スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニア滞在2ー生徒たち

2012/09/09 Sun

さて、カリフォルニア滞在、第2回。
今回は生徒たちです。

私が学校に訪問した週の初めに、学校に新しい生徒が入学していきました。(アメリカの学校の始業式は8月です。でも、始業式というものがありません)
ブログを長い間読んでいただいてる方はご存知だとおもいますが、学校が始まって初めの2週間は、講師陣にとってもっとも忙しい週です。
そのもっとも忙しい週に訪ねていってしまった私は、もちろん講師としてかり出され、毎日生徒たちの訓練を指導することになりました。

090812-1.jpg

今年、新しく入学してきた生徒は20人。
今までの最高記録です。

090812-5.jpg

校外訓練では、さすがに20人と20匹と講師4−5名が1つの場所に行くのは大変だということになり、今年から4つのグループにわけ、5人と5匹のグループが講師1名と一緒に毎日違う場所に訓練に出掛けるというシステムになりました。
これがとてもうまく行き、どうして今までこうしてこなかったのかと思いました。

しかし一日だけ、全員が同じ場所、同じ時間に出掛けることになりました。
それは、水曜日の夕方にでる繁華街のストリートマーケット。
校長がみんなを集めて、指示を出し、出発です!!

090812-2.jpg

これだけの犬と人が同時に移動すると、さすがに補助犬を見慣れている街でも、注目を集めます。
横断歩道を渡るだけで、絵になります(笑)

090812-4.jpg

マーケットでは、みんなバラバラになり、一時間のフリートレーニング。
もちろん、講師陣は週十メートルずつ配置につき、目を光らせておりましたが、犬たちも生徒たちも問題なく無事に集合場所まで帰って来れました。

090812-3.jpg

最後にみんなで記念撮影!!

090812-6.jpg

みんないい笑顔です。

この2週間、一緒に学んだ20人の新入生は、今後3つの学部に別れて、8ヶ月または2年の課程をこなした後、卒業することになります。
私は、この2週間しか一緒に過ごせませんでしたが、みんなが卒業するまでには、また会えるだろうと期待しています。

では、みななさん、また会うひまで〜!!
スポンサーサイト

引っ越しは続く。。。

2012/01/12 Thu

先週は、新しい学校の構想を練ったり、荷造りをしたりしながらおわり、月曜日にやっと新しい学校の鍵がもらえて、火曜日の朝9時に、荷物を積んだトラックが新しい校舎に入りました。

その日の朝に、私も初めて新しい学校の校舎内に入りました。

感想は、、、これはまた大変なことになるな。。。と思いました。
いい意味でも悪い意味でも。。。

いい意味では、格段に学校の校舎が広くなり、これからの生徒さんたちは、いままでよりもさらにのびのびと勉強し、いろいろな経験を積めることになるでしょう。

こちらが、トレーニングルームになるのですが、ルームというよりは体育館です。

011212-1.jpg

でも、床がカーペットなのはなぜ?!

そして、こちらが私が2週間の構想の末、校長のOKがでたドッグルームで、

011212-4.jpg

こちらが、獣医室になる予定の部屋です。

011212-3.jpg

さらに、この部屋が子犬専用のへやになる予定。

011212-2.jpg

この『予定』というのが、私の今の悩みの種。
ここからはちょっと愚痴に入りますが、年末から2週間かけて考えて、何十回と書き直し、やっと校長のOKがでた案が、なんと排水溝の問題で、いまのところストップがかかってしまいました。

011212-6
(ついにOKがでた案)

何十頭もの犬を管理する者にとって、犬の排泄の掃除という者は一番の課題です。
もっとも簡単な掃除の方法は、コンクリートの上にさせ、それを消毒&洗浄することです。
新しい学校にはコンクリートの部分もあり、真ん中にある排水溝にむけて緩やかに斜面になっていて、その部分を工夫すれば犬や子犬の遊び場&排泄場になるだろうと思い、全ての計画を立てていました。
しかしながら、学校の外にある全て排水溝は全て直接川や池につながっているタイプのもので、そこに消毒液を流すことは禁止されています。

011212-5

つまり、今のところ、犬が安全に遊べて、排泄しても洗浄できる場所が学校にありません。
しかも、その排水溝の問題を2日前までだれも私に知らせてくれてなかったんです!!

もう、昨日はそのショックで、久しぶりにすねて、引っ越し作業を半分ボイコットしておりました。
でも、今日はそんなこと言っても仕方ないと、昨日の分も取り返すように引っ越しをがんばりました。


犬と子犬の場所は課題が山積みですが、その他の場所(スタッフのオフィス、教室、トレーニングルーム、会議室、カフェテリアなど)は毎日どんどん完成していき、来週の月曜日にはじまる新学期にはなんとかみんなが授業を受けられそうです。

新しい校舎をみて驚く、みんなの顔が楽しみです。

新年、新校舎

2012/01/03 Tue

新年、あけましておめでとうございます。

みなさん、よいお正月をお過ごしでしょうか?

私は、大晦日にかにを食べ、元旦にかにを食べた以外は、まったく通常通りの生活をしており、まだ年が明けたという実感がまったくないありません。

さて、2012年、一番初めのネタには最もふさわしいお知らせがあります。

なんと、うちの学校が引っ越しをします!
しかも、校長が『2週間後に学士生が学校に帰ってくるまでに引っ越しを終える』と言ってしまったので、私たちは今日から引っ越し作業にとりかかります。

新校舎は、今の校舎から車で約15分ほどにある隣町で、以前は、普通の高校では他の生徒と同じペースで授業ができない生徒が通う小さな高校でした。(Continuation high schoolといいます)

010312-1-6

小さいといっても、私たちの今の校舎に比べると2~3倍の敷地面積があります。

もともと学校だったので、教室やオフィスや体育館はそのままあるので、物さえ移動すればすぐにでも授業が始められます。
しかし、問題は犬。

もちろん、普通の高校に犬舎なんてものはなく、どこに犬を置こうか頭を悩ませています。
まぁ、実際に悩んでいるのは私だけで、他の人は、他のことに掛かりっきりになり、私が基本的に犬&子犬の場所をデザインしています。

これが校舎の図形(?)の一部。
010312-3.jpg

それをこういうかんじに。。。

010312-2.jpg

外からみるとこんなかんじ。

010312-5

この一角を、犬&子犬用の建物にしたいと計画しています。

でも、こればかりはやってみないとどうしようもないというか、たぶんやってみて、『これはだめだな。。。』と感じる部分もあとからたくさん出てくるとおもいます。

その時は、その時で、自分のクリエイティビティーをフルに使って、犬にも生徒にもスタッフにもボランティアの人にも使いやすい、いい校舎にしたいと思います。


この芝生に犬たちが駆け回る姿を見れるのも、そう長くはかからないと思います。

010312-4

これからの、学校の発展には欠かせないこのお引っ越し。
がんばります!!

2011年、最後の卒業式

2011/12/17 Sat

今日は、2011年度、最後の(3度目の)卒業式でした。

今回は、修士課程から3名の生徒が卒業しました。

121711-1.jpg

私も、全てうまく行けば、来年のこの卒業式に修士課程を終え卒業を迎える予定なのですが、、、
まぁ、そうなるように、あと一年がんばるのみです。

そして、今回は準学士生、学士生の卒業生はいなかったので、残りは4組の介助犬チームの卒業式でした。

犬をステージの上につれていき、チームとなったクライアンツさんに手渡すのは、パピーペアレンツとしてその犬を子犬のときに育てた家族の人たちです。

121711-2.jpg

もちろん、自分が育てた犬が卒業していくのは寂しいことですが、ステージの上に上がると同時に犬がクライアンツさんのものに駆け寄っていく姿をみると、そんな寂しさもうれしさに変わります。

121711-3.jpg

式のあとは、卒業生、講師、今回の共同訓練をやり遂げた在学生たち、クライアンツと犬たちとその家族、そのパピーペアレンツさんたち、みんな集まって、賑やかなディナーをいただきました。

121711-4.jpg

私は、この犬たちが生まれた時からずっと知っているので、この子たちがこんなに立派に成長し、卒業していくことを誇りに思います。
最後は、一匹一匹に『○○がいなくなるのは寂しいけど、これからは新しいママ/パパの言うことをしっかり聞いて、幸せな犬生(人生)をおくってね』というのが私の儀式です。


犬は人の人生を変える力がある。


それを、その場にいたみんなは知っています。
でも、それをまだ知らない世界中の人たちに知ってもらうことが、私たちの使命です。

道のりは長いけれど、卒業式の数を重ねるたびに仲間(うちの学校では家族といいます)を作り、それを少しずつ広めていく。
その輪の中にいられることが、私の幸せです。


さて、あしたから冬休み。
準学士生と学士生は、約一ヶ月のお休みです。

みんな、また来年会いましょう!

残り一週間

2011/12/10 Sat

やっと、共同訓練一週間目が修了しました。

今回は、久しぶりに一日中、生徒たちと一緒にがんばっているもんだから、毎日帰ってきたら、他のことは何も出来ずに寝てしまう日々が続いていました。

月曜日はウェルカムディナーがあったので、帰ってきたら8時半で、
火曜日はマッチング(組み合わせ)があったので、帰ってきたら9時で、
水曜日は放課後緊急ミーティングがあり帰ってきたら7時半で、
木曜日と金曜日は、何をしたのか覚えていないけど、帰ってきたら7時ぐらいで、
そして、土曜日の今日は初めての校外訓練で帰ってきたら6時でした。

121011-1.jpg

まぁ、非常に良く働く日本人にとっては、週6日、一日12時間労働なんてあたりまえなんでしょうけど、アメリカ人とって、このスケジュールは非常にあり得ない労働時間なんです。

まぁ、こんなんで嘆いてる私は、すでに日本人失格でしょうか?

でも、疲れるのは労働時間だけがが理由ではなく、今回のクライアンツと犬たちは、この仕事6年目の私でさえ、そしてこの仕事三十何年の校長でさえ、頭を悩ませるような難しい訓練になっているのが理由の1つです。

でも、こうゆう難しい状況だからこそ、みんなで考え、意見を出し合い、答えを導きだしていくことが、生徒たちにとっても私にとってもとてもいい勉強になっています。

卒業式は、一週間後の土曜日。

私たちが出来ることは、ただ信じてチームを少しずつスタートラインに導いてあげること。
そして、その先は、彼らだけの道が永遠と続いていくから、そのための準備をしてあげること。

でも、長い道のりを歩いていくには、万全の準備が必要不可欠。

忘れ物なしでみんながスタートラインにたてるよう、みんなでがんばっています。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。