スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本での活動開始

2014/07/15 Tue

ずいぶん音沙汰しておりました。

本日はご報告を。

昨年、2013年の9月に日本に完全帰国し、しばらくは実家の滋賀で過ごしておりましたが、就職し、5月に千葉県に引っ越しました。

就職先は一般財団法人ヒューマニン財団
この財団は社会的殺処分されるイヌ・ネコの保護、QOL向上のための活動を行うとともに、ペットと人間社会との優れた共生環境社会の実現を目指すために設立された財団です。

その財団でプログラムを任せていただくこととなりました。

そのプログラムの名前はGMaC(Give Me a Chance)。
千葉県の少年院の少年が保護犬を訓練するという、動物介在教育プログラムです。

皆さんもご存知の通り、私はアメリカで介助犬の訓練と同時に、動物介在プログラムに力を入れていました。
そのプログラムを日本で初めて少年院という場でさせていただくこととなりました。

これからは、個人としてではなく、ヒューマニン財団の一員としてブログを通して活動報告させていただきます。
どうぞ、ヒューマニン財団ブログをよろしくお願い致します。
みなさんに、新しい場でお会いできることを楽しみにしています。

また、このブログを更新することはもうないかと思いますが、しばらくはこのまま置いて置いておくつもりです。
コメントはいただいても返信できませんが、ご了承ください。

長い間、「24時間、レトリーバーと一緒」を読んでくださりありがとうございました。

HOKOこと、鋒山佐恵
スポンサーサイト

日本でのパンプキンパイ

2013/11/15 Fri

少し更新が遅れましたが、皆さんハロウィーンはどのように過ごしましたか?
日本でも各地で仮装パーティーなどあったというニュースを見て、日本のハロウィーンも賑わっているのだと感じました。

ハロウィーンと言えばかぼちゃ、かぼちゃと言えばパンプキンパイ!
アメリカにいる頃から、日本でも私の趣味のパイ作りは続けられるのか心配していました。
というのも、手に入る材料も違うし、さらに日本には本格オーブンがない。
しかも、これは友人に教えてもらって初めて知ったのですが、日本の1カップとアメリカの1カップの量は違うんです。(日本200ml vs アメリカ240ml)
アメリカの料理本は、日本のように重量で計量するのではなく、カップで計量することがおおいので、その変換をしなければならないのかと頭を抱えました。
しかし、私の持っているパイの料理本は、ありがたいことにグラム数でも分量を書いていただいていました!

111513-4.jpg

ということで、日本のかぼちゃでパンプキンパイをつくることに。
手に入らないスパイスもありましたが、材料はほぼ同じ物がそろいました。
そして、日本の電子レンジのオーブン機能もすごく発達していて、しっかりパイを焼くことができました。

111513-1.jpg

生クリームも添えて、みんなでいただきました。

111513-2.jpg

家族のみんなは、かぼちゃのタルトっぽいのも想像していたそうなのですが、実際にはスパイスの味が強い印象だったようです。
でも、上の生クリームと一緒に食べることに寄ってマイルドになって、評判は上々。

111513-3.jpg

甥っ子君も生クリームとクラスト(パイ生地部分)だけですが、おいしそうにいただいていただけました。

これでこれからも日本で私の趣味のパイ作りが出来るというのがわかったので、これからもどんどんいろいろなパイに挑戦していこうとおもいます。

さて、日本は一気に寒くなりましたね。
山の色も徐々にかわってきました。

111513-5.jpg

今度は紅葉の写真をお届けさしていただければと思っています。

New! MacBook Pro!!

2013/10/22 Tue

最後のアップロードから、一ヶ月ほど経ってしましました。
お待たせしました。

というのも、私が5年間毎日お世話になったMacBookがこわれてしまい、アップがお預けになっていました。
アメリカにいる頃から調子が悪かったのですが、ついに電源が入らなくなってしまいました。

治るかと思ってアップルに持っていったのですが、中をあけてスタッフさんがいった一言目が『あぁぁぁーー』
毎日、家と仕事場を行き来し、国境も何度も超えているため、中は埃まみれで、バッテリーも膨張。
やっぱり治るのは無理でした。

調子が悪くなり始めてから、『日本に帰るまではがんばってね』とお願いしていたのですが、その私の願い通り今までもってくれたので、ほめてあげたいと思います。

しかし、パソコンがないと何かと不便なので、次のMacを買いました。
私の2代目MacはMacBook Pro 13'です。

10,22,13-3

調子がわるかったこともありこまめにバックアップしてあったので、データは無事ですが、このハードディスクの中にある必要なものをパソコンに戻し、いらないものを別のハードディスクに移しなおすなど、細かいことがまだできてません。
日本に帰ってからいろいろなものを整理しているのですが、また一つ整理するものが増えてしまいました。

10,22,13-4



さて、皆さんは秋を満喫していますか?
私は10年ぶりの秋を満喫しています。

まず、中秋の名月。

10,22,13-1

その日はお天気もいい日で、山から月があがるのを近所の子供たちとみることができました。

そして、コスモス。

10,22,13-2

父が毎年、お米を作らなかった田んぼにコスモスをつくり、近所の人たちや通りすがりの人たちが、中に入ってコスモスをみながら休憩できる場所を提供しています。
もちろん、私たち家族も楽しんでいます。

そして、台風。
日本かえってきて、もういくつも台風が通過して、「日本の秋だな〜」と実感しています。

10,22,13-6
(台風が通過中にさした日の光)

そして、もうすぐ紅葉の季節。
10年ぶりに紅葉狩りにもいきたいと思っています。

籾すり

2013/09/22 Sun

今回は『籾すり』をご紹介。

お米は、このようにからのような籾(もみ)に包まれています。
その籾をとるためには、水分をある程度とりはがれやすくなってからおこないます。

091513-8.jpg

下の写真の右の大きな機械で乾燥させた後、左の上のでっかいろうとのようなところに米をうつし、徐々に下の機械に流しながらもみをとります。

091513-9.jpg

その機械を通すと、籾がとれて中からお米がでてきます。

091513-10.jpg

この状態のお米は玄米(ブラウンライス)で、白米にするには精米機を通さなくてはいけません。
しかし、いい状態でお米を一年間保存しておくためには、白米にするより、玄米のまましたほうがいいので、このまま米袋につめ、食べる前に、一袋ずつ白米にします。

091513-11.jpg

上の機械で30キロちょうどに袋詰めし、倉に運びます。

091513-12.jpg

今年は豊作で、この30キロのお米が、240袋できました。
つまり7トン以上のお米の収穫をしました。

そして、最後に残ったのは大量の籾。

091513-13.jpg

この籾は、畑の土を耕すときに一緒に混ぜると肥料になるので、家の畑だけでなく、近所の畑にも配り、再利用!

これで、春から始まった米作りが終了しました。

みなさん、毎日食べているお米が、どのような過程で出来上がるのが、すこし理解していただけましたでしょうか?

稲刈り

2013/09/16 Mon

日本に帰り、実家に戻ってきました。
私の実家は滋賀県の田舎。

ちょうどいい時期にかえってきた!とばかりに、家族の年度行事の稲刈りにかり出されました。

多くの人はご存知かと思いますが、稲が実ると、このように頭が垂れてきます。
色も、きれいな金色になると刈りごろです。

091513-1.jpg

稲を刈るための機械(コンバイン)で稲を刈るのですが、四隅は機械が回転するために、カマを使って手で刈らなければいけません。

091513-2.jpg

そして角ができると、コンバインを田んぼに乗り入れ、どんどん刈っていきます。
この作業がかなり大変。
でも、昔は全てをこのようにして刈っていたので、昔の人はすごいです!

091513-3.jpg

刈った稲は、機械のなかで脱穀(米を茎から外す)され、機械の中にたまっていきます。
それを、今度はトラックにのせた専用の入れ物に移します。

091513-4.jpg

この作業をどんどんしていきます。

091513-5.jpg

そして、トラックがお米でいっぱいになると、今度はそのお米を大きな乾燥機の中に移します。

091513-6.jpg

この機械の中で、お米は数時間から一晩をかけてある程度まで乾燥させられます。

ここまでが稲刈りの作業。

次はこのお米の籾(もみ)をとる作業です。

人気ブログランキング
今日も、がんばる犬たちに、応援クリックお願いします。
ブログ村
こちらにも参加しています。応援よろしくお願いします。
FC2カウンター
Flickr
もっと写真を見たい方は、こちらへどうぞ。
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Sae Hokoyama. Make your own badge here.
プロフィール

HOKO

Author:HOKO
介助犬訓練士&インストラクター。
常に向上心をもち、Happy, Happier, Happiestをモットーに、仲間とレトリーバーたちと一緒に過ごしています。
2012年4月に8年間いたカリフォルニアを去り、ハワイで10ヶ月間を過ごし、現在はワシントン州に滞在中。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。