のことでこの人がしらないことはない。

08,18,08-1

そして、

モニカ:
遺伝子学者、UCデイビスPhD(ドクター)
ぺティグリーを読むだけで、たいていどんな犬かわかる。
10年前から介助犬ユーザー


行動学者と、獣医師と、ドッグマネージャーと、遺伝子学者
この4人で、最強のグループで、最高の介助犬を生み出す。



そして、モニカが言った一言

As much as I learn new things, I realize that I know few things.
「新しいことを知れば知るほど、自分がほんの少ししか知らないことに気づく」

08,18,08-3

私は、このミーティングが始まって終わるまでの6時間、一言もしゃべることができなかった。

なぜなら、私は犬の行動学に関しても、犬の病気に関しても、犬の繁殖に関しても、犬の遺伝に関しても、ほとんど知らない。

おそらく、一般の人よりはそのどれもに関して知識も経験もあるが、この4人にははるかに及ばない。
このゆう瞬間、自分はとってもちっぽけな存在であるかのように感じる。

どれだけ、自分が無知で幼稚あるかを知る。




でも、私も彼らと一緒に、すばらしい介助犬を生み出したい。
私も、最強の仲間になりたい。

だから、まだまだ勉強あるのみ。


一生、自分が無知であると思っているほうが、よっぽど賢くなれる 

そんな気がする。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ


カテゴリー

2008/08/17 Sun

いつも、「24時間、レトリーバーと一緒」を応援していただきありがとうございます。

本日、カテゴリーを編集し、

① 本日の候補犬:私が担当する犬をはじめ、学校で介助犬になるために訓練中の犬たちについて。

② がんばる介助犬:卒業した介助犬、または介助犬ユーザーさんとの出会いやお話。

③ 学校行事:学校内でおこったイベントや行事などについて。

④ プログラム紹介:犬を通して、学校が行っているさまざまなプログラムに関して。

⑤ HOKOの思い:筆者HOKOが思ったこと、感じたこと、学んだことなど。

の5つのカテゴリーに分けさせていただきました。

少しでも多くの皆さんに気軽に読んでいただき、それと同時に介助犬のことを少しでも身近に感じていただけたらと思います。

今後とも、よろしくお願いします。

HOKO

ドッグデイ・オブ・サマー

2008/08/16 Sat

ドッグデイ・オブ・サマー(Dog Day of Summer)


これは、うちの学校が主催する、年に一度の犬のお祭りです。

今年で3年目。

でも、去年までとは規模が違う。
なんたって、このためだけに、ボランティアが着るおそろいのTシャツまで作っちゃいました。
08,16,08-3

私たちのブースも、プログラムごとにあるし、
08,16,08-16

犬関係のお仕事をしている人たちがブースをたてて、商売したり、宣伝したり。
08,16,08-23

それに、屋台まで出てました。
08,16,08-5


それに、場所がすごい。
去年までは、小さなショッピングモールをお借りしていたのですが、今年はなんと、町のメインストリートの一部を封鎖して、使わせていただきました。
08,16,08-22
こうゆうことがありえるとこらへんが、すごくアメリカらしい。


犬のお祭りなので、犬持ち込みOK
半分以上のお客さんが、犬ずれだったかな?
本当に、いろいろな犬たちが遊びにきてくれました。

大きな犬
08,16,08-15

小さな犬
08,16,08-10

かわいい犬
08,16,08-14

ちょっと、間には入りたくない犬
08,16,08-13

珍しい犬
08,16,08-24

おなじみの犬
08,16,08-19
今日は、ベヌートにお付き合いいただきました。


うちの学校が主催なので、うちの学校関係者によるいろいろなデモンストレーションがステージでおこなわれました。

介助犬はもちろん。

聴導犬、
08,16,08-6

リーデングドッグ
08,16,08-2

サーチ&レスキュードッグ(災害救助犬)
08,16,908-12

その他にも、アジリティードッグ、探知犬、などなど。

もちろん、うちの校長も・・・。
08,16,08-11

そのほかにも、お客さんにも参加してもらえるよう、

犬種あてゲームや、
08,16,08-17

ドッグクッキーアートや、
08,16,08-27

おもしろトリックコンテストなどなど、

よくもまぁ、こんなにいろいろ考え出すもんだ、と思うほど・・・。


うちの開発・促進部のスタッフはこの2~3ヶ月、この日のために働いてきたようなもんだから・・・。

それに、たくさんのボランティアさんたちにも、準備から運営まで、本当に助けていただきました。
08,16,08-7

08,16,08-9

本当に、皆さん、ありがとうございました。


えぇ?!私は何をしてたのかって???

わたくしは一日中・・・フォトグラファーをしておりました。

犬にコスチュームをつけ、写真を撮り、その御代として学校に寄付していただくというものです。 
たとえば、こんなかんじに・・・
08,16,08-26
2人とも、セーラーの衣装で似合っているでしょ?

ついに、私も正式に学校専属のフォトグラファーに任命か?!




お天気はよかったわりに、そんなに暑くなかったので、一日中たくさんのお客さんでにぎわっておりました。

うちの校長いわく、「来年はさらに規模が大きくなるよ・・・」とのこと。
いったい、これ以上どう大きくなるんだ?!

とにかく、皆様、お疲れ様でした。

08,16,08-1




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため、
今日も応援クリック、ポチットお願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

リン&キホテ

2008/08/15 Fri

約3ヶ月前に、介助犬として卒業した私のベイビー、キホテ(Quixote)
08,15,08-9
彼と、彼のオーナー:リンに卒業式以来、初めて会いにいってきた。


というのも、マスター(MS)のクラスの生徒で、かつ、Hawaii Canine for Independentという協会を立ち上げ、ハワイにて介助犬をそだてているモーが、彼らとあって話がしたいというのだ。

08,15,08-8

なぜなら、彼女も今、リンと同じように、障害によって電動車いす生活のうえ、言葉を話せないクライアンツのために介助犬を育てているらしい。

そう、リンはしゃべれない。
耳は聞こえるが、声を出すことができない。
でも、手話は使えない。
なぜなら、指もほとんど使えないから。
だから、誰かに何かを伝えたいときは、うえの写真にある機械を使って、打って言葉として話す。


では、ここで問題です。

リンはどのようにしてキホテにコマンドを伝えるのでしょう?


08,15,08-10

答えは・・・

ボディー・ランゲージ(Body Language)!


といっても、車椅子に乗っているのでそれほど体を動かすことはできないので、車椅子の動きや角度、腕の動き、首の動き、目の動き、表情などで、リンはキホテにコマンドをだし、キホテはそれを読み取り、行動する。

これが、本当にすごい!!!

犬を訓練したのは私だけど、これは確実に私の力ではなく、彼らの絆の強さがすごい。
このすごさをわかってもらうには見てもらわないと・・・


  ・・・ということで、見てください(本当は動画でみせたいのですが・・・)
 
戸棚をあけて
08,15,08-2

一食づつ、子袋に小分けされたドックフードを持ってくる
08,15,08-3

リーシを拾って、リンにわたす
08,15,08-7

玄関のドアを開ける
08,15,08-4

このほかにも(写真を撮り損ねましたが)、ドアを閉めたり、電気をつけたり・消したり、自分のケープを棚からとってきたり、ケープとリーシをつけたり・はずしたり、ヒールのポジショニングもばっちりだし、近所のポメラニアンが泣き叫んでも無視だし・・・

とにかく、全てが完璧で、ゆうことなし!!

2人とも、本当に、嬉しそう。

08,15,08-6

そんな2人を見て、私はもっと嬉しかった。


この学校にきてから、何十組もの介助犬チームに会っているけど、リンとキホテのチームはもっともすばらしいチームのひとつといえる。

彼らに出会えて、本当によかった。



リン、キホテ
これからも、2人で力を合わせ、お幸せに・・・。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため、
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

新入り3匹のゆくえ

2008/08/13 Wed

以前、ご紹介した、3匹の新入りラブラドール

性格判断や身体検査をした結果。

ノウェルが身体検査に引っかかり、ブリーダーの元へ帰ることに。

でも、ノウェルが一番、私のお気に入りだったのに・・・。

性格もいいし、
エナジーレベルもバッチリ低いし、
顔も一番かわいいし・・・(←ここ重要?!)

それに、マスターのクラスに来ていた、生徒や先生にも一番気に入られていたのに・・・。




まぁ、引っかかってしまったんだから、仕方がない。

とにかく、ノウェルの引き渡しを頼まれた。

このブリーダーさんは学校から45分ほど南にある盲導犬訓練所に勤めておられるそうで、そこの近くのスタバでおち合うことに。

ノウェル、短い間だったけど、学校ともさよならですよ。
08,13,08-1
「どこに行くの?おでかけ?」by何も知らないノウェル

先に着いたようなので、スタバの店内へ。
08,13,08-2
「ん?!知っている人の臭い?!」by何かを感じたノウェル

コーヒーを待っている間に、ブリーダーの方がこられました。

書類を渡し、ノウェルも渡し、これで最後。

08,13,08-3

ノウェル。
君はとっても愛嬌のある性格でもって、とってもかわいいから、必ずいいおうちが見つかるよ。
元気でね。



学校に帰ってきて、残った2匹の一匹、クリシーをトレーニングしてみた。

うちの学校では、よちよち歩きをはじめた子犬(生後約4週間)の時からトレーニングを始めるので、8ヶ月にもなってSIT(お座り)もできない犬は、本当にまれ!

でも、今日だけで、10コマンドはなんとなくできるようになりました。

08,13,08-4

これから、彼女がどう成長するか、楽しみ♪



介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため、
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

あれから1年

2008/08/12 Tue

あの夜から、

彼が天国にいってから、

今日で、一年。

08,12,08-2

本当にいい子だった。

本当に賢い子だった。

本当に誇りに思っていた。

本当に愛していた。

なのに、あんなにも早く行ってしまった。

08,12,08-1


Quinn、
元気でお空を駆け回っていますか?
新しい友達できましたか?
みんなに、わがまま言って迷惑かけてませんか?



ママは、今でも、こうやってあなたのこと思うと、涙がとまりません。

もう、あれから一年もたっているのに・・・。

でも、この日のこの夜だけは、あなたのために泣かせてください。

明日から、また、あなたのようなすばらしい介助犬を育てるために、がんばりますから。




介助犬のことを、一人でも多くの人に知ってもらうため、
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ


ベヌート:ちょっと息抜き

2008/08/10 Sun

月曜日からずっと教室に引きこもり状態で、頭パンクしそうなほど勉強の日々が続いております。

08,10,08-6

ということで、ちょっと息抜きのため、みんな(クリス&リネイ)で公園に行くことにしました。
今日のおともはベヌートです。

08,10,08-2

公園についたとたん、目に入ってきたものは・・・

08,10,08-8

たくさんの、

08,10,08-9

とり!

この公園には池があり、何百匹もの鳥たちのパラダイスになっております。
しかも、人馴れしてる・・・。

08,10,08-5

レトリーバーはもともと猟犬で、打ち落とされた鳥を主人に持ってくるのがお仕事でした。
だから、レトリーバーは鳥を見ると本能を呼び覚ま・・・・・・・・

08,10,08-7

             ・・・・・・されませんでした羆

08,10,08-4

もちろん、鳥に気がついてるものの、ほぼ反応なしのベヌート。
こやつには、レトリーバーである本能というものが残っていないのだろうか?!

介助犬としてはバッチリなんですがね・・・・。


ベンチで休憩。
08,10,08-3
今日は久しぶりに夏らしく暑いね。
でも、風があって気持ちいいね。

気持ちも体もリフレッシュしたとことで、
08,10,08-1

明日のテストのために勉強再開!!




介助犬のことを、一人でも多くの人に人に知ってもらうため、
今日も応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ


ドーベルマンの介助犬

2008/08/08 Fri

今日から、また新しい講師の方がこられ、来週の水曜日まで、彼女と私たちの耐久レースが始まりました。

彼女が教えるクラスは、「Generic Versus Emvionmental Causes and Solutions:遺伝と環境によって引き起こされる要因とその解決方法」

彼女は、UC デイビスで遺伝子学のPhD(ドクター)の資格をもつ、遺伝子学者です。
大学では世界の猫の研究をされていたそうです。


どうして彼女がうちの学校の講師になることになったのかというと、彼女は10年前にうちの学校から介助犬と一緒に卒業したクライアントさんなので、うちの校長とは長い付き合いだからです。

不幸にも、その彼女の介助犬は、癌により去年になくなってしまいました。

そして、現在・・・ここが彼女のすごいところ・・・



ドーベルマンの介助犬を持っておられます。


08,08,08-1

なんで、ドーベルマンなのかというと・・・

ただ、ドーベルマンを持つことが、子供のころからの憧れだったそうで・・・羆



彼女は7ヶ月のテンジー(介助犬の名前)をブリーダーの方からいただき、自分で一から彼をトレーニングされたそうです。

08,08,08-2


このテンジーが今回の授業、Generic Vs Environment:遺伝と環境の転的なパターンなのです。



ドーベルマンはもともと人を守ることに長けた犬種。
何世代ものあいだ、怪しいものには反応し、疑わしいものには抵抗し、見知らぬものを跳ね除けてきた。
怖そうに聞こえるが、人々はその彼らの働きに感謝してきた。

しかし、彼は介助犬。

知らない人が近づいてきても、うなったり吠えたりしてはいけないし、
暗がりで何かが動いても、反応してはいけないし、
どんな物音にも、敏感になってはいけない、

彼女は先祖代々から受け継がれてきたDNAの中にある遺伝子を、育てる環境や訓練において打ち負かさなくてはならない。

その、成功例がテンジー:ドーベルマンの介助犬なのです。



個々=遺伝子+環境

このセオリーを残り5日間で制覇する。



そして、彼女から、ドーベルマンを介助犬にする方法を学ぶぞ!(冗談です、私はやっぱりゴールデンがいいjumee




介助犬のことを、一人でも多くの人に人に知ってもらうため、
今日も応援クリックお願いします、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ


人である「責任」

2008/08/07 Thu

ベコフ氏との4日間、耐久レースが終了しました。

この4日間。

いろいろなことを勉強したけど、一番印象に残っていることは


人である「責任」


人は、他の動物よりはるかに高い知力を持っている、すばらしい生き物である。
そして、その知力から得た力により、私たちは自分たちの生活を豊かにするため、望むこと全てを成し遂げてきた。


暗くなっても生活できるよう、電気をつくり、
食料を保存するために、冷蔵庫をつくり、
食料がなくなれば、他の国から輸入し、
海や山を越えるため、飛行機をつくり、
離れたところにいる人と会話をするために、電話をつくり、

人間以外の動物はこのようなことをしない。

暗くなったら寝る。
食料は食べる分だけ得る。
食料がなくなれば、弱いものを殺すか、子供を生まない。
海や山を越えられなければ、その場で暮らせるよう対応する。
コミュニケーションは、何も通さず、一対一。

08,07,08-4


人の生活は豊かになったが、また、それと同時に複雑にもなった。

そして、その複雑さと、全てが叶うという優越感は、人が鳥や魚や犬と同じ動物であり、そして彼らがいなければ、自分たちは生きられないということを、忘れさせようとしている。

鳥は鳥、
魚は魚、
犬は犬、
そして、人は人

どうして、そう切り離して考えてしまうのか?

08,07,08-3

鳥も魚も犬も人も、心臓がある、
鳥も魚も犬も人も、気持ち(感情)がある、
鳥も魚も犬も人も、考える力がある、
鳥も魚も犬も人も、魂がある、

みんな、一緒ではないか。

ただ、私たちの持っている能力に、「差、程度」があるだけ。

Different of Degree, not Kind

08,07,08-5


人は、この世の中の頂点に立つ生き物ではない。
人は、この世の全ての生き物の中の一部でしかない。
しかしながら、この世の全ての生き物に影響を与えられるほどの、がある。

だからこそ、私たちには、知力という力に匹敵する「責任」を持ち合わせなくてはいけない。


The power we potentially wield to do anything we want to do to animals and to nature as a whole is inextricably tied with responsibilities to be ethical human beings. by Marc Bekoff


もし、この責任を持たなければ、人はおそらく、急速な速度で破滅に向かうだろう。


08,07,08-1

そんな世界にさせないために、私たちはこのことを一人でも多くの人に伝えて行かなくていかなくてはいけない。




一人でも多くの人に動物たちを尊重する気持ちをもってもらいたい。
今日も応援クリックお願いします、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ



3匹:仲間入りなるか?!

2008/08/06 Wed

こないだの日曜日から、うちの学校に新しい3匹のラブラドールが仲間に加わった。

クリシー
08,06,08-1

サリー
08,06,08-3

ノウェル
08,06,08-2

クリシーとサリーは兄弟で、生後8ヶ月
ノウェルは生後9ヶ月。
みんな女の子です。


でも、彼ら、実は正式にうちの学校の仲間入りになったわけではない。
セントラルカリフョルニアのブリーダーから、お試しで預からせてもらっている。

身体検査や性格判断などをし、私たちが気に入れば正式に彼らをいただくことになっている。

ここまで信頼して、大切な子犬たちを預からさせてもらえるブリーダーさんはなかなかいないので、本当に感謝です。


そして、今日はその性格判断として、以前にもご紹介したWednesday Night Marketに3匹を連れて行くことになった。

ベルも同伴しました。
08,06,08-6
今日も、すごい賑わいで、人と人の足の間をすり抜けるように歩きました。



学校で生まれた子犬たちは生後3ヶ月のころから、どんどん公共の場でのトレーニングをこなしている。
しかし、彼らは、そのような経験はまったくない。
(訓練もまったくされていないので、SITすらしらない・・・)

だから、こういうクレイジーなところに出て行って、どこまで対応できるかを見ることによって、本来、彼らが持つ、柔軟性や社交性や度胸などを見ることができる。


このマーケットには、うちの学校のブースもあり、そこを拠点とした。
08,06,08-5
スタッフもボランティアの方も参加です。

みんな、たくさんの人に愛をばら撒いておりました。
8,06,08-4

彼らがどうなったのかは・・・
           
         それは、また今度のお楽しみ


一人でも多くの人に介助犬のことを知っていただきたい。
そんな思いで、更新させていただいてます。
1日1回の応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ


マーク・ベコフ

2008/08/05 Tue

マーク・ベコフ氏による、4日間耐久レース、2日目です。

昨日も言ったように、彼は動物の心理学、行動学そして生存権に関する本を何冊も出版されています。
そのうち3冊がこのクラスの教科書です。
08,05-,08-3

実は、彼には2年前の夏に会っている。

私はセミナーを卒業したものの、その当時通っていいた短大の新学期が始まるまで3週間あったので、学校でボランティアとして働いていた。
そのとき、マスターのクラスを教えに来たマークと会った。

でも、彼の授業をとっていたわけではないので、挨拶した程度で終わっていた。
彼が、帰って一週間後、学校に私宛で小包が届いた。

それは、日本語に翻訳された彼の本で、サインと一緒に「幸運を祈る」と書かれてあった。
(それが、上の写真の一番手前の本)

「いい人だなぁ」と思っていた。


あれから、2年。

彼は私の名前まで覚えていてくれた。

08,05,08-1

彼の授業を取って、やっぱりこの人はいい人だとおもった。
有名なのに、気取らず、優しく、面白く・・・。

それに、彼の経験と知識はすごい!
本当は「すごい」という平凡な言葉で言い表したくないのだが、それ以外にどう表現していいのかわからない。

何がすごいって、私がこの2年間の経験の中で学んだこと、でもどうも人には説明できなかったことを、納得できる表現を使い、言葉で説明してくれる。
だから、自分の頭の中の2年間でかき集めたジグソーパズルのピースがつながって、一枚の絵になっていく感じ。

この業界でたくさんの人に会っているけれど、私が「このような人になりたいと思う人」の5本の指には確実に入る。

もし、もっといろいろな話を聞き、もっと一緒に時間を過ごせれば、もっともっと尊敬するだろうに・・・。



彼の授業も、あと2日。

彼からできるだけのことを吸収したい。






一人でも多くの人に介助犬のことを知っていただきたい。
そんな思いで、更新させていただいてます。
1日1回の応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ




BSクラス、夏、1日目

2008/08/04 Mon

うちの学校には4つのコースがあります。

セミナー(6週間)
AS:准学士(短大卒業学位))コース(8ヶ月)
BS:学士(4年大学卒業学位))コース(2年)
MS:修士(大学院卒業学位))コース(2年)

私は、セミナー、ASを終え、ただいまBSの生徒です。

BSの生徒は、MSの生徒たちと一緒に一部のクラスをとらなくてはいけないことがあります。
その授業が今日から8日間行われます。

今日から4日間は、マーク・ベコフ氏が教える、「The Emotional Lives of Dog and other Animals」というクラスです。

彼は、生物学者で動物行動学や生態学に詳しく、動物の存在権と環境問題をリンクさせて活動しつつ、また何冊もの本を出版し、(ある本は何ヶ国語にも訳されている)この道においては世界に知れた人なのです。

彼の話はまたにして・・・最近、ネタがありすぎて書ききれません




セミナーやASのクラスとは違い、MSのクラスは2年とはいうものの、授業自体は短期集中型。
MSの生徒は、年に数回、数週間、学校に来て、授業をとります。
(そのほかの時間は、課題や、研究や、論文制作にあてられます。)

だから、朝の8時から夕方6時まで、教室にこもりっきりでひたすら授業!
このひとつの教科だけで、丸4日間=32時間、授業をしなくてはいけません。

耐久戦です。
08,04,08-1
(写っている犬たちも新顔で彼らの話もしたいのですが、それも今度に・・・すみません、最近本当にネタがありすぎて・・・


でも、ビデオをみたり、ディスカッションをしたり、こうゆうことをしたり・・・
08,04,08-2
何をしているのかというと・・・
08,04,08-3
学校の犬を観察して、生の行動学のお勉強をしたりして、一日で頭がパンクしそうなほどいろいろ学んで、大変だけど、すごく面白い。

具体的にどんなことを学んでいるかは、またこれも今度に・・・書ききれるのか?!


とにかく、今日は、放課後特別校外学習ということで、みんなで犬に関する映画を見に行きました。

ナゲットくん、運転は任せましたよ。
08,04,08-4

映画の内容は、虫や雑草などをコントロールするために使われる化学製品によって引き起こされる動物への影響。

小さな映画館で
08,04,08-5

お客さんもそんなにいなかったけど、
08,04,08-8

犬だけではなく、へたしたら人にも影響することで、いろいろ、勉強になり、考えさせられるトピックでした。
08,04,08-7


まだ、今日が初日!
08,04,08-6

これから、2週間、みんなでがんばりましょう!!!!




一人でも多くの人に介助犬のことを知っていただきたい。
そんな思いで、更新させていただいてます。
1日1回の応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ


フェア、最終日

2008/08/02 Sat

この2週間、毎日、フェアで介助犬のデモンストレーションをしてきましたが、今日が最終日となりました。

でも、その前に、最後に必ず見てみたいと思っていた、このフェア内で行われているもうひとつの犬の行事、SPLASH DOGSを見に行きました。

SPLASH DOGSとはその名の通り、

08,02,08-1
犬がスプラッシュ!します。


この競技はルールは簡単

08,02,08-2

そして、その距離を競うというものです。


この競技になんと、うちのスーパースタッドドッグ、ゲイブ(12歳)が初めて参加することになりました。

ゲイブはうちの学校の元繁殖犬。
H,J,M,Uレターのお父さんで、その息子や娘たちも繁殖犬になって子犬を産んで、しかも、その息子の精子はアメリカ全土だけではなく、他の国の介助犬訓練協会に送られ、そこでも子犬を産み、またその子らが子犬を産み・・・

つまり、この犬がいいなければ、たくさんの現役の介助犬、また未来の介助犬は生まれなかったということです。

そんな、ゲイブ、今日は人生初めてのSPLASH!
ハンドラーはもちろん、ゲイブのお父さん、リック。

さて、どうなることだか。。。。



まず、台の上から下見
08,02,08-3

ちょっと、不安そうになる。
08,02,08-4

リックに勇気付けられ、行くか?!
08,02,08-5

勢いよく走ったものの、急ブレーキ!!
08,02,08-6

空を仰ぎ、心を決める・・・
08,02,08-7

いった!!!!!!
08,02,08-8

ゲイブ、12歳、初めてのSPLASH!、がんばりました!!!!!


そして、その後、

ゲイブの息子、こちらも初挑戦、ハフ
08,02,08-9

SPLASH DOGSベテラン、ジアナ
08,02,08-10


介助犬、SPLASHチームが完成しました。
08,02,08-11

ベヌート、君はSPLASHできないの。
これからステージでデモだから・・・。


はい、そうです。
最後に一緒にデモをしたのはベヌートくん。


Tug(タグ)-ドアを開ける
08,02,08-12
ボードを持っていないと、引っ張りすぎて、全部ひっくり返してしまう

Retrieve(レトリーブ)-物を持ってくる。
08,02,08-13
お客さんの持ち物を借りレトリーブをするのですが、今日はなんと大きな帽子を出された!ベヌート、一瞬考えたものの、ちゃんと持って来れました。

Roll(ロール)-寝転がる
08,02,08-14
かわいいのでうけます。

Lap(ラップ)&Kiss(キス)-太ももに前足を乗せてキスする
08,02,08-15
愛を見せ付けます
などなど・・・


このようなかんじで、フェアでのお仕事が本日で終了いたしました。


本当に、毎日、たくさんの人たちに見てもらい、たくさんの拍手をいただきました。

これにより、より一層、この町での介助犬に対する理解を深められ、介助犬とそのパートナーさんたちが住みよい町づくりができたことを願っています。


そして、毎日、暑い中、付き合ってくれた私のベイビーたち。

ありがとう!



一人でも多くの人に介助犬のことを知っていただきたい。
そんな思いで、更新させていただいてます。
1日1回の応援クリック、お願いします。
banner2.gif

人気ブログランキングへ

世界で初めての介助犬

2008/08/01 Fri

昨日に引き続き、また今日も神様からのプレゼント?!

今日も、思いがけないお客様が学校にお越しくださいました。

その方は、ケリーさん。

彼女は、世界で初めて介助犬を持った人です。


何度かうちの学校の校長の話をしましたが、実はうちの校長、世界で初めて介助犬というコンセプトを考え、犬をトレーニングし、クライアントを見つけ、そしてそのチームを世に送り出した人です。

ケリーさんは、校長が見つけた最初のクライアントさんです。



1974年、今から34年前。

校長は「犬が車椅子に乗る障害者方の生活を助ける」というコンセプトを考えたものの、今までにそんなことをやってのけた人はいなかったので、初めてのクライアントを見つけるのにとても苦労をしていた。
そこに、名乗りを上げたのがケリーさんだった。

ケリーさんは四肢が不自由で、指を少しだけ動かすことしかできないほどのシビアな障害を持っていた。
だからそこ、彼女が犬に対する必要性は高いものだった。

電気をつける。
テレビのリモコンを拾う。
ドアを開ける。
靴下をぬがす。

そのような、日常の生活を助ける犬を二人でトレーニングし、世界で初めての介助犬:アブドゥルが生まれた。

08,01,08-2


もちろん、アブドゥルは亡くなってしまったが、ケリーさんは今でも介助犬を持っている。

今の彼女の介助犬の名前はナンシー。
彼女はケリーさんの5代目の介助犬だそうだ。

08,01,08-1


ケリーさんは、今でも、この町近辺に来られたときは、必ずうちの校長を訪ねてこられる。

残念なことに、今日は校長が休暇をとっていて不在のため、彼女らが久しぶりの再会を果たすことはできなかったが、その分、私を含むスタッフはたくさん話を聞かせてもらった。




こうゆう話を聞くと、うちの校長、やっぱりすごい人だと思う。(いや、そういう意味ではなく・・・いつも尊敬してます、校長)

私も、いつの日か、自分で協会をたちあげ、犬を繁殖し、訓練し、クライアントを見つけ、世に送り出せる日がくるだろうか・・・?

そう、遠くない未来に・・・





ケリーさん、お会いできて光栄でした。

また、お越しください。(今度は校長がいるときに)






一人でも多くの人に介助犬のことを身近に感じていただきたい。
そんな思いで、更新させていただいてます。
1日1回の応援クリックにて、ご協力、お願いします。
     banner2.gif

人気ブログランキングへ


人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。