スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年院でのプログラム

2010/06/04 Fri

私が少年院でのプログラムをまかされて、丸一年がたちました。
もちろん、それまでにもヘルプとして時々参加していましたが、一人ですべてをまかされるようになったのは去年の6月でした。

私の教えている子供たちは、軽度の犯罪(窃盗、ドラッグ、ギャングメンバーなど)で捕まり、公正プログラムとして親元を離れて6ヶ月から1年ほどのプログラムに参加している女の子たち。

この子供たちに犬のトレーニングを教えることは、同時に忍耐力や責任感をやしなってもらうなど、様々ないい影響をあたえてくれます。

この少年院にいる子供たちは15歳から18歳までの約20名。
その中から、希望する子供たち5人が、インタビューやオリエンテーションなどを受け、担当犬を一頭まかされ、毎日のグルーミング、トレーニング、校外トレーニング、そして週に一回、犬と一緒に施設で夜を過ごします。

CIMG7165.jpg
(今週行った、校外トレーニングの様子)

もちろん、子供たちは一人一人個性があって、長所もあれば短所もある。
その短所を見直し、長所を伸ばす。

その子の外見や、過去にとらわれず、今の彼女たちを見つめ、真剣に向き合う。

ドッグトレーニングと一緒です。


5人の少女と5匹の犬と日本人の私が、一つのチームとして助け合いながら、Happyをモットウに毎日がんばっています。

CIMG6936.jpg

そして、これからも未来を支えていく若い力を育てるために、こつこつと努力していきたいと思います。
スポンサーサイト

修業まであと数週間

2010/04/12 Mon

4月9日(金)

学生のみんなと、犬たちの訓練のため公園にいきました。

041210-1.jpg

なぜ、公園が訓練になるのかというと。。。

041210-4.jpg

こういうのがあちこちにいるからです。

さらに、ハイキングトレイルを歩いていると、たくさんの犬たちと行き交う。
その日は、いいお天気だったということもあり、20-30匹の犬たちに会った。

041210-2.jpg

知らない犬にあっても、興奮せず、怖がらず、ちらっとみて、すーと通りすぎる。
それが理想。

このためには、小さな頃からたくさんの犬たちと出会い、いい経験を積ませることが重要です。

子犬を飼っておられるみなさん。
まずは、たくさんの犬たちがお散歩している公園から初めて見ましょう!



さて、タイトルの「修業まであと数週間」ですが。。。

学生さんたちの卒業式が5月1日に行われます。
19日から2週間は、クライアントさんを学校にお呼びし共同訓練がはじまるので、彼らの通常授業も今週までということになります。

去年の8月から、8ヶ月間、一緒に勉強して来た仲間たち。
お別れの時も間近です。

041210-3.jpg
(女性陣だけの集合写真、男性陣には拒否されました)



でも、私は明日から2週間日本なので、日本から帰って来て数日で卒業式。

ということは、彼らと一緒に過ごせるのも、あと数日?!?!

家庭訪問

2010/04/06 Tue

4月2日(金曜日)

オリーが来週からお世話になる、パピーホームを家庭訪問してきました。

一年前まで、うちの学校にはパピーホームプログラムはありませんでした。
しかし、一度に17匹の子犬が産まれたことを期に、プログラムが始まりました。

しかし、始まった当初は、マネージャーもトレーニングディレクターも私も、いろいろな方法を模索しながら、自分たちにあった方法を少しずつ確立してきました。

そして、一年後。。。

最近、やっと自分たちが取るべきパピーホームのあり方が見えてきました。

そして、その中で、私の担当は、パピーホームの家庭訪問

初めてパピーホームになるお家には、候補となる子犬と一緒にお家に訪ね、マニュアルにそって、これから子犬を育てていただく家族と一緒に、子犬を正しく育てる方法や注意点などを確認。
また、そのお家がその子犬にとって、いい環境であるか、安全性は確保されているかなどを確認します。

パピーホームをしていただけているお家には、数ヶ月に一回、家庭訪問をして、何も問題がないか、ちゃんと家族の一員としてルールをまもれているかなどを確認しするのが私のお仕事です。

もちろん、お家によって家族や生活スタイルはさまざま。

老夫婦だけの静かな家もあれば、
小さな子供が数名いて、にぎやかな家もある。

他に犬を飼っているだけでなく、
猫、インコ、ウサギ、亀、馬、なんかを飼っている家もある。

0404010-2.jpg

野生のアヒルが、家の敷地内をうろうろしている家もあった。

0404010-3.jpg

家が住宅街にある時もあれば、
田舎の自然に囲まれた家もある。

でも、どの家も、私たちの目的をしっかり理解して、預かった犬たちを家族の一員として迎え入れ、時がくるまで精一杯の愛情と労力をそそいでいただける。


オリーの新しい家には、7歳の娘さんがいて、会って30分しかたっていないのに、すでに弟ができたかのように接してくれた。

0404010-1.jpg

オリーが正式にお家の一員になるのは、土曜日から。

私が、オリーのママでいられるのも、あと数日です。

パピーペッター

2009/10/20 Tue

子犬が生まれると、学校には毎日多くの「パピーペッター」というボランティアの人々がやってきます。

パピーペッターとはその名のとおり、子犬をなでる人たちの事。

彼らは、講習を受け、生まれて数日の子犬を手に取って、体中をなでるのがお仕事。

子犬は小さな時からなでられる事によって、体中で人の温もりを感じ、人といる事を好むように育ちます。

長年にわたりパピーペッターをしている方たちが、Yたちの誕生を聞きつけ、早速やってきました。

CIMG1030.jpg

一番ベテランのボランティアの人は、もう10年もこのボランティアをしてきて、おそらく500頭ちかくの子犬たちをなでて育ててきた計算になる。

CIMG1037.jpg

ここから卒業していったたくさんの犬たちは、みんなこうして産まれて来た時から、パピーペッターさんの手の中で育ってきたんです。

「パピーペッターさん、これからもよろしくお願いします」

子犬とふれあい

2009/06/11 Thu

私は学校で青少年育成プログラムを担当しています。

その一環として、この夏の間、事情により親と一緒に暮らせない子供たちが暮らす児童養護施設に週に一度子犬を連れて行き、子犬とのふれあい時間を通して、児童たちに犬との正しい接し方、動物を大切にすることを勉強してもらうという試みが、今日から始まりました。

そして、介助犬になる子犬たちにも、小さな子供たちと接し、どんな人にでもお行儀よくふるまう訓練になります。

今日は、ズゥズゥとウィットニーが一緒に行きました。

06,11,09

遊びにきてくれた子供たちは、子犬におやつをあげたり、一緒に芝生に寝転がったり、楽しく過ごしてくれたし、二匹の子犬も、とってもお行儀よく遊べました。

これからは、犬のブラッシングや、一緒にお散歩なども徐々に取り入れて行きたいと思っています。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。